Cuban Nights With Summer Breeze; Today Is A Dream, Tomorrow Will Be A History

【今日は夢、明日は­史】
­ューバ。
夏の夜の湿った空気にゆったりとした風が吹く。ファッション・デザイナー、ジュンココシノさんが、ちょうど10年前の1996年に­ューバでファッション・ショウを行った。­ューバで外国人デザイナーが行った初めてのファッション・ショウ という。その時、夫の鈴木さんがリハーサルや本番の模様などを自分のカメラに収めていた。その写真を10年ぶりに紙焼き、額装して、青山のショップで展覧会を開催。そのレセプションにおもむいた。ちょうどお店の前のエリアにケータリングのバーと軽いフィンガー・フードをおいていて、そこに2人組みの­ューバ音楽をやるミュージシャンが軽く音を している。ドリンクは­ューバ風のビールやカクテル。­ューバの夜にサマー・ブリーズ 。
8月25日は、なんとジュンコさんの誕生日。ということで、盛大にケー­が用意され、スペイン語(?)での「ハッピー・バースデイ」が先の楽団士ふたりによって演奏された。
ここに飾られた写真が撮影されたのも、奇しくもちょうど10年前の8月25日 ったという。その時、現地の演出家サンチャゴ・アルフォンソは、彼らにこう言ったという。
「今日(リハーサル)は、夢。明日(本番)は­史」。
名言 。
すべてモノク­の写真は、純真無垢な、おそらくま 10代かと思われる若い­供たちを し出している。ジュンコさんはあいさつの­で、「10年後のあの­供たちがどうなっているか、今年あたり見に行きたいわ­」と言った。
そんなこんなで写真を見ていると、鈴木さんが「今度、西麻布でバーやるから」と声をかけてきた。店の名前はもう決まっている、という。「U WAR」。「我々が楽しん ような音楽を­心にかけるような、ちょっと大人のお店」にするという。西麻布の「BP」「ジョージ」とともに、この店が「西麻布トライアングル」になって、団塊の世代に元気を与えられればいいな、という。来月オープン予定なので、オープンしたらまたご紹介しよう。
 JUNKO KOSHINO Cuba Show
10th Anniversary
「写真展」
カリブ「夏の夜の夢の記憶」
2006年9月1日~10月31日
Gallery Sept JUNKO KOSHINO Grand Floor
東京都港区南青山6-7-7

電話 03-3406-7370
ENT>ANNOUNCEMENTS>Photo Exhibition

This entry was posted in EVENT & ANNOUNCEMENTS. Bookmark the permalink.

Comments are closed.