August 01, 2006

Soul Power Tokyo Summit 2006: A Leader Said "Thank You" To Another Leader

【リーダーからリーダーへの感謝】

架け橋。

原宿駅の方から、人の流れが代々木競技場に向かっている。入口広場には、グッズ売り場、そして、話題の黒沢カレー店も。どちらも長蛇の列がつらなっている。

入口に進むとこの日は、ふだん関係者に配られるセットリストが「事前の先入観なくご自由にお楽しみいただきたいということで」なかった。アーティストの大体の出演時間が書かれた紙が1枚だけ。そこに「今回、関係者の皆様にも充分に楽しんでいただくために内容に関しては控えさせていただきます」とかかれてある。あ~、こりゃ大変。忙しくなるぞ。(笑) 

3121そこで僕は必死にメモを取ることになった。(笑) ほぼ定刻、暗転となり、エナメル・ブラザースのビデオがスクリーンに上映された。BGMは、プ、プ、プリンスの最新作『3121』から「ゲット・オン・ザ・ボート」! マーチンさん気に入っていたもんなあ、新作。ブラザー・スズこと鈴木雅之、そして、ブラザー・クロこと黒沢薫。2人あわせてエナメル・ブラザース! こういう遊び心たっぷりのユニットを作らせたら、マーチンさんの右に出るものはいない。大阪のFM局のイヴェントかなにかで、たまたま2人揃って歌う企画があり、その時2人ともエナメル靴を履いていたことから、このネーミングがついたそうだ。「ソウル・イヴェント」の「前座(オープニング・アクト)」としては、うってつけ。

来年このイヴェントがあるなら、エナメルたちは、2番目のオープニング・バンドになって、一歩出世するなんて、いいんではないだろうか。6回目くらいには、ついに大トリを飾るとか。(笑) 

エナメル以降は、ソイ・ソウル、ゴスペラーズ、スクープ・オン・サムバディー、ゴスペラッツ、全員でアンコールという流れ。基本的なバックバンドは、大阪を本拠とするソウルバンド、ナニワ・エキスプレス。ただソイ・ソウルは、スクープたちのバンドをバックに独自のファンクバンド路線を、ゴスペラーズはマイペースでゴスペラーズ路線を、スクープはスクープでセルフ・コンテインド・ソウル・ユニット路線を、その合間をぬって、ダンスマンがソウル空耳路線を、そして、ゴスペラッツは徹底したエンタテインメント路線を、突っ走った。立ったり、座ったり、泣いたり、笑ったりの3時間40分弱。

ちょうど10年前、ゴスペラーズの村上たちはラッツ再集結をこの同じ代々木の会場で一観客として見ていた。その彼がまさか十年後にこんな形で同じ会場のしかも同じステージに上ることなど予想だにしなかった。観客席の一人から、ステージ上への一人へ。その距離は100メートルもなかったかもしれないが、それを渡り切るには10年の歳月がかかったともいえる。村上の少し後方には彼らを見出してくれた恩師・佐藤善雄(シャネルズ、ラッツのベース・ヴォーカル。今回のゴスペラッツのベース・ヴォーカル)が横にいて成長した子供たちを静かに見守っている。着実に努力し、歩み続ける者たちには、確かに音楽の神様が微笑む。

最後、ゴスペラッツの本編も終わり、アンコールあたりで鈴木雅之が横にいる村上てつやに言った。「生涯ラッツ&スターのリーダーとして、ゴスペラーズのリーダーに一言言っておきたいんだ。『どうもありがとうな』 (しばし間、この間に拍手) このセリフ、かっこいいところで言いたいなと思ってて、この場はまさにうってつけでした」(笑) そして、手を差し伸べた。マーチンがこのイヴェントの中で一番おいしいところ持って行った瞬間だった。

だが、この熱い握手は、来年への架け橋となるにちがいない。

Setlist

show started 18:30

【エナメル・ブラザース】
00. Get On The Boat (Prince)=CD
01. Soul Sister, Brown Sugar (Sam & Dave)
02. ロンリー・チャップリン
00. Get On The Boat (Prince)=CD
【ソイソウル】
03. Can't Stop
04. Samurai Funk
05. とこしえの花
【ゴスペラーズ】
06. ウルフ
07. 一筋の軌跡
08. 風をつかまえて
09. 星屑の街
10. ミモザ
11. Dance If You Want It
12. (ナニワエクスプレス・メンバー紹介)
13. Love Light
14. Five Keys
【ダンスマン】
15. ダンスマンのテーマ
【スクープ・オン・サムバディー(Skoop On Somebody)】\n
16. ぼくが地球を救う
17. Nice 'n Slow
18. Song For You (Donny Hathaway)
19. Soul River
【ダンスマン】
20. 赤ちゃんこんにちは21 (Zapp's "Dance Floor")
【ゴスペラッツ】
21. ハリケーン
22. 街角トワイライト
23. バレンタイン・キッス
24. リンダ
25. ドゥ・ワップ・メドレー

Blue Moon (Marcels)
Fools Fall In Love (Drifters)
星空のサーカス(「スパイス・ソング」入り)(ラッツ&スター)
26. シャネルズ・メドレー
ランナウェイ
憧れのスレンダー・ガール
トゥナイト
27. まさか赤坂Show Time
28. 時間飛行
アンコール
29. The Voice
30. 夢で逢えたら
31. め組のひと
show ended 22:07
00. My Girl (Temptations) (CD)

(2006年7月26日水曜、国立代々木競技場第一体育館=ソウル・パワー・東京サミット2006=エナメル・ブラザース、ソイソウル、ゴスペラーズ、ダンスマン、スクープ・オン・サムバディー、ゴスペラッツ・ライヴ)

ENT>MUSIC>LIVE>Soul Power Tokyo Summit 2006
ENT>MUSIC>LIVE>Enamel Brothers
ENT>MUSIC>LIVE>Soysoul
ENT>MUSIC>LIVE>Danceman
ENT>MUSIC>LIVE>Gospellers
ENT>MUSIC>LIVE>Skoop On Somebody
ENT>MUSIC>LIVE>Gosperats
2006-145

投稿者 yoshioka : 04:51 AM | コメント (0)