Murakami Ruika’s Soul Show Vol.2

【村上ルイカ・ソウルショウ第2弾】

あいさつ。

村上ルイカのソウル・ショウ第2弾が、渋谷デュオで行われた。入口にはセカンドを待つ人か、あるいは、ファーストに入れなかった人か、はたまた上のオー・イーストのライヴに入ろうとする人か、かなりの人ごみ。

前回(2005年10月17日=横浜モーションブルー)で歌われた曲からは6曲、他に新たな曲4曲という構成。その初登場の4曲について、少し。3曲目「スロー・ダンス」は、これまで10年間に書きため、まだ発表していない作品から、今日の「ソウル・ショウにぴったりそうな1曲」として選んだという。スローからミディアム調のなかなかいいソウル曲だ。途中に「グローリア、ステイ・ウィズ・ミー、シャイニング・スター、ディスタント・ラヴァー・・・」などのソウルの名曲の名をさりげなく挟み込んでソウルファンの心をくすぐるあたりがにくい。最後は、ライターで火をつけ、消したところで曲が終るという演出。ところが、ライターが消え、曲が終ってしばし沈黙があり、ルイカが「曲が終りました」というアナウンスで、やっと拍手がきた。(笑) 

前回ひじょうによかった「アイム・ユア・パペット」(ダン・ペン作、ジェームス&ボビー・ピューリファイのヒット)を再演したあと、いきなりサム・クックの「ユー・センド・ミー」へつなぐ。ちょうど、僕の隣で見ていたブレンダ・ヴォーンが「私、この曲大好き」といいながら、所々歌っていた。そして、「エボニー&アイヴォリー」に続いてメドレーでてきたのが、ルーサー・ヴァンドロスの大ヒット「ネヴァー・トゥ・マッチ」。イントロからあの西山さんのカッティング・ギターが入り、思わずうなった。そして、「トゥイステッド」はキース・スゥエットのヒット。これら4曲が今回初めて耳にした曲だった。

こういうソウル・ショウ、なかなか楽しめる。ステージでルイカは「また三回目をやりたいですね」と言った。

終った後、ライヴを見ていたソウル評論家の大御所、鈴木啓志さんとともに村上さんに会いにあいさつに行く。僕が「いやあ、キース・スゥエットかあ、だったら、『アイ・ウォント・ハー』とかやればいいのに~」と言うと、鈴木氏「いやあ、ニュージャックはむずかしいでしょう。あののりを出すのはかなり厳しい」。で、同じことを村上さんに言うと、「いやあ、あののりは、厳しいねえ・・・」と同じ答え。難しいかあ・・・。(笑) まあ、確かに難しいが・・・。

鈴木氏「『レッツ・ステイ・トゥゲザー』オープニングから、前よりよくなってて、驚いたよ」。僕は「あの未発表オリジナル、よかったよ」というと「ありがとうございます」。そして別れ際、鈴木氏が村上さんに真面目な顔で「じゃあ、これからもがんばってください」と声をかけたのだが、その言葉があまりに軽く表面的だったので、そこにいた一同が爆笑した。で、僕も真似して、「これからもがんばってください」と言ったら、村上さんが苦笑していた。ははは。

October 18, 2005
Ruica Murakami Live: The Kayou Soul Show
http://blog.soulsearchin.com/archives/000595.html

Setlist Ruica Show Vol.2

show started 17:35
01. Let’s Stay Together (Al Green)
02. Special Lady (Ray Goodman & Brown)
03. Slow Dance (オリジナル未発表曲)
04. I’M Your Puppet (Dan Penn, James & Bobby Purify)
05. You Send Me (Sam Cooke)
06. わがまま (上田正樹)
07. Ebony & Ivory (鈴木雅之)
08. Never Too Much (Luther Vandross)
09. Twisted (Keith Sweat)
Enc. 再会 (鈴木雅之)
show ended 18:52

(2006年1月7日土曜、渋谷デュオ・ファースト=村上ルイカ・ライヴ)

ENT>MUSIC>LIVE>Murakami, Ruica

2006-003

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Comments are closed.