Pookie Hudson, Lead Singer Of Spaniels, Dies At 72: Goodnight Pookie, Goodnight

【ドゥーワップ・グループ、スパニエルズのリード、プー­ー・ハドソン­去】 
おやすみ。
50年代に活躍したドゥーワップ・グループ、スパニエルズのリード・シンガー、プー­ー・ハドソンが去る2007年1月16日、メリーランド州­ャピトル・ハイツの自宅で­去した。72­ った。­ は胸腺のガン。昨年秋に一時期回復し、ステージにも戻ったが、再度体調を崩していた。最後のレコーディングが昨年10月に行われた『アンクラウディー・クリスマス』というCDで、これは今年の秋にリリースされる予定。スパニエルズの最大のヒットは、1954年の「グッドナイト・スイートハート、グッドナイト」。この曲に関してはスパニエルズのものをカヴァーした白人のマクガイアー・シスターのものがオリジナルより大ヒットした。その後、70年代に入って 画『アメリカン・グラフィティー』でも使用された。
この「グッドナイト・スイートハート、グッドナイト」は、ハドソンが当時つきあっていた女の­とデートし、彼女の家に行ったが夜­になってしまい、その両親に早く帰れと言われ、その道すがら思いついた作品 という。「帰るのはつらいが、おやすみ、恋人よ」というメッセージ 。
スパニエルズは他に、「ベイビー・イッツ・ユー」、「ピース・オブ・マインド」、「レッツ・メイク・アップ」などのヒットを放った。
彼の唱法は後の男性ヴォーカリスト、例えばスモー­ー・­ビンソン、アー­ン・ネヴィルなどに大きな影響を与えた。ネヴィルは、かつてこのハドソンとクライド・マックファーター、ナット・­ング・コールをもっとも影響を受けたシンガーと語ったこともある。
ハドソンは1934年6月11日、アイオワ州デモイン生まれ。本名ソーントン・ジェー ス・ハドソン。インディアナ州ゲイリーで育ち、同地の教会でゴスペルなどを­っていたが、そこのルーズヴェルト・ハイスクールで結成されたのがスパニエルズ った。
50年代にヒットを放ったものの、60年代に入るとヒットも途絶え、仕事もなくなり、一時期ホー レスになったこともあった、という。その後1980年代になるとオールディーズ・ブー も盛り上がり、仕事が増えてきた。80年代のインタヴューで、その時点でずっと新曲を書いてきているが、ファンはみな古い曲を聞きたがるという。
「グッドナイト・スイートハート、グッドナイト」は1954年に彼が書いた作品で、自らも­っていたが、この曲の印税をもらい始めたのは、なんと1990年代に入ってから という。1991年、リズ &ブルーズ基金から表彰され、2万ドルの賞金をもらった。スパニエルズはこの資金を元に、『40周年』というアルバ を作り、後にコレクタブルズ・レコードから再リリースされている。
おやすみ、プー­ーさん。ご冥福をお祈りしたい。
ENT>OBITUARY>Hudson, Pookie: June 11, 1934 – January 16, 2007 (72)

This entry was posted in OBITUARY. Bookmark the permalink.

Comments are closed.