The Movie “Ray” Portrays Life On The Fast Lane: He Ain’t No Cripple Ever Again

(映画『RAY/レイ』の映画評です。ネタバレは最小限ですが、先入観なしにご覧になりたい方はご注意ください)

障害者。

ピアノを弾く指が動く。黒いサングラスにそのピアノの鍵盤が映っている。演奏者は身体を揺らし、のっている。軽快な「ホワッド・アイ・セイ」が流れている。煙草の煙が揺らいでいる。オープニング・シーンが終ると、ひとりのサングラスをした若き黒人、レイ・チャールズ(ジェイミー・フォックス)がバス停でぽつんと佇んでいる。そして、「フロリダ州、1948年」の字幕。

ソウル・ミュージックの創始者、レイ・チャールズの自伝的映画が『RAY/レイ』だ。彼がいかにして盲目になり、ミュージシャンとして成長し、ドラッグ漬けになり、人生を歩んでいくかが描かれる。レイ・チャールズ役を演じたのは、自らミュージシャンでもあるジェイミー・フォックス。レイ・チャールズそっくりの演技は、圧巻だ。

音楽、酒、ドラッグ、そして女性。レイの人生はそれらだけで彩られていた。しかも、徹底的に。時代的には1930年生まれのレイの1948年ごろから1965年ごろまでの間が中心に描かれる。

映画の冒頭で、レイの母アレサが言う。「誰にもあなたを盲目(cripple=かたわ、障害者、無能者)なんて呼ばせないで」 この言葉はレイが失明した時以来、生涯レイの言葉になる。正確には、目に視力はないが、かたわ、障害者ではない、という意味だ。だが、彼はある時期まで肉体的にも、精神的にもクリップル(障害者)だった。果たして、彼は何をきっかけに目覚めるのか。

自伝にも出てきて興味を持っていたのだが、彼が幼少の頃、まだ失明する前に生家の近くにある雑貨店に一台のピアノがあった。そこの主人、ミスター・ピットが子供のレイにピアノを教えるシーンがある。ミュージシャンとなるレイ・チャールズ少年の原点だが、このシーンになんとも言えずに僕は感動する。

ひとつの失敗から学び、それを教訓とし、知恵をつけ、強く強く生きていくレイ・チャールズ。その自立心と信念、頑固さには驚嘆する。

(以下、少しネタバレになります)

「ライフ・オン・ザ・ファースト・レーン」(全速力で走る人生)という言葉がある。日々ライヴに明け暮れるレイの人生は、ヒット曲がでるにつれ、忙しさは増し、まさに「ライフ・オン・ザ・ファースト・レーン」になっていった。その彼には、幼少時の事件がひとつの心のトラウマとして残っている。子供時代を過ごしたフロリダにあるボトル・トゥリーの数々。ガラスの空き瓶が何本も吊るされ、木のようになっているボトル・トゥリーは彼のトラウマを象徴するかのようだ。

そして、後半、レイが夢の中で、生まれ故郷のフロリダで母親に会う。自分の生家のヴェランダ。この時のレイ(ジェイミー・フォックス)は、今の大人で目が開いている。そこに登場する弟のジョージが言う。「レイのせいじゃないよ」 母親が言う。「もう誰にもあなたを『盲目』にはさせないわ」 それまで心が盲目だったレイは、この瞬間、「目を見開く」のである。

1961年、レイ・チャールズは黒人と白人を分けていた会場での演奏を拒否したことから、ジョージア州での演奏が禁止された。ジョージア州からの永久追放だ。それから18年間、彼は自らのホームタウン、ジョージア州で演奏することができなかった。しかし、時が流れ、人種差別も少しずつなくなった1979年3月7日。彼が1960年に歌った傑作「我が心のジョージア」は、ジョージア州州議会から「州歌」と認定され、同時に18年前の事件に関して正式に謝罪されたのである。

拒絶から受け入れまでの18年間、レイ・チャールズはひたすらステージで「我が心のジョージア」を歌い続けて来た。彼にとっては、ジョージア州から拒絶されようが、受け入れられようが、その曲が持つ意味はまったく変わらない。ブラザー・レイの信念はいささかも揺るがず、ジョージアへの郷愁は消えることはなかった。

だが、「我が心のジョージア」という曲を歌ったことが、結果的にジョージア州議会にレイに対して謝罪のチャンスを与えることにもなった。そう、「我が心のジョージア」がレイ・チャールズをジョージアに引き戻したのだ。

曲の中で歌詞はこう歌われる。「今、ここにある道はジョージアへ戻る道…」 レイ・チャールズはジョージアへ戻った。ジョージアに始まった物語が、ジョージアで完結した。

(映画『RAY/レイ』1月29日からみゆき座など全国ロードショウ)

映画公式ホームページ
http://www.ray-movie.jp/index.php

+++++

『我が心のジョージア』訳詞
Georgia On My Mind

ジョージア、我が心のジョージアよ、

一日中、古きよき時代を思わせるあの甘い歌が
ジョージアへの郷愁を誘う

ジョージア、ジョージアの歌が、月明かりが木々の隙間から
漏れてくるように、やさしく、心に染みてくる

ジョージアの魂が歌いかけてくる・・・
ジョージアの瞳がやさしく微笑む・・・
ジョージアの地には心の安らぐ夢がある
今、ここにある道はジョージアへ戻る道

ジョージア、我が心のジョージアよ・・・
他の地では心の安らぎを見出せない

古きよき時代を思わせる甘い歌・・・
そんな歌がいつもジョージアを思い出させる

(訳詞ソウル・サーチャー)

+++++

映画『RAY/レイ』関連記事。

2004/11/12 (Fri)
“Ray” This Could Be Jamie Foxx’s Career Movie
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200411/diary20041112.html

2004/11/13 (Sat)
“Ray” Include Songs From “Live In Japan”
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200411/diary20041113.html

2004/11/14 (Sun)
“Brother Ray” (Japanese Translation Version) Will Be Published In January Tied With Movie “Ray”
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200411/diary20041114.html
自叙伝『わが心のジョージア』、日本発売へ。

レイ・チャールズ死亡関連記事。

2004/06/12 (Sat)
Soul Legend Ray Charles Died At 73
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200406/diary20040612.html

2004/06/13 (Sun)
“Brother Ray On My Mind”: A Tribute To Ray Charles
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200406/diary20040613.html

2004/06/20 (Sun)
Everybody Can’t Stop Loving Ray
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200406/diary20040620.html
(注、葬儀は6月18日に行われました。日記記載の11日は18日の誤りです)

2004/06/22 (Tue)
Stevie Talks About Ray: Sung “I Won’t Complain”
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200406/diary20040622.html

+++++

ENT>MOVIE>REVIEW>Ray
ENT>MUSIC>SONG>Georgia On My Mind
ARTIST>Charles, Ray

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Comments are closed.