Category Archives: DINING>RESTAURANTS> ESSAY>

A Cover Of Dancyu: Taiho At Furukawabashi: Show Some Caring

【大宝、ダンチュウの表紙を飾る】 思いやり。 先日書店に立ち寄ると、おいしそうなチャーハンの写真が っている雑誌ダンチュウ(Dancyu)が置かれているではないか。 Dancyu 2007年10月 インデックス http://www.president.co.jp/dan/20071000/index.html 特集のひとつがチャーハンなので、表紙を飾っているの が、それにつられ即レジへ直行。家に帰って­んでみると、なんと、4年前に知って、いまでもちょくちょく行く古川橋近くの「大宝」が巻 ­で3ページも紹介されているではないか!!  (大宝の記事は下記・過去関連記事参照) おおおっと感嘆の声をあげながら­むと、いろいろ知らなかった大宝チャーハンの秘密が、店主・小林さん(名前も初めて知った)の口から語られているではないか。どうやら、ラードに秘密があるらしい。う~む、オランダ産の一級品ラードか・・・。 ということで、こんな写真を見て記事を­んでしまったら、大宝に行かないわけにはいかないではないか。(おい、どっち ) で、9時40分に打ち合わせをそそくさと切り上げ、乃木坂を出て古川橋に直行。なぜか小雨降る降る古川橋。10時閉店に間に合うかと、どきどきしながら向かう。信号待ちで­まったあたりから めに見ると看板の照明がま ついている。セーフ 。ところが徐々に近づくと店前に何人かの人影があるではないか。まさか、ちょっとや~な予感。 車を­めて店前に行くと嫌な予感、見事的­。指折り数えて1-2-3-4-5-6。6人待ち! が~~ん。­確に言えば3人組、1人、2人組の計6人 。(別に­確に言う必要はない) もう閉店時間 ぞ。たまたま電話が入って、電話でしゃべっているうちに何人かがでて、しばらくして、­をやりくりして、6人が­に入った。で、­を覗いてソウル・サーチャーが見たものは? なんと、食べているのは2人で、2人がビールでギョーザ待ち。指折り数えるとま 11人が、注文品を今か今かと待っているではないか。また、今日も「最後の客」かな。さて、どうしたものか。しばし、思案しながら暖簾(のれん)の下で待っていたら、店の外の照明が突然消えた。え~~っ。打ち­め? (笑) いやあ、待ってたら、いれてはくれるはず・・・。 しかし、おそらく11人分はこれから30-40分はかかる ろう。ここはあんまり迷惑をかけてもいけない。こんな調­がダンチュウ発売日の6日から2週間も続いていたら、小林さんの体に悪い。そこで僕は、やさしく帰って、少しでも彼らを楽にしてあげようと泣く泣く意を決した。これこそ「半常連の思いやり帰宅」である。古川橋に降る雨は、大宝チャーハン諦めの悲しみの涙 。(おおげさすぎ) in the rain… しかし、ダンチュウ表紙とは・・・。おめでとうございます。 が、恨めしや~ダンチュウ効果・・・。(苦悩) (写真は以前に大宝に行ったときに撮ったチャーハン) 過去関連記事 大宝 『手渡されたバトン』 2003/05/13 (Tue) Baton Was Passed On To http://www.soulsearchin.com//soul-diary/archive/200305/diary20030513.html (40年間、毎日タンメンを食べに来たタクシー運転手さんの話が、好き。この話は、メモもとらず、もちろんテープもとらずに書いた。いまさらながらよく書けたもの と思う(笑)) DINING>RESTAURANTS>ESSAY

Posted in DINING>RESTAURANTS> ESSAY> | Comments Off

Fukamachi Jun Opened His Own Cafe/Restaurant In Yutenji

【深町純、ダイニングバーをオープン】  祐天寺。 毎月恵比寿アートカフェで定例ライヴを開いているピアニスト、深町純さんが2006年12月9日(土)、祐天寺に自身のカフェ・レストラン・バー「FJ’s(エフ・ジェイズ)」をオープンした。 さっそく、行ってみた。駒沢通りを恵比寿駅から環七方面へ向かい、山手通りを越え、しばらくしての左側。駒沢通り沿いにある。­目黒駅から徒­10分、祐天寺からは約7分という距離。 約23坪で40­ほど。天井が高いせいか、ちょっと広々とした感じ。奥にカウンターがあるが、基本的には椅­とテーブル。入って­面あたりに往年の名器CP80という­ーボードがおいてある。その右側の壁には50号の絵と100号の絵、どちらも抽象画が飾られている。これは、なんと深町さんのお父様の作品 そう 。 営­は午前11時から夜­の2時まで。月曜が定休日。チャージなどはなし。お茶、ランチ、夜ご飯、バー、デザートまで出す。深町さんによるとライヴもやるカフェ、ダイニング・バーという位置付け そう 。(食べ物のラストオーダーは10時半くらい)  「今は、この絵(父上の作品)を飾ってるけど、いずれ、これらの壁を作品を発表したい画家などに解放してもいいと思っている」という。音楽は少し大きめの音で出し、「BG­にはしない」とのこと。「僕のライヴも含めて、友人たちのライヴなんかもやっていくつもり 」。 以前からこのようなお店を出したいって思ってたんですか。「いや、全然」 では急に決まったんですか。「そう、9月くらいに、急に­。それでばたばたいろいろ決めて、やった」 以前はここはモスバーガーがあったところ そうで、モスが別の 所に引っ越すためにここが空くことになり、深町さんがやることになった。 開店のお祝いのお花は、井上陽水、松山千春、沢田 二、森山良­など錚々たるメンバーで、その花を道行く人が興味津々で見ていく。 FJ’s 〒153-0061 東京都目黒区­目黒5-1-20 電話 03-3760-2825 ウェッブ http://fjs.fukamachi-jun.com/定休・月曜 営­時間 午前11時から深夜2時 チャージなし ドリンク500円から ENT>CAFE, BAR>FJ’s

Posted in DINING>RESTAURANTS> ESSAY> | Comments Off

Watch Out For New Martano’s Wall Painting

【マルターノの壁画】 壁画。 以前このブ­グでも書いたあざみ野のイタリアン、マルターノ。そのマルターノが2号店を今日(9月13日)横浜市青葉区藤が丘駅前にオープンする。­式オープン前にちょっとのぞいてみた。藤が丘駅前にできた新しい建物の2階。本当に駅前なので、すぐわかる。 ­に入ると、が~~んとくるのが、 々とした壁画 。しかも、な、な、なんと・・・。ナイル・­ジャースたちの絵が描かれているではないか。これまでの経緯をご­知の方なら、まさに、きたきたきた~という感じをもたれる ろう。入って­面のところの金髪の女性はシルヴァー・­ーガン、そして、その少し奥の壁にギターをもつナイル、横はジェリー・バーンズ、そして、ドラ スはオマー・ハ­  。現在のシックのメンバーを知っている人なら、おそらく、この壁画を見て彼ら とわかる ろう。しかし、なんでまた、イタリアン、ピッツェリアでシックの壁か。(笑)  4月に大西さんがナイルからもらったサインをそのままこの壁画にも載せている。そして、あの 画『フィールズ・オブ・ドリー ス』からの名セリフも、入口の壁の部分に書かれている。 “If you build it, he will come” (それを作ったら、彼はやってくる)  またこのセリフ以外、壁のあちこちに、さまざまな 画からの印象的なセリフが英語で書かれている。これは 画好きの大西さんが見ていて印象に残っていたセリフを壁に書いてもらったもの という。そのセリフから、出自の 画がわかれば、あなたはかなりの 画通 。 ほかに目立ったのが、入ってすぐの壁に書かれた1979年のヒット曲の数々。「グッド・タイ ス」「マイ・シャ­ーナ」「アイ・ウィル・サヴァイヴ」などの文­が英語で躍る。もちろん、すべてが1979年から始まったことに端を発している。 駅前から­いてくるとシルヴァーの絵が否が応でも目に入るという。朝7時半から「バンコ(立ち飲みのバー)」がオープン。出勤前の人たちをつかむ。そして、ディナーは夜12時まで。ところで、ここに来る人たちの何人が壁画を見てシックたちとわかる ろうか。それがまた、興味深い。あるいはシック・マニアがマルターノ詣でをすることになる ろうか。一度はナイル・­ジャースご一行様をお連れしないと。(笑)   Martanoマルターノ藤が丘店〒227-0043神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-29-2-2F営­午前7時半~24時 年­無休電話 045-973-58442006年9月13日水曜午前7時半オープン  過去関連記事 ( を追ってお­みく さい) January 13, 2006 Like The Show Must Go On, The Story Must Go On (Part 1 of 2 Parts) http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200601/2006_01_13.html January 14, … Continue reading

Posted in DINING>RESTAURANTS> ESSAY> | Comments Off