It Was A Long Day: 

【密度の濃い1日】

ロングデイ。

昨日はかなりきつい1日だった。まず、雑誌ブリオ用の取材をひとつ。次号で赤坂ムゲンについて書くのだが、その取材の一環で、ゴールデンカップスのマモル・マヌーさんに話をうかがった。場所が赤坂ミラクル。ちょっと緊張した。マモルさんが終った後、川畑さんとしばし雑談。その後すぐに青山のスタジオで、7月から始まる新番組のナレーション録り。それを終えた後、トクの番組の収録。

トクの番組については前にも書いたが、ジャズやAORっぽいもの、スタンダードから古いポップスまで幅広くかけているが、なかなか選曲がいい。で、それが終った後、トクに今日はどこ行くの、と尋ねると、なんと高田馬場のコットンクラブに行くという。前から一度行ってみたいと思っていたので、もう一件用事をすませていこうかな、と考える。

もう一件の用事は、26日のソウル・サーチン・トーキングで使用するヴィデオを編集したものをDVDに焼いてもらっていて、それを受け取るという件。編集は立ち会っていたのだが、焼く時間が足りなくなり、あとでやってもらっていたものだ。そこで、恵比寿で無事それを受け取ったのだが・・・。

恵比寿・金曜夜・・・といえば、はい、キムカツです。ちょうおなかがすいていたので、又、行ってしまいました。すいません。12時過ぎ、並ぶことはなかったが、店内はほぼ満員。オッシー曰く「これね、金・土やってるの知れ渡ったら、絶対、この時間帯でも並びになっちゃうんじゃないですかねえ~」。

そこに某放送作家K氏より電話。「今どこ? 今から、ラーメン、食べ行こうよ~」。ちょうどキムカツ食べ終えたところで、「もう食えないよ~」。そういえば、先週の金曜のこんな時間帯も彼から電話があった。そして、「なんで、(キムカツ)誘ってくんないのよ~」とどつかれたことを思い出した。

オッシーとは解散し、K氏を誘い、高田馬場へ直行することに。早稲田通り沿いにあるなかなか大きな感じのいい店だった。コットンクラブ。名前がいい。ライヴを見せるのは、地下一階。天井が高くて気持ちいい。この日は、ジャムセッションの日で、ミュージシャンやシンガーが好き好きにセッションに参加していいという。トクが比較的リーダーシップをとって、いろいろやっていた。トクの仲間と、そこに来ている連中が自由気ままにジャムセッションをしている。腕試しするにはとてもいい場所だ。

今度7月にフランクリンでピアノを弾いてくれるジョージ君と、そのジョージ君と別のライヴハウスで一緒に歌って来たという泉さんが仲間と来ていて、僕たちがちょうど店に入っていったら、彼がピアノを弾いていた。彼らが一番前の席に座っていたので、そこに座ってライヴを楽しんだ。

Kが言った。「いやあ、遅れてきた僕のために、みんなでこんなに素晴らしい演奏してくれるなんて、感激したよ~」 君のためだけにやってるんじゃないっ。すると彼は続けた。「これって、歌とか楽器とか、何でも参加していいんだ。じゃあ、僕はダンスでエントリーしようかな」 ジャズにあわせて、ムーンウォークでもしなさい。なお、彼は熱狂的なマイケル・ジャクソン・ファンである。そして、外に出ると夜は白々としていた。今日は、ロング・デイだった。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Comments are closed.