Tokyo Jazz 2005: Herbie Is Real Control Tower

【司令塔ハービー・ハンコック】

司令塔。

ハービー・ハンコックが音楽プロデューサーという「東京ジャズ2005」を東京ビッグサイトに見に行った。今までは、どこか府中のほうでやっていたものが、お台場のほうにやってきて、行きやすくなった。とは言うものの、僕がビッグサイトに行くのも、東京ジャズも初めて。2002年から始まり今回は4回目。

2003年急遽来れなくなったダイアナ・クラールのピンチヒッターでシャカ・カーンが来て、すばらしいパフォーマンスを見せたということを後から聞いてものすごく残念な思いをした、あの東京ジャズである。たまたま縁がなかったのだろう。

6時半すぎに現地に到着すると、入口のところで、人がど~~と並んでいる。聞けば、リハーサルが遅れててまだ開場していない、という。

結局約30分の遅れだけで、7時半に第2部のトップバッター、TKYの演奏が始まった。会場は3000人以上入る大きいところで、国際フォーラムAより大きいような気がした。から揚げとかポテトとか、いろいろフードやドリンクを出す出店(でみせ)があったり、長時間滞在用になっているのか。座席の後方に、立見席のエリアがあるのだが、この「東京ジャズ」の観客の方たちは、けっこう年齢層も高いせいか、みんな座り込んでいた。(苦笑)

1部が午後1時から、ライヴが約4時間で、間があいて次が7時から。となると、通し券を買った人は10時半まで9時間半くらいの長丁場になる。これは、見るほうも大変だ。

TKYは、いつも通り。会場がとにかく大きいので、親近感がなかなかわかないが、聴く側も徐々に音への集中度が高まっていく。この日は、ハービー・ハンコックがプロデューサーというせいか、秋田慎治のピアノソロの部分がなんとなくハンコック風に聴こえたような気もする。(笑) 

続いてのハービー・ハンコック・グループは、やはり、ハービーに尽きる。一言で言って「たいしたもの」。これだけの若いミュージシャンを実にうまく統率して、サウンドをまとめあげる。並大抵の力量ではできない。彼は今年65歳だが、30代~40代の油の乗り切った若手を、将棋の「歩」から、「金」に変えてしまうかのように、操る。もちろん、「歩」でも、ひとりひとり力のあるミュージシャンなのだが、そうしたミュージシャンの底力を出させて「金」にしてしまう。マーカスのベースも、マニャンゴのパーカッション、ワウ・ワウ・ワトソンのギターなどなど、どれもみな聴き物だ。

クインシー・ジョーンズの手にかかると、どんなミュージシャンも普段以上の力を、火事場のバカ力を出してしまうのと同じだ。彼を見ていると、ミュージシャンの中のリーダーシップといったものを痛切に感じる。司令塔としてのハンコックの力を感じた。

それに、ハービー自身がものすごく若く映る。彼がこの中で音楽をプレイする時、30代の連中と同じ世代のように感じてしまう。音楽は人を若く保つ秘訣を証明している。

それにしても、演奏される曲のどれもが心地よいグルーヴで溢れる。なんと気持ちいいリズムか。最後のスーパーユニットも、大勢のミュージシャンたちをハンコックがうまく統率していた。

ステージ正面、左右に映像モニターが置いてあったが、時に左右で違う映像が流れていた。これはなかなかおもしろかった。あと、映像ではバンドメンバーを上からとる映像がよかった。特にハービーの手元を真上から撮影する映像は印象深い。上手に編集して、いい映像を作ってください。

これはどうでもいい話だが、ステージ正面やあちこちで見かけた「東京ジャズ2005のロゴ」。あれ、どうなんですかねえ。もうすこしかっこいい、ぱっと見のいい、ロゴにしたほうがいいんじゃないかなあ。もう4年も使ってて、変更はできないか。(笑) あとセットチェンジの間の時間をなんとかしたいですねえ。回転ステージにして、Aバンドが終ったら、ステージを回転させて、すぐにBバンドの演奏を開始するとか。

+++++

■東京ジャズ2005オフィシャルウェッブ
http://www.tokyo-jazz.com/

■メンバー 2005年8月21日・日曜の第二部

【NIGHT 19:00~19:50】
TKY =
TOKU (ヴォーカル、フルーゲルホーン、トランペット)、日野 賢二 (ベース)、小沼 ようすけ (ギター)、秋田 慎治 (ピアノ)、大槻カルタ英宣 (ドラムス)

【NIGHT 20:05~21:05】
ハービー・ハンコック・ヘッドハンターズ’05 =
ハービー・ハンコック (ピアノ)、テリ・リン・キャリントン (ドラムス)、ロイ・ハーグローヴ (トランペット)、マニャンゴ・ジャクソン (パーカッション)、リオーネル・ルエケ (ギター、ヴォーカル)、マーカス・ミラー (ベース)、ワー・ワー・ワトソン(ギター)

【NIGHT 21:20~22:10】
SUPER UNIT~Club “Jazzin”~
ゲイリー・バートン、ビル・ラズウェル、チヒロ

(2005年8月21日日曜、東京ビッグサイト=東京ジャズ2005)

ENT>MUSIC>LIVE>Tokyo Jazz 2005>TKY, Hancock, Herbie

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Comments are closed.