Drifters Live: Nice Oldies Show, Impressed By Bass Vocal

【現役のオールディーズ・ドリフターズ・ライヴ】
低音。
ドリフターズと名乗るR&Bヴォーカル・グループは実はたくさんいる。今回の来日を機にちょっと調べてみた。ざっくり、本当におおまかに言うと、時代を追って3つのドリフターズがいる。まず、結成時のクライド・マックファーターがリードのドリフターズ、次がクライドが辞めベンE­ングがリードになったグループ、そして、ベンEが辞めたあとのグループ 。その後、ここに在籍したシンガーが派生的にいくつものドリフターズを作っている。今回の来日は、第三期のメンバー ったリック・シェパードが­心となったグループ 。その他のメンバーも1970年代からこのグループに参 、30年以上共にうたい続けている。
ライヴ後リックと話す機会があったが、彼によれば、「ドリフターズというグループは、6-7つくらいある。チャーリーのドリフターズと僕たちのグループが唯一のオリジナルで、他は係争­ よ(笑)」と言う。
ライヴは、しばらく前のデルフォニックスの例があったので心配したが、まったく問題なく、逆にかなり楽しめた。徹底したエンタテインメントでなにより声がしっかり出ていて、安心。ほとんどがドリフターズ自身のヒットなの が、50年代から60年代の初期のヒットって、来ていた観客はなじみがあるの ろうか。
赤いスーツを着て、びしっと振り付けられると、もうヴォーカル・グループ・ファンとしてはたまらない。また声の部分では、低音のBJの声がすごかった。こんな太くて低いベース・ヴォイスは聴いたことがない。BJミッチェルがその人。それほど太っているわけでもなく、どこからあんな低い声が出るのか不思­。そして、彼は後半、「俺にも1曲リードを­わせろ。俺が­いたいのは、テネシー・アーニー・・・の」と観客に声をかける。ここで、本当は観客から「フォード!」と返­があればいいの が、そんなことは無理。(笑) そして低音の大ヒット「16トンズ」が来た。これにはノックアウトさせられた。BJは他に、「ジョージア・オン・マイ・マインド」なども低音で­うという。
全体的に、ラスヴェガスで見ている「生きのいい現役の」オールディーズ・ショウのような感じ った。新古美術みたいなものかな。(笑) ドゥワップ好き、ヴォーカル・グループ好きはかなり楽しめる。
ちなみに、アトランティック1500シリーズで、ドリフターズのアルバ 『セイヴ・ザ・ラスト・ダンス・フォー・ミー』が世界初CD化、『渚のボードウォーク』が日本初CD化です。
div class=”amazlet-box” style=”margin-bottom:0px;”>

渚のボードウォーク
渚のボードウォーク
posted with amazlet on 07.02.24
ドリフターズ
ワーナーミュージック・ジャパン (2006/12/20)
売り上げラン­ング: 103262
ラスト・ダンスは私に
ラスト・ダンスは私に
posted with amazlet on 07.02.24
ドリフターズ
ワーナーミュージック・ジャパン (2006/12/20)
売り上げラン­ング: 137166

 メンバー
ザ・ドリフターズ・フィーチャリング・リック・シェパード
Rick Sheppard(vo), Dawud Shabazz(vo), David McRae(vo), BJ Mitchell(vo), David Martin Rodenberg(sax), Raymond Podhornik(tp), Martin AuCoin(key), Vezi Tayyeb(g), Eric Martin Sooster(b), Shiraz Tayyeb(ds)
 Setlist: Drifters featuring Rick Shepard @ Cotton Club
February 20,2007
[trascribed by yoshioka masaharu]
ドリフターズ・セットリスト コットンクラブ 
show started 21:31
01. Intro (Instrumental)
02. Pick Up The Pieces (AWB) (Instrumental)
03. Taking It To The Street (Doobie Brothers)
04. There Goes My Baby
05. I Count The Tears
06. Saturday Night At The Movies
07. Some Kind Of Wonderful
08. Dance With Me
09. Under The Boardwalk
10. On Broadway
11. Sweets For My Sweet
12. 16 Tons (“Tennessee” Ernie Ford)
13. Only You (Teddy Pendergrass)
show ended 22:30
(2007年2月20日火曜、丸の内コットンクラブ=ドリフターズ・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Drifters
2007-23

This entry was posted in LIVE. Bookmark the permalink.