Aaron Neville: New Album “Bring It On Home…The Soul Classics”

【­惑のヴォイス、アー­ン・ネヴィル新作はソウル・クラシック集】
クラシック。
Bring It on Home... The Soul Classicsネヴィル・ブラザースのリードシンガー、アー­ン・ネヴィルの新作アルバ が出た。タイトルは『ブリング・イット・オン・ホー …ザ・ソウル・クラシック』。ボーナストラックを含めて全15曲。おおおっ、この選曲のラインアップを見る けで、失神もの 。
美しい絹のような声で、数々のソウル・クラシックが­われる。アー­ン・ネヴィルというシンガーの名前と曲のリストを見た けで、­身の 晴らしさがわかろうというもの。 晴らしいのはわかっている。あとは、どれくらい 晴らしいのかを確認する け 。
例えば5曲目、サ ・クックのクラシック「ユー・センド・ミー」では途­にエレクトリック・ピアノの華麗な響きが入る。 れかと思ってクレジットを見れば、ジョー・サンプル。他にも、現在来日­のレイ・パーカー、レイとともに来日­のフレディー・ワシントン、あるいは、­スのトップミュージシャンたち、ニール・ラーセンなど多数の一線級がレコーディングに参 している。
ゲストも多彩 。クリス・ボッティー、メヴィス・ステイプル、シャカ・カーン、デイヴィッド・サンボーンなどなど。
カーティス・メイフィールドの2曲「イッツ・オールライト」と「ピープル・ゲット・レディー」も見事。デイヴィッド・リッツのライナーノーツによれば、アー­ンはカーティスを­去前に見舞っている、という。
アー­ンの声は一瞬聴いた けでわかる。そして、どんなに有名な曲でもどれも、すぐにアー­ン節になる。他人の曲を自分のものにして­えてこそ、何ぼのもの。アー­ンの解釈力は見事というほかない。
ライナーノーツをデイヴィッド・リッツが書いている。また国内盤は2曲ボーナストラックが収録されている。
アー­ン・ネヴィル~ソウル・クラシックを­う
Aaron Neville / Bring It On Home…The Soul Classics
1. 雨のジョージア
2. 消えゆく太陽
3. ドック・オブ・ベイ
4. スタンド・バイ・ミー
5. ユー・センド・ミー
6. リスペクト・ユアセルフ
7. 男が女を愛するとき
8. レッツ・ステイ・トゥゲザー
9. イッツ・オール・ライト
10. ピープル・ゲット・レディ
11. マイ・ガール
12. エイント・ザット・ペ­ュリア
13. チェンジ・イズ・ゴナ・カ 
14. ハイヤー・アンド・ハイヤー (ボーナストラック)
15. ブリング・イット・オン・ホー  (ボーナストラック)

ソウル・クラシックを­う
アー­ン・ネヴィル クリス・ボッティ メイヴィス・ステイプルズ
Sony Music Direct (2006/10/25)

ENT>MUSIC>ALBUM>Neville, Aaron

This entry was posted in ALBUM. Bookmark the permalink.

Comments are closed.