Gimme Some More About James Brown

【再びオーガスタに戻るジェー ス・ブラウン】
帰郷。
1956年、23­ った若者は、黒人の夢 ったニューヨーク・ハーレ にあるアポ­・シアターのステージに初めて立った。ジェー ス・ブラウン。
彼はその後、この聖地に何度も足を運び、ステージで激しく動き、シャウトし、語り、­い黒人の夢となった。ジェー ス・ブラウン。
ステージ­しと動いた彼は、今、同じアポ­のステージで棺に静かに横たわり、動かず、踊らず、語らず、­わない。ジェー ス・ブラウン。
何万人という多くのファンの弔問を受けたジェー ス・ブラウンは、土曜日再び故郷オーガスタ・ジョージアに戻る。なんという忙しいスケジュールか。最後の最後まで、「ハーデスト・ワー­ング・マン・イン・ショー・ビジネス(ショービジネス界でもっとも働く男)」 。
アル・シャープトン師は木曜日(28日)棺の傍らで語った。「この人物は、常に何かに対して立ち上がっていた。この人物は、我々一般人のために立ち上がっていた。彼が作り出したビートは、ヒップ・ホップ、ファンク、ディスコ、ラップなどあらゆる音楽に影響を与えた。彼が発明したリズ をみな真似した。そして、彼が『セイ・イット・ラウド、アイ ・ブラック・アンド・アイ ・プラウド(黒人であることを声高に言え、黒人でそれを誇りに思っている、と』と­った時、たった一曲のその­のおかげで、我々のヴォ­ャブラリー(語彙)の­から『ニグ­』という言葉が消滅したの 」
そして、いつもジェー ス・ブラウンにどこまで列が連なっているかを 告していたシャープトンは、アポ­がある125丁目を棺とともに行進しているとき、ブラウンに語りかけた。「ミスター・ブラウン、列ははるかかなたの130丁目まで伸びていますよ」
JBズでの長年のベース奏者、フレッド・トーマスは、棺を持つ役のひとりとなったが、彼は「他に何があっても、(­ャンセルして)その仕事は引き受けたよ」と語った。
ニューヨークでの一般弔問の後、ゴッドファーザーは再びオーガスタに戻り、土曜日に同地の教会でプライヴェートなセレモニーを行い、さらに、オーガスタの「ジェー ス・ブラウン・アリーナ」で地元の人たちの一般弔問を受けることになっている、という。
黒人の星であり、希望であり、夢であった男。ジェー ス・ブラウン。
ソウル・ミュージックのゴッドファーザー った男。ジェー ス・ブラウン。
ファン­ー・プレジデント(大統 ) った男。ジェー ス・ブラウン。
ステージに立った1956年からちょうど半世紀。その日から50年の月日を数えた2006年。ジェー ス・ブラウンはアポ­に戻った。ブラウンがアポ­の­史を作り、アポ­がブラウンの­史を作った。そして、その­史的劇 の舞台に横たわった。ブルーのスーツ、白い手袋、そして銀色の靴を履いて。
ハーレ のアポ­・シアターからは姿を消すが、これからは天国のアポ­・シアターに連日、出演 。そして、そこでも付き人に尋­ること ろう。「行列はどこまで並んでいる?」と。
+++++
 ジェー ス・ブラウン過去記事(第2弾)
2002/12/15 (Sun)
Enseigned’angle Where the soul coffee is
自由が丘のおしゃれな珈琲屋アンセーニュダングルのマスターのジェー ス・ブラウンとの出会い。こんな風に影響を受けた人が世界­にいるはずです。
http://www.soulsearchin.com//soul-diary/archive/200212/diary20021215.html
2003/01/23 (Thu)
What will happen to false James Brown
 画『ゲ­ッパ』について
http://www.soulsearchin.com//entertainment/movie/review/diary20030123.html
『人生でもっとも驚いた瞬間』【2003年2月12日】
ブラン・ニュー・ヘヴィーズ(ヤン・­ンケード)インタヴュー。
ヤンとブラウンの­遇は。
http://www.soulsearchin.com//entertainment/music/interview/brand20030212.html
ジェー ス・ブラウン・ライヴ評
【動から静への瞬間移動』
【2002年3月22日金曜・東京国際フォーラ 、ホールA】
http://www.soulsearchin.com//entertainment/music/live/brown20020322.html
2003/12/23 (Tue)
From King To King
­ング・オブ・ポップから­ング・オブ・ソウルへ手渡されたもの
http://www.soulsearchin.com//entertainment/music/live/diary20031223.html
+++++
ENT>OBITUARY>Brown, James 1933.5.3 – 2006.12.25 (73)

This entry was posted in OBITUARY. Bookmark the permalink.

Comments are closed.