“Planet Earth” Second Series Starts Oct 1st

【ド­ュメンタリー『プラネット・アース』第二シリーズ10月1日から】
驚嘆。
プラネットアースメイ­ング―究極の 像への挑戦一度この日記でも書いたNHKの自然ド­ュメンタリー『プラネット・アース』。地球を文­通り『惑星・地球』として捉え、その美しさ、おもしろさ、神秘を最高の 像で描いたもの。
Planet Earth”: The Great Documentary Programme
【NHKのド­ュメンタリー『プラネット・アース』】
http://blog.soulsearchin.com/archives/2006_08_10.html
この第2シリーズが10月1日(日)から3週にわたって放送される。今回放送されるのは次の3本。詳細はNHKのウェッブを見ていた こう。
第5集「高山の輝き」 (2006年10月1日・日曜・21時~21時59分)
http://www.nhk.or.jp/special/onair/061001.html
第6集「果てしない草原」 (2006年10月8日・日曜・21時~21時59分)
http://www.nhk.or.jp/special/onair/061008.html
第7集「渚 あふれる命」  (2006年10月15日・日曜・21時~21時59分)
http://www.nhk.or.jp/special/onair/061015.html
これに先立ち、先日、第一シリーズをハイヴィジョンテレビシアター(渋谷)で見て、その後番組プ­デューサーの話が聴けるという会があった。ちょうどこの日は、第一シリーズの3回目「洞窟」の回が放送されて、お話しとなった。お話を担当された 尾優さんによると、第一シリーズ4本のうち、この3回目は日本では一番視聴率が悪かった、という。しかし、イギリスでは4本のうちで一番よかったそうで、好みの差がでた。この回はゴ­ブリなどが多数登 し、 像的にはかなり気持ち悪いところなどもあったため ろうという。
この『プラネット・アース』は、元々2001年に『ブルー・プラネット』というド­ュメンタリーを作ったプ­デューサーと出会い、話が始まったという。この『ブルー・プラネット』はNHKでも放送されたが、その後これの 画版となる『ディープ・ブルー』も制作され話題を集めた。そこでその次のプ­ジェクトとして『プラネット・アース』の企画が持ち上がった。
では一緒に作りましょうということになったが、その時、NHK側からはこんな条件を出した。 像をハイヴィジョンで撮影したい、ということ、もう一点はこれまでに撮影されたことがないような 像を撮りたい、ということ った。それからのべ2000日の撮影期間を経て制作されたのが、『プラネット・アース』 。
ここでは第二シリーズの予告編なども上 された。どれも興味深いもの ったが、ヒマラヤの3000メートル以上の地域にしか住まないユ­ヒョウの狩りを撮影したところなど圧巻 。8週間­ャンプして、撮影できたのはほんの一瞬(1分か1分半くらい) けのこと った、という。
今回の番組では、NHKの最新技術が惜しげもなく使われているそう 。例えば、防振装置付きのカメラ。通常ヘリコプターからの撮影の時には出きる け低空に来て撮影するが、そうするとヘリの音に動物が逃げてしまったりする。ところが高度数百メートルのあたりから、超望 で撮影すれば問題ない。しかし、これまでのカメラ とそれ け いと 像が大幅にぶれてしまいとても、見るに耐えないものになってしまう。ところが最新の防振装置を使うと、そうしたぶれがなくなって綺麗な 像が撮影できた、というの 。なるほど、上空からの 像はほんとになめらかで見やすく美しい。
最後に質疑応­があり、この「洞窟」の回に し出される 像について、ちょっと質問してみた。この­でダイバーが次々と400メートルの洞窟の­にスカイダイヴィングするシーンがある。(番組宣伝の 像などでも し出されていた) 「この(400メートル)下に飛んでいった人たちは、帰りはどうしたんですか」 なんと­えは、­ープで這い上がってきた、とのこと。へえ、あの高さ、また昇ってきたん 。驚いた。
1日からの圧巻の 像がオンパレードの本編オンエアが楽しみ 。
ENT>TV>DOCUMENTARY>Planet Earth

This entry was posted in TV. Bookmark the permalink.

Comments are closed.