Category Archives: 映画評・映画関連

◇ 映画『レッド・テイルズ』~ルーカスが自腹で製作したブラック・ムーヴィー

◇ 映画『レッド・テイルズ』~ルーカスが自腹で製作したブラック・ムーヴィー 【Red Tails; The Movie George Lucus Financed By Himself】 赤尾。 2012年1月20日に全米公開された映画『レッド・テイルズ』が話題を集めている。これは、ジョージ・ルーカスが製作したもので、第二次世界大戦時にアラバマ州タスキギーの米空軍基地を本拠に活躍した黒人兵士たちの物語。主要出演者は黒人ばかりなので、いわゆる「ブラック・ムーヴィー」的なジャンルに入る。キューバ・グッディング・ジュニア、テレンス・ハワード、二大ブラック俳優が主演。他にもニーヨ、メソッドマン、ダニエラ・ルーアらが出演。「レッド・テイルズ」(赤いしっぽ)は、彼らが乗るウォーホーク戦闘機の尾翼が赤く塗られていたために、愛称となった。 舞台は1944年、人種差別が色濃い南部アラバマ州タスキギーの米空軍トレーニング・センター。当初、黒人パイロットらはドイツ空軍との空中戦など高度な任務を与えられず、対地上への爆撃など技術的に低い仕事しかさせてもらえなかったが、爆撃機の護衛の仕事などから成果をあげ、徐々に評価をあげていき、リスペクトを得ていく、という物語。 ジョージ・ルーカスがこの話を友人から聞き、映画化を考えたのは1988年のこと。当初は1992年公開を目指した。ルーカスはこのとき、『ローレンス・オブ・アラビア(アラビアのローレンス)』のような詳細に綴る作品を考えたが、何度も脚本を煮詰めていく中で、物語の戦闘部分にフォーカスすることにした。彼は、自身の1988年作品『タッカー』(Tucker: The Man and His Dream)をイメージしたものにしようと考えたという。(『タッカー』は実在した自動車タッカーについての物語)実在する多くのタスキギーのパイロットらにインタヴューし、2007年、ジョン・リドリーが脚本家となり、脚本を完成。この時点では、ルーカスはサミュエル・ジャクソンに監督・主演を打診するが、最終的にジャクソンは脚本は絶賛するが、どちらの役も引き受けなかった。その後監督はアンソニー・ヘミングウェイ(黒人)に。 2009年1月からプリ・プロダクションが開始されたが、製作・配給に関して、メジャーの映画会社が「主要出演者が黒人のため、世界規模で売れない」と難色を示し、結局、総制作費5800万ドル(1ドル80円として約46億円)、さらに配給費用3500万ドル(同・約28億円)をルーカス自ら負担して、完成にこぎつけた。 紆余曲折を経て、2012年1月20日全米で20世紀フォックスの配給で公開され、約1週間で2000万ドルの興行収入をあげている。 ちなみに、このタスキギーの黒人空軍兵士を描いたテレビ映画『タスキギー・エアメンTuskegee Airmen』が1995年に公開されており、このときの主役もキューバ・グッディング・ジュニアが演じている。 黒人の間では、この映画を劇場で見て、積極的にサポートしようという動きも出てきた。また、ホワイトハウスでオバマ大統領らもこの映画を鑑賞している。 アラバマ州タスキギーは、ソウル・ファンにとっては、コモドアーズ/ライオネル・リッチーの出身地として名高い。 映画の日本公開は未定。 ■ 映画予告編 http://youtu.be/wityJA7DlII ■ 映画サウンドトラック盤 (2012年2月7日発売) Red Tails posted with amazlet at 12.01.26 Soundtrack … Continue reading

Posted in 映画評・映画関連 | Comments Off

□トミー・ジェンキンス、製作中の映画『アイスモーセス』を語る~70年代ファンク・バンドの栄枯盛衰

□トミー・ジェンキンス、製作中の映画『アイスモーセス』を語る~70年代ファンク・バンドの栄枯盛衰を描くフィクション 【Tomi Jenkins Talks About His Movie Project “Icemosis”】 映画。 キャメオのトミー・ジェンキンスと話をした。トミーは1970年代中期(75年ごろ)、ラリー・ブラックモンがキャメオを結成したときのメンバーの一人。一時期、グループ活動が休止していた頃も、ラリーと連絡は取っていたという。 トミーは、もともとニュージャージー出身で、現在はロスアンジェルス在住。しばらく前から映画のプロジェクトをてがけていて、『アイスモーセス(Icemosis)』という作品を製作し、その音楽をてがけるという。 これはすでに脚本などがほぼ出来上がっており、今年中には撮影開始するという。総予算約1000万ドル(9億円弱)(テン・ミリオン・ダラー)を集めており、あとは撮影、編集。トミーによれば、早ければ2011年、遅くとも2012年の公開にこぎつけたい、とのこと。 この『アイスモーセス』は、1975年のシカゴが舞台。同地で活躍する無名のファンク・バンドが、メジャーなレコード会社と契約にこぎつけ、ヒットを飛ばし、スターになるものの、ちょっとした挫折が待ち受ける、といった感じのストーリーらしい。アイスモーセスが、映画に出てくるフィクションのファンク・グループだ。 すでに『アイスモーセス』は、情報が一部公開されている。 http://www.imdb.com/title/tt1591481/ しかも、アイスモーセスとしての演奏ビデオもYouTubeにいくつかアップされている。これらの音を聴くと、まさにPファンク、バーケイズ、コン・ファンク・シャンなどのサウンドを彷彿とさせる。 これらを見ると、実におもしろそう。 かつてあった『ファイヴ・ハートビーツ』は、60年代のR&Bヴォーカルの栄枯盛衰を描いた映画作品だが、これは70年代のファンク・バンドのフィクションだ。こうした音が好きなソウル・ファンにとってはひじょうに興味深い作品になりそうだ。 撮影開始、公開決定などの情報が入ったらまたお知らせしよう。 ENT>NEWS>Icemosis ENT>MOVIE>Icemosis

Posted in 映画評・映画関連 | Comments Off

■「セックス&ザ・シティ2」~4人のソウルメイトたちの中東大冒険

■「セックス&ザ・シティ2」~4人のソウルメイトたちの中東大冒険 【”Sex & The City 2”~Adventure Of 4 Soul Mates In Middle East】 金属探知機。 人気テレビ・シリーズから劇場用映画『セックス・アンド・ザ・シティ』になったその第二弾『セックス・アンド・ザ・シティ2』が2010年6月4日(金)から公開される。その試写会が5月28日(金)丸の内ルーブルで行われた。会場に着くと「すでにお立ち見になっております」のアナウンス。さらに、入口では入念なボディー・チェックと荷物チェック。ボディー・チェックは金属探知機で体を調べられる。僕のも右のポケットで鍵が反応し、左のポケットで携帯電話が反応。それを両手で持って、音なしになってやっと中に入れた。どうやらデジカメなどを中に持ち込ませなかったようだ。預けたカメラを映画終了後返していたのでそれがわかった。金属探知機で体を調べられたのは、どこか海外に行く飛行場以来だ。(笑) ストーリーは、久々に友人の結婚式で再会した4人から始まる。この結婚式というのが、ゲイ・カップルの結婚式で、これがおもしろい。その後、キャリー(作家)、サマンサ(会社社長)、ミランダ(弁護士)、シャーロット(専業主婦)らの生活ぶりが紹介され、サマンサが中東の大金持ちから、アラブ首長国連邦(UAE)への旅行をプレゼントされ、物語が進む。 彼が持つホテルでの滞在、彼が持つ航空会社のファーストクラスでのフライト、専用の執事、それぞれの専用車などもあてがわれ、豪華絢爛なひとときを過ごす。ここで、文化の違いやちょっとしたことから、いくつかの事件が起きる。一言で言えば、4人の超仲良し(ソウルメイト)の中東大冒険だ。 ストーリーはどうということはないが、この映画の見所は、超リッチなホテル(こんなホテルに泊まってみたいと思わせられる=ちなみに一泊2万2千ドル・200万円というのが最後に明かされる)、アラブの国(実際のロケはモロッコ)のエキゾチックな雰囲気(こんなところに行ってみたいと思わせられる)、砂漠でのラクダに乗ってのリッチなピクニック(こんなことをやってみたいと思わせられる)、そして4人のファッション、ジュエリーなどなど、女性ファンを惹きつける贅沢三昧のマテリアル・ワールドだ。そして、サマンサの自由奔放なセックスぶり、シャーロットのベイビーシッターのお色気路線も強調されている。サマンサのデタラメっぷりがマンガちっくでおもしろい。 サントラで最大の聞き物は、アリシア・キーズが歌う「ラプチャー」。1981年のブロンディーをアリシアがカヴァーしたもの。これに、「セックス・アンド・ザ・シティ」のテーマ曲をうまくまぜあわせている。(マッシュアップしている)そして、もう一曲、個人的に気に入ったのが、サントラ2曲目に入っているイギリスのダイドが歌う「エヴリシング・トゥ・ルーズ」。エレクトリック・サウンドのシンプルで無機質なヴォーカルが印象的で、この1週間ほど僕のカーステレオでのへヴィー・ローテーションになっている。映画では、キャリーとサマンサがショッピングするシーンで薄く流れていた。もっといい形で露出すればよかったのにと思った。 ちなみに、僕は男なのであくまで男目線の感想になっているが、女性はきっともっと違った感想を持つにちがいない。観客は8割がた若い女性だったように思えた。 ●映画『セックス・アンド・ザ・シティ2』は2010年6月4日(金)から丸の内ルーブルなどでロードショー ●『セックス・アンド・ザ・シティ2』のサウンドトラックを、2010年5月30日日曜、インターFM『ソウル・ブレンズ』[午後1時~3時]内「ソウル・サーチン」のコーナー[午後2時半から]で紹介します ■ 『セックス・アンド・ザ・シティ2』(サウンドトラック) セックス・アンド・ザ・シティ2 オリジナル・サウンドトラック posted with amazlet at 10.05.29 サントラ ジェニファー・ハドソン&レオナ・ルイス サラ・ジェシカ・パーカー セックス・アンド・ザ・シティ・メンズ・クアイア シェイナ・スティール ライザ・ミネリ with ビリー・ストリッチ シンディ・ローパー … Continue reading

Posted in 映画評・映画関連 | 1 Comment

◎映画『プレシャス~小説「プッシュ」を元に~』

◎映画『プレシャス~小説「プッシュ」を元に~』 【Movie Precious: Based On The Novel Push By Sapphire】 プッシュ。 昨日『ソウル・ブレンズ』内「ソウル・サーチン」でご紹介した映画『プレシャス』。新装発売となった文庫本もアマゾンで注文したら翌日に届いて、たらたら読んでいるが、そのあたりも含めて話をするために、いろいろ調べていたら、前回の映画評のところでは書ききれていないことがたくさんあるので、追記したい。 まず、おもしろいのが、この映画の原作本となった『プッシュ』を書いたサファイアー(1950年生まれ)も、監督のリー・ダニエルズ(1959年生まれ)も、ともに黒人であり、同性愛者ということだった。どちらもカミングアウトしており、リーにいたってはパートナーと2人の子供を養子に向かえ育てている、という。 原題『プッシュ』が、映画では『プレシャス』になったのは、同時期公開の映画に『プッシュ』というタイトルのものがあったので混同を避けるために、こちらは、『プレシャス~サファイアーの小説「プッシュ」に基づく』となった。 原題の「プッシュ(押す=push)」という単語は、映画の主人公プレシャスの16年の人生の大きなキーワードになっている。文庫本の訳者解説で、東江一紀(あがりえ・かずき)さんが、その単語の3つの使い方について解説をしていて、なるほどと納得した。 プッシュという単語自体さまざまな意味を持つが、この映画では、1)プレシャスが子供を産むときに周りから言われる「プッシュ」。この場合「いきめ」「赤ん坊を押し出せ」といった意味。2)プレシャスがいわゆる代替学校(オルタナティヴ・スクール=公立校を追い出された生徒が通うフリースクール)に初めて行くときそのビルのエレヴェーターに乗って19階のボタンを押すときの「プッシュ」。まさにボタンを押すの、押す。3)プレシャスがその代替学校のレイン先生(ポーラ・パットン)の授業の中で、文集に寄せる作文を書けと言われるもののなかなか書けずに悩んでいるとき、そのレイン先生から「がんばって、ふんばって、自分のクリエイティヴを押し出して」と言われるときの「プッシュ」。と、3つのプッシュがそれぞれ違った場面で、しかし、彼女の人生の中でひじょうに象徴的に使われる。小説のタイトルが「プッシュ」となったことがよくわかるシーンだ。 この原作本は、ひじょうにおもしろい。冒頭のところは、主人公が文字の読み書きができないということで、おぼつかない英語だったのだろう。日本語では、おぼつかない日本語が、ほとんどすべてひらがなで書かれているのだ。ページをめくるごとにだんだん漢字が増えていく。これは、なかなかのアイデアだ。 作家のサファイアーも、ハーレムでこの代替学校で教師をしていたことがある、という。そこで、何人ものプレシャスのような子供たちを見てきた。そうしたたくさんのプレシャスを見たことで、この小説を書いた。 今回の映画のサントラは、メアリー・J・ブライジがエグゼクティヴ・プロデューサーになっていて、「アイ・キャン・シー・イン・カラー」という曲を書き下ろしている。ただ、映画ではブライジのアルバム『ノー・モア・ドラマ』に収録されている「デスティニー」という曲が使われる。これが、まさにプレシャスのために書かれたのではないかというほどはまる。なぜ、これもサントラにいれなかったのかな。 当初ソーシャル・ウォーカーの役はヘレン・ミレンが演じることになっていたが、最後に出演を辞退したために急遽、マライア・キャリーにその役が回ってきた。ノーメークのマライアが実にいい雰囲気をだしている。そして、最大の演技賞は母親役のモニーク。元々コメディエンヌで、ラジオのDJなどもしていたモニーク。これを機にハリウッドからも大注目されるだろう。また、それまでも何人もプレシャス役の候補がいたが、監督たちを満足させられなかった。主役を射止めたガボーレ・シディベーは、月曜日にオーディションに出て、水曜日にはその役を獲得した。そのエピソードは、オプラ・ウィンフリーがアカデミーの授賞式のスピーチでも語っていた。 さて、読んでから観るか、観てから読むか。 ■ 映画『プレシャス』~2010年4月24日(土)ロードショー 日比谷東宝映画街トーホー・シネマズシャンテ、渋谷シネマライズなど 公式サイト http://www.precious-movie.net/ ■ 関連記事 2010年04月14日(水) 映画『プレシャス』~16歳プレシャスの運命は~今年のブラック・ムーヴィーの傑作 http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10507635447.html ■ 映画『プレシャス』の原作本『プレシャス』(文庫本) プレシャス (河出文庫) posted with amazlet at 10.04.18 サファイア 河出書房新社 … Continue reading

Posted in 映画評・映画関連 | 1 Comment

■映画『プレシャス』~16歳プレシャスの運命は~今年のブラック・ムーヴィーの傑作

■映画『プレシャス』~16歳プレシャスの運命は~今年のブラック・ムーヴィーの傑作 (それほどネタバレにはなりませんが、アウトライン程度は内容がでます。これからごらんになる予定で、まったく予備知識を入れたくない方はご注意ください。見ようか見まいか迷っている方は、ぜひどうぞ) 【”Precious”: Real Life, Real Story Makes Real Movie】 リアル。 今年のアカデミー賞で助演女優賞を獲得した話題作。2009年作品。1987年ニューヨーク・ハーレムを舞台にしたブラック・ムーヴィー。2007年10月から2008年1月にかけて撮影され、2009年1月サンダンス映画祭に出品。2009年11月に全米公開された。予算は1000万ドル(10ミリオン=約10億円弱)。 黒人女性作家サファイア(本名ラモーナ・ロフトン=1950年8月4日生まれ)が初めて書いた小説『プッシュ(Push)』(1996年)を映画化したもの。この小説はハーレムの黒人家庭における近親相姦と虐待を赤裸々に描いたものでベストセラーになった。しかし、映画化当初は予算がつかず製作が難航したが、有名な司会者オプラ・ウィンフリーが脚本を気に入り、製作総指揮ではいり、完成した。監督は黒人リー・ダニエルス。 ハーレムに住む極悪な家庭環境に生活する16歳のクレアリース・ジョーンズ愛称プレシャス(ガボーレ・シディベー)が主人公。幼い頃、父親にレイプされたことが、ずっと心の傷になっている。そして、そのこととも関連し、社会保障で仕事もせずに一緒に住む母親からも虐待を受け、八方塞の人生を過ごしている。しかし、文字も読めない彼女に教育を与えようとする女性教師(ポーラ・パットン)、社会福祉事務局の事務員(マライア・キャリー)などの手助けを得ながら、幾多の困難を乗り越え一歩一歩新たな人生を歩んでいくプレシャスを描く。 プレシャスと母親(モニーク)との生活ぶりがすさまじい。母親役で元々コメディエンヌ出身のモニークの演技が圧巻で、ハーレムのリアルな姿が描かれているところが胸を打つ。そして、今回が初の映画出演というガボーレも、心に闇と病みを抱え、しかも肥満でアグリー(ブス)という難しい役どころだが、うまく演じている。ストーリー展開が自然でうまく、本当にスクリーンに引き込まれる。このハーレムに住む最下層の人たちの行き場のない生活感が何とも言えない。原作の持つ「パワー」が、そのリアル感を圧倒的なものにしているのだろう。母と娘の対峙するシーンは何度もどきどきはらはらさせられた。実に重いところもあるが、最後には一筋の光が見える。僕は『ジェイソンズ・リリックス』、『ポエティック・ジャスティス』などと並んで、実に素晴らしいブラック・ムーヴィーになったと思う。ハーレムでのリアルな生活感に触れたい方には絶対のお勧め映画だ。 アカデミー賞で作品賞にもノミネートされたが、残念ながら受賞には至らなかった。受賞作はドキュメンタリー的なタッチだったが、こちらはリアルなストーリー。より映画的といえるかもしれない。マライアが驚いたことにほぼノーメイクで事務員を演じているが、これも素な感じで好感がもてる。さらに、男性ナース(看護師)役でレニー・クラヴィッツも。映画を見ているときには、気づかなかった。女性教師役のポーラ・ハットンもよかった。 しかし、1000万ドルの低予算でも、これだけの映画が出来るのだから、アメリカの映画業界の底力はすごい。マリナーズのイチロー選手ひとりの年俸(1800万ドル)でまかなえてしまうのだ。ちなみに、全米では6000万ドル以上の興行収入をあげている。 (なお、Gabourey Sidibeの発音だが、日本での表記はガボレイ・シディベとなっている。アカデミー賞での発音は、ガボーレで、ボにアクセント、シディベーと「ベー」を音引きしている感じだったので、ソウル・サーチンではガボーレ・シディベーと表記することにした) ■ 4月18日日曜『ソウル・サーチン』(『ソウル・ブレンズ』内)で紹介します。 2010年4月18日日曜『ソウル・ブレンズ』(インターFM東京地区76.1mhz=午後1時~3時)内、「ソウル・サーチン」(午後2時半~45分)のコーナーで、映画『プレシャス』についてサウンドトラックとともにご紹介します。 関東地区の方は「ラジコ」で、インターネットでも聴けます。 http://radiko.jp/  ■ 映画『プレシャス』~2010年4月24日(土)ロードショー 日比谷東宝映画街トーホー・シネマズシャンテ、渋谷シネマライズなど 公式サイト http://www.precious-movie.net/ ■ 『プレシャス』サウンドトラック プレシャス posted with amazlet at 10.04.13 サントラ グレイス・ハイタワー ラベル マリオ・グリゴロフ … Continue reading

Posted in 映画評・映画関連 | Comments Off

△ビヨンセが映画『キャデラック・レコード』で歌う3曲

△ビヨンセが映画『キャデラック・レコード』で歌う3曲 【『キャデラック・レコード』、8月15日から公開】 実生活。 シカゴのチェス・レコードを舞台にしたその創始者のひとり、レナード・チェスと、チェス所属のブルーズ・アーティストたち、マディー・ウォーターズ、リトル・ウォルター、ハウリン・ウルフ、チャック・ベリー、そして、エタ・ジェームズ(エタ・ジェイムス)らの悲喜こもごものストーリーを描いた映画『キャデラック・レコード』。その一般試写会が2009年8月10日(月)、日比谷の東商ホールで行われた。いよいよ、この『キャデラック・レコード』が今週土曜日(2009年8月15日)から恵比寿ガーデン・シネマなどで公開される。ちょうど、サマソニ出演のため来日中のビヨンセが立ち寄るか、などという可能性もなくはなかったが、現れなかった。 映画についての評はすでに2009年6月9日付けソウル・サーチン・ブログに書いたので、そちらを参照されたい。 http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10277116605.html http://32970.diarynote.jp/?day=20090609 ところで、ここではビヨンセが映画『キャデラック・レコード』で歌う3曲についてちょっと紹介してみたい。 その3曲とは、「アイド・ラザー・ゴー・ブラインド」、「オール・アイ・クド・ドゥ・ワズ・クライ」、「アット・ラスト」だ。いすれも、エタ・ジェームズのヒット、持ち歌としても知られる。 「オール・アイ・クド・ドゥ・ワズ・クライ」はエタ本人の1960年5月からヒットし、ソウル・チャートで2位、ポップで33位を記録した作品。これはモータウンのソングライター、ビリー・デイヴィスとモータウン創始者ベリー・ゴーディーらが書いたもので、レナード・チェスと彼らは仲がよかったので、エタにこの曲を歌うように勧めた、という。チェスは、この頃、三角関係の曲、不倫の曲をエタが歌うといいというアイデアを持っていて、この曲に出会って、どんぴしゃだと感じた。エタが好きな男が他の女の元に行ってしまい、自分は泣くだけだ、というストーリーだ。 エタはこのころ、ドゥー・ワップ・グループ、ムーングロウズのベース・ヴォーカルでリーダーのハーヴィー・フークワとつきあっており、チェスは、エタとハーヴィーのデュオ・シングルも出している。だがこのハーヴィーは後にモータウン創始者ベリー・ゴーディーの姉、グエン・ゴーディーと親しくなり、結婚。エタを振る。後にエタがこの曲を歌うときには、そんな実生活のことも重なって重さを見せるようになった。 そして、それに続いて「アイド・ラザー・ゴー・ブラインド」。これは、「あなたが他の女といるところを見るくらいなら、盲目になったほうがましだ」という歌。1967年、エタ・ジェームズがヒットさせた「テル・ママ」という曲のシングルのB面に収められていた作品。他に盲目のソウル・シンガー、クラレンス・カーターのものが有名だ。映画の中でも実にいいシーンで歌われる。 そして、そうした苦労を乗り越え、ついに幸せが訪れる。「アット・ラスト」は、ついに不幸な私にも幸せが訪れた、と切々と歌う作品。これはもともと1942年にグレン・ミラーでヒットしたポップ曲をエタが1961年にカヴァーしたもの。ソウル・チャートで2位、ポップ・チャートで47位を記録している。 エタの人生は不幸なことが多かった。映画でも出てくるが、彼女がビリヤードをやっているシーンがある。そのうまさにレナード・チェスが感心する。エタがプレイする後ろの壁には伝説のビリヤード・プレイヤー、ミネソタ・ファッツの写真が飾られている。そして、「あれが父親、って言われてるわ」とエタっは言う。彼女はその父から愛されたいと思い、一度でいいので会いたいと熱望し、それが実現するが、父からは冷たくされ、どん底の悲しみを味わう。 歌手というものは、実生活で激しく悲しいことや寂しいことがあると、それを歌に託して心の外に解放することができる。そうして、自分の内なるストレスを発散できるのだ。そしてその外に出す悲しみやストレスが大きければ大きいほど、それを聴く者は感じるものが多い。エタの歌に宿るソウルの源は、そんな彼女の人生の一部だ。 (お知らせ) 2009年8月12日(水)東京FM(80.0mhz)『ワンダフル・ワールド』という番組の「シネマ80」というコーナー(16時35分~16時55分=生放送)に出て『キャデラック・レコード』の話をします。 ■ 映画予告編(映画は2009年8月15日から公開) ■ 映画オフィシャル・サイト http://www.sonypictures.jp/movies/cadillacrecords/ ■ エタ・ジェイムス、最新作はスタンダード・カヴァー集 (ライナーノーツ吉岡正晴)(エタが歌うオーティスの「愛しすぎて」「トライ・ア・リトル・テンダーネス」などぜひ聴いて欲しい) グレイテスト・アメリカン・ソングブック posted with amazlet at 09.08.11 エタ・ジェイムス BMG JAPAN Inc. (2009-08-26) 売り上げランキング: 336639 Amazon.co.jp で詳細を見る ■ 『キャデラック・レコード』 (サントラはいくつかヴァージョンがありますが、このデラックス・ヴァージョンをお勧め) … Continue reading

Posted in 映画評・映画関連 | Comments Off