Japanese New Soul Diva; maru’s Live: Band Members Share The Same Image

【イメージの共有】
ミュージシャンシップ。
7月1日の『ソウル・サーチン・ザ・セッション』でも、ゴスペラーズの黒沢薫さんと見事なデュエットを聴かせたマル(英語表記は、小文­でmaru)が自らのバンドとともにライヴを行った。「マル&­ ・プレゼンツ・ディーヴァ・ライヴ」という複数アーティスト(4組)が登 するイヴェント。彼女のフルライヴを見るのは2月末以来。結論から言うと、「お見事」「 晴らしい」, I’m proud of you っていう感じ 。今まで見た彼女の­で一番よかった。声もよくでているし、いい声でうまい。そして、トークも曲にのせた語りもおもしろい。
マルというシンガーを一言で言えば、「日本のジル・スコット」あるいは、「日本のニュークラシック・ソウル系ディーヴァ」など。こういうタイプを徹底的に追及している日本のシンガーってほかにいるのかなあ。ここまでできれば、このジャンルのシーンの牽引車となって欲しいと思う。
バンドも相変わらず 晴らしいグルーヴを出している。ス­ー・グルーヴ、アップ・テンポの曲、どれも飽きない。音がソウルなのに、日本語が実にうまくはまっている。
このバンドの良いところは、ミュージシャンたちが基本的には自分たちが進む音楽的方向性へのイメージをかなりのレヴェルで共有している点 。ヴェクトルがグルーヴ感を持って一つの方向に向いている。 から、タイトになっていく。イメージが共有できるミュージシャン同士の間には、真のミュージシャンシップが生まれる。そして、真のミュージシャンシップからリアル・ミュージックが創 される。
ドラ ス、ギター、ベースのリズ 隊がとてもよく、それを音楽ディレクターのポチくんがうまくまとめている。ところで、ナイル・­ジャースばりのカッティングを冒 ­から聴かせるギターは誰 ろうと思ったら、エイドリアナ・エヴァンスでバックをつけていた­ス在住のタクくん った。エイドリアナの時よりはるかによいパフォーマンスを見せていた。ソウシくんのベースとあわせて、ナイル&バーナードか。(笑) 
日本語のオリジナルもどれもいいが特に圧巻は、うまく語りをいれている「少し け」。彼女のテーマが「女性上位」 そう が、恋した女心を描いた作品で、バックコーラスが「I’m just a woman」と入るところが実にソウルフルでいい。これを聴いて彼女はまず女性ファンを獲得すると思った。
ジル・スコット~マリーナ・ショウ~アリシア・­ーズのカヴァー・メドレーも見事。今、これを書きながら、マリーナ・ショウ・ヴァージョンをひっぱり して聴き返した。アリシアはちょっと けテンポが早かったような気がしたが、これにのせてのメンバー紹介もよかったので、よしとしよう。­いっぷりの 々。しゃべりっぷりの 々。­在感の 々。どど~とシーンをひっぱってってく さい。
 ライヴ情 など
次回、このバンドで青山でやるので、興味ある方はぜひ。なお5アーティストが出るいわゆる「対バン形式」なので、タイ スケジュールはま わかりません。40分から60分くらいはやると思われます。
2006年9月7日(木) 
会 : 月見る君想う http://www.moonromantic.com/
開 18:00開演18:30
イヴェントタイトル 「SHAKE EVERYTHING YOU’VE GOT!!!」
出演者:さかいゆう/maru/13 SOULS/DOPE NOTES/Rustic Renaissance
前売り¥2000 当日 ¥2500(共にドリンク代別)
 マル・ブ­グ
http://plaza.rakuten.co.jp/marumusicvox/
2006年8月19日にオープンの彼女の新しいウェッブ↓
http://www.marudiva.com/
今後のライヴ予定などは、こちらで。
 過去関連記事
February 22, 2006
Jeffrey Osborne Live At Cotton Club
マルとの初­遇。「まりこ」がマルのこと。
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200603/2006_02_22.html
March 03, 2006
Maru’s Live: “Ooh Ooh Song” To Her Own Show
マルのフルライヴ。セットリストもあり。
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200603/2006_03_03.html
 メンバー
maru (ヴォーカル)
Pochi 林田裕一 (­ーボード、音楽ディレクター)
Tak 田­拓也 (ギター)
Soshi 内田壮志 (ベース)
Hiroki 村上広樹 (ドラ ス)
Nene音音(­­) (コーラス)
Kayo 青山佳代 (コーラス) 
 Setlist (# denotes Maru and friend’s original)
show started 20:19
01. Intro (A riff of “Survivor”)
02. Can’t Stop This Love (including “Black Wannabe”) #
03. Walkin’ #
04. 少し け #
05. Medley(5-7): Long Walk (Jill Scott)
06. Lovin’ You Was Like A Party (Marlena Shaw)
07. How Come You Don’t Call Me (Prince, Alicia Keys)
08. Fly # (With guest singer Takemoto Keiichi)
09. 守りたいから #
show ended 21:19
(2006年8月19日土曜、渋谷プラグ=マル・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>maru
2006-159

This entry was posted in LIVE. Bookmark the permalink.

Comments are closed.