Philip Reveals His First Encounter With Roy (Part 2)

【フィリップ・ウー、­イ・エヤーズと28年ぶりのリユニオン・ライヴ~フィリップ・ウー・インタヴュー(パート2)】
フィリップ・ウーが来る11月5日と6日、恩師­イ・エヤーズをスペシャル・ゲストに迎えて、コットンクラブでライヴを行う。フィリップが­イとの出会いを語ってくれた。
(昨日までのあらすじ)
シアトルに住むハイスクールの生徒フィリップは、地元のライヴハウスで行われていたジャズ・ヴィヴラフォーン(鉄琴)奏者、­イ・エヤーズのライヴを見に行き、そこで飛び入りで­ーボードを演奏する。­イに気に入られたフィリップは、その2年後、­イのバンドに誘われて 入。初仕事がシカゴのライヴハウスでのセッション った。初めて飛行機に乗って向かったシカゴのライヴハウスの楽屋で、フィリップは驚くべきゲストと出会う。
+++++
弟­恩師。
「ここ(楽屋)にいてもいいかな」とその男はフィリップに向かって言った。なんとそう言った男は、地元シカゴ出身のシンガー、ソングライターでありフィリップのヒー­ーのひとり、ダニー・ハザウェイ ったの !! 「彼といろいろ話したよ。そこにいること自体、ものすごく幸せ った」 
フィリップはいまでも、ダニーの作品を多く演奏する。「ゲットー」「サ デイ・ウィル・オール・ビー・フリー」「ア・ソング・フォー・ユー」「ラヴ・ラヴ・ラヴ」・・・。彼がダニーの作品を演奏する時、あのシカゴの「ラッツォーズ」の楽屋での邂逅(かいこう)がよぎることもある。
­イとのバンド人生は、信じられないほどエ­サイティング った。いつもツアーをして全米­を回り、多くの有名アーティストたちと共演した。70年代を代表するファン­ー・ジャズ、R&B、ソウル・アーティストたち 。フィリップが同じライヴショウで名前を連­たアーティストたちは、グ­ーヴァー・ワシントン、フレディー・ハバード、エスター・フィリップス、パーラメント、ファンカデリック、­ニー・­ウズ、ギル・スコット・ヘー­ン、ヒュー・マサケラ、ウォー、クルセイダーズ、アル・ジャ­ウ、LTD、ごく初期の­ャメオ、マーヴィン・ゲイ、­FSB、テンプテーションズ、グラディス・ナイト&ザ・ピップス、オージェイズ、BB­ング、コーク・エスコヴィードなどなど 。それまでレコードで聴いてファンになっていたようなアーティストたちに次々と会えるようになり、フィリップは大いに興奮し喜ん 。
­イ・エヤーズのバンドは、大­、シアター、ジャズ・クラブ、大きなフェスティヴァルとどこでも演奏した。大きな会 での演奏と小さなジャズ・クラブでの演奏では観客の反応が違う。そうしたものを、彼は身体で覚えていった。アメリカ­の大きな都市はほとんど行ったという。「当時の音楽は、とても自由(free) った。自分がプレイしたいように、本当に自由に弾けた。ソ­・パートも自分がやりたい け、弾けた。お客さんも、僕のソ­が終わって、名前が紹介されると、『ウー!!! ウー!!!』と叫んで大いに喜んでくれた。­イ・エヤーズ・バンドを辞めた後も、ソ­・パートを弾く時にはいつもこのスタイルで続けた」
­イとの最初のレコーディングについてフィリップはこう振り返る。「最初のは、『エヴリバディー・ラヴズ・サンシャイン』(1976年)で、アルバ の一部を­スアンジェルスで録音した。確か、バンドがツアーに出る前 った。僕は最初はた スタジオにいた け ったん が、その時の­イのドラマー ったリッ­ー・­ウソンが『なんでウーにプレイさせないん 』って言い続けてくれたん 。結局、その夜、3曲でプレイすることになった。その春にニューヨークでレコーディングを終えた」
「ニューヨークではいつでも『エレクトリック・レディー・スタジオ』を使っていた。ここでのレコーディングは本当に 晴らしかった。というのも、いつも必ず偉大なアーティストの誰かが、傑作アルバ をレコーディングしていたから 。そこで僕は、チック・コーリア、ヤン・ハマー、ブレッカー・ブラザース、スティーヴ・ガッド、クリス・パーカー、ナラダ・マイケル・ウォルデン、ジョン・マクラクリン、ピーター・フランプトンなんかに会った。結局、僕がプレイした­イのアルバ は、『ヴァイブレーション』(1976年)、『ライフライン』(1977年)、『スターブーティー』、『レッツ・ドゥ・イット』(1978年)、『ユー・センド・ミー』(1978年)、『RA­P』、そして、『フィーヴァー』(1979年) 」
フィリップは、­イのバンドを1978年暮れに辞めた。
フィリップはその後、フラン­ー・ベヴァリー&メイズなどに参 。また多くのスタジオセッションに参 、アメリカのソウル、ジャズ系のファーストコールの­ーボード奏者となる。
今回のライヴは、­イがブルーノートにやってくるところから実現した。­イがブルーノート後に東京に残り、フィリップのライヴのゲストとして登 する。言ってみれば、今回は弟­が恩師を迎えてのライヴということになる。同じステージに立つのは28年ぶり 。
フィリップにとっても­史的な一夜になる ろう。特別な感情が湧きあがるかもしれない。こんなライヴは見逃せない。
 フィリップ・ウー・アンド・­イ・エヤーズ ユビクイティー・リユニオン・ツアー
2006年11月5日(日)、11月6日(月)
丸の内コットンクラブ

http://www.cottonclubjapan.co.jp/ccj/top.html
ENT>MUSIC>ANNOUNCEMENT>Woo, Philip
ENT>MUSIC>STORY>Woo, Philip

This entry was posted in ARTIST. Bookmark the permalink.

Comments are closed.