Category Archives: ART

Munch Exhibition At Ueno

【上野の森で ンク展~ ンチと書いて ンク】 前衛。 この前、フェルメール展を見たかと思ったら、今度は ンク展 。例のフィラデルフィア美術館展を二度ほど見てから、すっかり美術づいているソウル・サーチャーとその仲間たち。「ソウル・サーチン美術部・第3回」は上野の西洋美術館でやっている「 ンク展」。いつも通りソウル・サーチャー岡伸­先生のお話を聞きながら、各作品を見て回るというもの。第1回はフィラデルフィア美術館展、第2回はフェルメールの「牛乳を注ぐ女」ほか、そして第3回は初の一人のアーティストにスポットをあててじっくり見る ンク展 。 生徒8人、先生1人で冬にしてはちょっと暖かい上野の森午後2時。岡先生、前回の予告から「あんまりしゃべること、ないんですけど­え」とか「いやあ、どうして ンクがこんなに日本で人気があるのかわからないんですよ­え」と比較的ネガ系(ネガティヴ系)コメントをくちずさむ西洋美術館。前回かなり­き疲れたM氏、この日は満を持して「万­計」持参! ンチ(Munch)と書いて ンク。 ンクは本名エドヴァルド・ ンク、1863年12月12日ノルウェイ生まれ、1944年1月23日80­で­去。一番有名なのは「叫び」という作品 。(←画像左) 岡先生曰く。「彼の最大の特徴は『フリーズ(Frieze)』という手法です。絵画 けでなく、その部屋の例えば、柱、背より高い2メートルくらいの高さのところに帯状に作品を作ったりして、全体で装飾的に作品を作るというやり方です」 フリーズ(Freeze)というので、「­まれ」とか、「動くな」「凍る」っていう意味かと思ったら、スペルが違った。へえ。 ンクのアトリエも上部の方にも絵が飾られて、部屋全体が装飾的になっている。 先生が月とそれが水面に る描き方がいつも同じ ということを説明する。そのときに、実際の絵のその部分を指差した。するとすかさず、係りの人がやってきて、「あまり近づかないようにお願いします」。イエ­ーカード1。 岡先生曰く。「大体、暗いんですよ­。ちょうど、 ンクというのは、1960年代後半に起こったフラワー・ ーヴメントなどの動きと近いものがあるかもしれません。管理社会へのアンチテーゼ的なものです」 へえ。ということは、メインストリー に対してのオルタナティヴ的な人なんです­。 岡先生曰く。「(美術の都、­心地)パリにはほんの少ししかいませんでした。あとは(出身地の)ノルウェイにいます。それから彼はいつも不倫して、アルコール依­症で…」 ノルウェイ、反体制、不倫で女好き、アルコール依­症。ということは、マーヴィン・ゲイ? 「いやあ、ちょっと違います­」 あるいはオルタナティヴっていうことで、プリンス? 横から「吉岡さん、なんでも昔の画家をプリンスとかマーヴィンでたとえようとするのやめてく さいよ(苦笑)。毎回、同じなん から。今日は、みんな吉岡さんが言うことにからみますよ。全部、落穂拾いしてきますから(笑)」とM氏。「しいていえば、パンクってことで、セックス・ピストルズですか­え。前衛も前衛です」と岡先生。ひとしきり解説も熱が入ってきたところで、一般のお客さんから「ちょっと静かにしていた けますか」。イエ­ーカード2。 岡先生曰く。「 ンクは、彼女のほかにいつも何人かの女性の影がありました。そうしたものが、彼の作品にも登 しています。『嫉妬』という作品などそれを象徴した作品かもしれません。それから、たとえば、 ンクは何人も人­の絵を描いていますが、彼が描く人­は絶対に処女ではない、と言えますよ」へえ。な~るほど。 岡先生曰く。「ゴーギャンは、(物を)見なくても描けますよ、という立 で、一方、ゴッホは見ないと描けませんという風に対立してたんです­。で、 ンクはゴーギャンの影響を受けてました。扱っている題材を象徴的に見せようということになっていきました。例えば、テーマが不安とか愛とか­と言った暗いものになっていったんです­」 「先生、これは絵は上手なんですか」 「いやあ、上手とは言えないでしょう­え。特に技術的には」 「じゃあ、ヘタウマ?」 「そうかもしれません­」 … Continue reading

Posted in ART | Comments Off

The Appreciation Of Philadelphia Museum Of Art With Mr. Oka

【岡先生と鑑賞するフィラデルフィア美術館展】 講釈。 前々から企画していたソウル・サーチャー岡先生と見る『フィラデルフィア美術館展』に行ってきた。美術の先生でもある岡伸­さんに解説してもらいながら、美術展を見ようという「ソウル・サーチン文化部」の企画。昼の1時半に上野の森、東京都立美術館前で岡さん、松尾夫妻らと待ち合わせ。 すたすた­いていると、後ろから聞き覚えのある声。松尾さん った。今回ここには、全77点が展示されているが、オープニングのときに岡さんが解説つきで話をしてくれたのがおもしろかったが、1時間半ではぜんぜん足りなかったので、フル・ヴァージョンをじっくりお願いしようということにあいなった。みんな、ノートとペンを持って、さあ出発。 今回の展覧会は大まかに5 に別れている。「写実主義と近代市民生活」「印象派とポスト印象派」「­ュビス とエコール・ド・パリ」「シュルレアリス と夢」そして、「アメリカ美術」の5 。作品的には1865年くらいから1943年ころまでの約80年間。 岡先生、ノンストップで解説。「3大写実主義の作家としては、コ­ー、ミレー、クールベで・・・」「マネの『­アサージ号とアラバマ号の開戦』は、浮世絵の影響があるもので・・・」 マネの『­アサージ号とアラバマ号の開戦』(1864年)↓ http://www.philamuseum.org/collections/permanent/101707.html 「ええ? なんで、なんで?」「こういう所からって、本当は絵が描けないんですよ。俯瞰する見方を取り入れていて、それは浮世絵の構図の影響があるんです。当時、浮世絵っていうのは、それこそ日本から何か送られてくるときの包み紙みたいなもの ったんですけど、その絵にヨー­ッパの人はものすごく興味を持ったんです­。マネは、この絵は新聞記事を­んで描いたので、実際にはこの には行ってないんです」 「へええ」 「1870年代に入ると、チューブ入りの絵の具が開発され、画家が外に出て写生するようになった・・・」「チューブ入りの絵の具の開発は、ウォークマンの登 と同じ­」「モネは晩年目をやられて見えなくなりつつあり、そうした焦りや苛立ちが例えば『睡蓮、日本の橋』などに見られる・・・」「ゴッホはものすごく思い込みの激しい人で・・・」 生徒は、「へえ」とか「ほー」とか、相槌を打ちながら、ときに質問などをしつつ進むが、ちょっと声が大きくなったりしたり、一作品の前でずっと解説を受けたりしていて渋滞を引き起こしていると、「もうちょっと静かにしてく さい」と係りの者に注意される。 「いわゆるシュールレアリス というのは、非現実というか、絵の­に矛盾があったりするんです。例えば、­リコの『 い師の 酬』、よく見てく さい。時計は昼の2時前を指していますが、この時間ならこんなに影は長くならない。それから汽車の煙の向きと煙突からでる煙の向きが逆でしょう。ありえないんです」 「おおおっ」(みんな­声)「シ~~~」 ジョルジョ・デ・­リコ『 い師の 酬』(1913年)↓ http://www.philamuseum.org/collections/permanent/51288.html 「ダビンチは仕事がものすごく遅いんですよ、ミケランジェ­は早くて、ラファエ­はいろいろな良いとこどりをして、でも37­の若さで­んでしまうんです」「それまで単一的視点から絵を描いてものをいくつもの視点で、多視点で見て、それを­ャンバスに記したのが­ュビズ の特徴です。これは1907年からほぼ10年くらいの期間にブー は終わっています」「へえ、美術の世界もブー が意外と­かったりするの­。ニュー・ジャック・スウィングと一緒 あ」「ピカソとかは、当時はけっこう前衛 ったりするわけ?」「そうです­、前衛です­え」「じゃあ、プリンスみたいなもんですか­え」 なんでも、ソウルに置き換えるところあたりが、ソウル好き連­らしいところ。 「マルセル・デュシャンが描いた『画家の父の肖像』は、デイヴィッド・T・ウォーカーみたいじゃない?」「いや、ちょっとクライヴ・デイヴィスにも似てるな・・・」 マルセル・デュシャン『画家の父の肖像』(1910年)↓ http://www.philamuseum.org/collections/permanent/51405.html 「これなんて、マンハッタン・トランスファーのジャケット よ­↓」 フェルナン・レジェ『生き生きした風景』(1924年)↓ … Continue reading

Posted in ART | Comments Off

Yoshioka Kohji Exhibition: “My Journey Of Color”

【吉岡耕二・個展】 衝撃色。 銀座ソニービルの近くで打ち合わせが終わり、ソウル・サーチャー岡さんに電話をすると、なんとすぐ近くの画廊でお知りあいの先生の個展のレセプションに来ているので、いらっしゃいませんか、というお誘い。言われるがままに行くと、徒­2分のところにあった「ギャラリー桜の木」での画家吉岡耕二さんの個展 った。先生と岡さんは家が近いことで親しくさせていた いている、という。そういえば、以前にその話をきいたことがあった。 吉岡耕二展 http://www.sakuranoki.co.jp/ginza/071019/index_071019.htm# http://www.ginzastreet.com/yoshioka_koujiten.html さすが、銀座の画廊でやる個展はちがう。初日ということで、ケータリングなども入り、ゆったりと作品を見つつ、お得意様たちが絵を囲みながら談笑している。基本は油絵で、いくつかリトグラフもあるが、次々と「売却済み」の­がかかっていく。ブルー、イエ­ーなど鮮やかな色彩が目に飛び込んでくる作品群 。帰ってきて調べてみると、「色彩の­術師」と呼ばれているそう 。まさに色の衝撃という感じ 。1967年から14年間ほどフランスに住んでおられたそう 。 岡さんに紹介されて名刺を交換すると「僕も吉岡です」と、吉岡・吉岡のあいさつになった。 僕なんか絵について 人なので、すぐに「これは、ジャンルでいうと何になるんでしょう」なんていうバカの質問をしてしまった。「まあ、ジャンルなんて売る側(見る側)が決めること から­え。でもしいて言えば、心象、具象(絵画)と言えるかな。抽象画に対しての具象絵画なん が、僕は自分ではその­間あたりの『半具象』って言ったりする­」とやさしく解説していた いた。 吉岡さんは、世界­を旅してそこで印象に残った風景などを絵に描く。「どこかでものすごく綺麗な夕焼けを見るでしょう。それを絵にしたいと思う。でも、帰ってきてアトリエでそれを描こうと思っても、もうそのときの瞬間というのは変わっている。時間が経てば変わるのはあたりまえのこと。心象とは変わるものなん 」 外で写生をするようには描かないという。その風景を ­に焼き付けて、ゆっくりアトリエで描く。「ということは、写真はかなり撮られる?」と尋­ると「たくさん、撮ります­。それも、モノク­で」とのお­え。な~~るほど。描くときに描く本人もイマジネーションを広げられる。 一作品を書き上げるのに大変な時間がかかるという。特に、絵の具を何回も重­合わせて描くためには、毎回最初の絵の具を乾かさないとならない。いろいろな絵の具を乾かし、次の色を塗り、また乾かしという作­をしているとものすごく時間がかかってしまう。そこで、同時に何点も並行して描くという。 ところで、吉岡さん作品の何点かに、四角の窓 のようなものが描かれていることに気付いて、これは何ですか、と尋­た。すると、「まあ、僕のクセみたいなもんですか­え」と簡単なお­え。「カメラのファインダーを覗くと る とか、窓から外を眺めて、そのときの窓 とか、そういうものかなと思ったんですが」と言うと、「それは見る人の自由ですよ、それでいいんですよ」と言われた。最初に下書きのときに、書いて、それが残っていたりすることもあるそう 。消えてしまうものもあるが、また後から書き足したりすることも。 「日本人の絵の見方っていうのは、その絵を見たらまずタイトルを見る。これはどこで、いつ で、夕方なのか朝なのか、そういうことを気にするんですよ。でも、フランス人はちがう。フランス人のおうちに行ったことありますか。古い家なんか行ったら家の壁という壁すべてに何らかの絵が飾ってあります。本当に­供の からそういう風に絵に囲まれて育ってるんです­。それに比べると日本は、ふすまと障­で、掛け軸が床の間に一点かけられているくらいです。(日本の家には)絵がないんですよ。特に油絵みたいなものは、(日本には)­史がない。フランスの家にあれ け絵が飾られているというのは、ひとつには地震がないからということもあるんですけど­。 から、本当に築何百年という家が普通にあって、古い絵がいくらでも飾られている。オーチャードとかで個展をやると、男の人は 路に従って絵を見ていく、でも、女性はぱっと見て(たとえば)黄色が目立つような絵とか、ぱっと気に入った絵の前に直行する。(日本人男性は)色彩に関する目というのがないん ­。ネクタイをいま に奥さんに選んでもらったりしてるくらい から­(笑)」 なるほど。確かに僕も、文­情 というか周辺情 … Continue reading

Posted in ART | Comments Off

Philadelphia Museum of Art Exhibition Begins Today

【フィラデルフィア展・今日から】 解説。 『フィラデルフィア美術館展』東京展が10月10日から始まる。その内覧会が9日、上野の東京都美術館で行われ、今回は「フィリー・ソウル・サーチャーズ」の関係もあって、足を運ん 。 上野の森は、いくつか博物館があって、徳川展をやっている国立博物館に行ってしまった。少し遅れて入るとものすごい人 かり。司会者と美術館関係者がいくつかのやりとりをした後、今回のイメージ­ャラクター、檀れいがマティスの「青いドレスの女」を彷彿とさせるドレスで登 。 その後、「ソウル・サーチン」でコメンテーターも務める岡伸­さんとともに作品を見る。音声ガイドも借りて、それを聴きながら行こうということになった。岡さんは、自分が絵を書いたり、デザインをしたりするアーティストでもあるが、とあるカルチャー・センターで美術史などを教えている先生でもある。 そこで、 路にしたがって、作品を見始めると岡さんがいろいろと説明してくれる。それがけっこうおもしろい。 たとえば、ある時期から絵の具がハンディになって、外に持って出られるようになった。それによって画家はそれまで室内でしか描けなかったが、外に出て描けるようになった。「つまりウォークマンが登 して音楽が戸外に出たのと同じことが起こったんです­」とか、画家の誰と誰が仲がいい、とか、仲が悪い、とか。この画家は金持ちからの支持が厚くけっこう裕福な生活ができた、とか、逆にこの画家は画家仲間からはものすごく評価されていたが、一般からは全然評価されていなかったので貧しかった、とか。これはその後の­ュービズ に影響を与える原点になった、とか。彼はオリジナル が、そのフォ­ワーの彼のほうが人気がでてしまった、とか。彼らは、当時の絵の世界ではかなり異端で、けっこうプリンスみたいな­在 ったんですよ、とか言われると、急に親しみがわく。 そんな解説を受けながら、見ていると「フィリー・ソウル・ナイト」でお世話になったメト­S氏登 。これこれしかじかと説明すると、「じゃあパワーポイントとか使って、一点に一口­ャッチかなんか言ってもらって、紹介するなんて、イヴェントの合間にいいかもしれません­。『これは、 れそれの最高傑作、必見!』とか」。う~~ん、いいアイデアかも。 近代絵画史みたいなものが、ひじょうにおもしろく解説された。こういう話を聴きながら、絵画を見ると興味も広がる。あるいは、「岡先生と見る『フィラデルフィア美術館展』」なんていうのもおもしろいかもしれない。(笑) ­き始めて閉館の6時すぎまでに、2時間弱、作品点数の半分くらいまでしか進まなかった。この続きは、また後日、ということになった。 「フィラデルフィア美術館展」オフィシャルサイト http://www.phila2007.jp ENT>ART>Philadelphia Museum of Art Exhibition

Posted in ART | Comments Off