Stevie Wonder’s Mother Died

【スティーヴィーの母、­去】
傷心。
シンガー、スティーヴィー・ワンダーの母親ルーラ・メイ・ハーダウェイが去る5月31日亡くなり、その葬儀が6月8日­スアンジェルスの「ウェスト・エンジェルス・チャーチ・オブ・ゴッド」で行われ、スティーヴィーら多くの人たちが参列した。ルーラ・メイは76­ った。 (自伝では1932年生まれとされているが、今回の 道はほとんどが1930年生まれとなっているので、30年生まれが­しいものと思われる)
ルーラは1930年1月11日アラバマ州に小作人の­供として誕生。しかし、ルーラの幼少時はひじょうに悲惨で、貧困と飢えと暴力に苦しん 。家から家、親戚のところをたらいまわしにされていた。その後、15­の時に父親とインディアナ州に移り、­ は行かず工 で働き始めた。まもなく年配の男性カルヴィン・ジャド­ンスと結婚。この男性はあまり働かず、ルーラに生活費を稼ぐために売春をするよう命じていたという。20­になるまでに3人の息­を産ん 。その­供たちが、カルヴィン、ミルトン、スティーヴランドらで、スティーヴランドのフルネー は、スティーヴランド・モーリス・ジャド­ンス・ハーダウェイ。世界的にはスティーヴィー・ワンダーとして知られる。ルーラは3番目の­供が盲目で生まれてきたのは、自分がしてきたこと(売春)への神様の罰 と考えるようになっていた、といわれる。そういう事情もあり、スティーヴィー本人は、名前にジャド­ンス姓をつけたがらない、という。
盲目の信念(ブラインド・フェイス)―スティーヴィー・ワンダーとその母ルラ・ハーダウェイルーラ・ハーダウェイのことを描いた伝記『ブラインド・フェイス(邦題、盲目の信念)』(デニス・ラヴ&ステイシー・ブラウン著)が2002年11月に全米でリリースされ、2003年9月に日本語版も発売されている。
スティーヴィーは葬儀で「­ープ・アワ・アライヴ」を­った。彼のほか、ソウル・スティアラーズ、ヨランダ・アダ ス、ジェー ス・イングラ 、テイク6などが­を­い、ママ・ルーラの旅立ちに華を添えた。また、モータウン創始者ベリー・ゴーディーもスピーチをし、さらに、スティーヴィーの兄弟(カルヴィン、ミルトン、リニー)もあいさつをした。
スティーヴィーはゴスペルアルバ のコンピレーションへの作品提供を語った、という。
また、母ルーラの友人、ジョージ・ニューベリーは「ダイアモンド・インザ・スカイ」という詩を­ん 。
スティーヴィーにとって、ここ数年は、弟、レイ・チャールズ、最初の妻シリータ、そして、今回は実の母の­去と、傷心の別れが続いている。そうしたことがゴスペルへ彼を向かわせる一端になっているかもしれない。
ルーラ・ハーダウェイは6人の­供、5人の兄弟、20人の­、ひ­によって、送られた。
+++++
OUR DIAMOND IN THE SKY
We speed through life fulfilling dreams
Of things we want to do,
And working for material things…
A house and a car, or two.
We take our trips and tour the world
And buy our diamond rings,
But we often forget to take time out
For the most important things.
When we need love or a helping hand,
Diamonds are never there,
It’s our families and the friends we made
Who love and show they care.
Lula cared for all of us
And it’s hard to say goodbye,
But forever she’ll shine her love on us…
She’s our Diamond in the Sky.
+++++
ENT>OBITUARY>Hardway, Lula Mae>Jan 11, 1930-May 31, 2006 (76)

This entry was posted in OBITUARY. Bookmark the permalink.

Comments are closed.