Nile Rodgers & Chic: DVD

【シック・ライヴDVD】

モントルー。

日本にもナイル・ロジャース名義で来日しているナイル・ロジャースとシックが2004年7月モントルー・ジャズ・フェスティヴァルで行ったライヴの模様がDVD化され日本でも発売された。

オリジナルのベース奏者、バーナード・エドワーズ(96年死去)に代わっては、ジェリー・バーンズ、ドラムスは、トニー・トンプソン(2004年死去)に代わってオマー・ハキムが担当している。コーラスは、シルヴァー・シャープ、ジェシカ・ワグナー。いずれも来日したことがあるメンバーたち。

演奏曲は、だいたい日本で行ったライヴと同じ。「シック・チアー」における長尺のメンバー紹介は、ちょっと長いが圧巻だ。

シックは70年代後期に「ル・フリーク」「グッドタイムス」などのディスコ大ヒットで一世を風靡した。シックは、基本的にはギターのナイル・ロジャースとベースのバーナード・エドワーズのグループ。ドラムのトニー・トンプソンも主要メンバー。ナイルとバーナードは、20代からの親友同士。彼らはシックとしての作品が大ヒットしだすと、プロデューサーとしても数多くの作品をてがけた。ナイルのはぎれのいいカッティングのギターと、バーナードののりのいいグルーヴ感あふれるベース、そして、トニーのシャープなドラムスが作り出すユニークなダンス・サウンドが魅力だった。

しかし、オリジナル・メンバーのバーナードが96年4月、来日公演を終えた後東京で急死。グループは活動を休止した。その後、ナイルは心機一転メンバーを集め、シックを復活。ナイル・ロジャース&シックとして4度来日している。(ブルーノートに2回、マウントフジ=2003年8月、一般公演レッツグルーヴ=2004年5月) 2004年5月は、ディスコ系グループ3組のライヴの一組として来日。ここに収められたDVDのライヴとほぼ同じ。ちょうど、来日の2ヵ月後に行われたライヴだ。

■関連記事

2003/04/15 (Tue)
Chic Chic Chic
シック・ライヴ評
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200304/diary20030415.html

2003年4月シック来日時のブルーノートのウエッブ
http://www.bluenote.co.jp/art/20030414.html

2003/11/20 (Thu)
Chic Drummer Tony Thompson Dies At 48
トニー・トンプソン死去
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200311/diary20031120.html

2004/05/17 (Mon)
Nile Rodgers Explosion!
ナイル・ロジャース、ゲスト出演
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200405/diary20040517.html

2004/05/20 (Thu)
Let’s Groove 2004, Live At Kokusai Forum: Don’t You Miss It Back In The Day?
「レッツ・グルーヴ」ライヴ評
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200405/diary20040520.html

2004/09/07 (Tue)
The Best Disco In Town Live: Live DVD
ディスコDVD
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200409/diary20040907.html

+++

ENT>MUSIC>ARTIST>ALBUM>Chic

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Comments are closed.