Ciara & Mashonda Live

【胸騒ぎの腰つき】

腰。

昨年11月にデビューまもなくプロモーションでやってきて、ショーケース・ライヴを行ったR&Bダンサー、シアラが今度は正式なライヴで登場。今回は渋谷オー・イーストで、前座にこれまた新進気鋭の新人マションダを従え、堂々としたライヴを見せた。会場は、渋谷デュオの上になり、超満員。いつのまに、シアラってこんなに大スターになったのか。それも、観客は8割方女の子。ダンサーかダンサー志望という感じのBガール多し。やはり、全米でシングルヒット5曲とそのダンス、また、ちょっとおしゃれなファッションなどが支持されたのだろう。

マションダは、2人のダンサーを従え、約20分弱、トラック(カラオケ)で歌を見せた。マションダのサウンドを一手に作っているのが、ヒップホップ、R&Bの世界を席巻しているプロデューサーのひとり、スイズ・ビーツ。このバウンシーなサウンドプロダクションはたまらない。

そして、マションダが引いてから30分以上待たせて、シアラ登場。DJひとりと男女のダンサー2人ずつ計4人を従えてのパフォーマンス。圧倒的にダンスで見せる。前回来日時より、体が引き締まり、筋肉トレーニングの効果がけっこうでているように見える。そして、サウンド、歌、ダンス、全部あわせると、やはりジャネット色がますます強くなった感じがする。

両者ともかなりの部分は口パクだと思われるが、まあ、基本はダンサーで、ダンスは徹底的にかっこいいので、これで十分だろう。それにしても、シアラの腰振りダンスのワイルドなセクシーさにはやられる。まさにワイルド・キャットだ! う~む、胸騒ぎの腰つきだ。(笑) 汗と官能の50分弱だ。

■前回のライヴ評

2004/11/09 (Tue)
Ciara & “Crunk & B”: That’s New Sound From Atlanta
クランク&B。
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200411/diary20041109.html

Setlist: Mashonda (according to record company’s press release)

show started 19:01
Medley:1. Jay Z Intro
2. Gotta Man
3. Hold Me Tight
4. Me & You
5. Ask Of You
6. Hold Me
7. Back Of The Club
8. Yes, Sir
9. Black Out
show ended 19:18

Setlist: Ciara

show started 19:51
1. DJ Intro
2. Intro-Lose Control
3. Goodies
4. Hotline-(Don’t'Ya)
MC
5. Thug Style-(R.Kelly)
6. Pick Up The Phone
MC
7. (Nobody’s Gonna Do) Like You
8. And I
MC
9. DJ Break
10. Oh
11. 1,2 Step
12. DJ Outro
show ended 20:38

(2005年9月28日水曜、渋谷オーイースト=シアラ、マションダ・ライヴ)

ENT>MUSIC>LIVE>Ciara, Mashonda

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Comments are closed.