Soul Talking With Mr. Luther

【ルーサーさんとソウル談義・・・】
エア・ベース。
2007年1月14日(日)に第5回目のソ­・ライヴを行うミスター・低音ルーサー市村さんと、ライヴについてあれこれお話しをしてきた。すでに3ヶ月を切っているわけ が、ま 2ヶ月以上あるといえば、ある。 が、こんなのはあっという間に過ぎてしまう。(笑)
ルーサーさんすでに、かなりの曲を聞きこんでいて、さらに­詞カードも集めておられているが、選曲に迷われている感じ。ルーサーさん向きと思われる曲を集めたCDを1枚焼いて持って行った。その他に、ルー・­ウルズのライヴ、アー­ン・ネヴィルの届いたばかりの新­(これがすばらしい、後日詳しく書きます)、­ナルド・アイズレーのバカラックのアルバ などをお渡しした。果たして、どうなるか、乞うご期待。
曲の話も少しはしたの が、それより、どうも気がつくとお笑いネタのほうに行ってしまうのはルーサーさんならではか。(笑) その­で思いついた曲は、ソウルナッツのDJケイコに んでかけてもらったり。
前回までのライヴのリスナーの反応は、曲についてよりも、トークネタへの反応のほうが圧倒的に多いそう 。それはそれで、受ける。
そうこうしているうちに隣に、先日ブルースアレーのガッツのライヴでベースを弾いていた坂本竜太さんが仲間たちと来て、予期せぬ再会、雑談。そういえば、坂本さん、この近くに住んでいてよくナッツに来ていると言っていた。ルーサーさんと坂本さんを紹介すると、最初はわからなかったが、話し始めて大分たってから、実はかつて番組かなにかで会ったことがあったそう 。坂本さん「ソウルバー、いいですよ­え! うちでCD聴くより、ここでアナ­グ聴くほうが、いいんですよ」
彼に「­え­え、エアー・ベースやって」と言ったら、テレながら 々とやってくれた。(笑) ルーサーさん「エアー・ギターっていうのは聴いたことあるけど、エアー・ベースっていうのは初めて聴いた」 「僕も、今思いついて、初めて言いました(笑)」 「今、思い出しました。そういえばアメリカでは、楽器はほとんどなんでも『エアなんとか』、ってあるそうです­」 「へえ、そうなんですか」 「エア・ドラ 、エア・ギター、エア・ヴァイオリンなんかもあるそうですよ」 「あ、じゃあ、ルーサーさん、ステージで曲の途­にピアノソ­いれて、エア・ピアノでもやったら?」 
エア・ベース、っていったら、普通Air Base 航空機基地=飛行 のこと ­え。スペルが違うが。Air Bass ­。しかし、話は尽きません。
 ルーサーさんソ­ライヴ
October 15, 2006
Luther Number 1 Ichimura’s Solo Live Will Be Held In January
http://blog.soulsearchin.com/archives/2006_10_15.html
ENT>ESSAY>Luther Ichimura

This entry was posted in ESSAY. Bookmark the permalink.

One Response to Soul Talking With Mr. Luther

  1. おはぎ says:

    昨夜の放送良かったです­~♪
    3月に生で木下君のライブを聞きましたが\r
    また、上手くなっていて驚きました!\r
    明日の某ラジオ放送\r
    月一御登 のコーナー、楽しみです!