March 16, 2006

Gats Birthday Live

【ガッツ・バースデイ・ライヴ】

ソウルフル。

最初のライヴを見てからもう3年近く経っているのか。改めて、今回調べてみて、そんなに経つのかと思った。(過去のライヴ評は下記に) ソウルフルなシンガー・ソングライター、ガッツの目黒ブルースアレーでの誕生日ライヴ。1976年3月15日東京築地生まれで、今日、見事30歳に。お誕生日おめでとうございます。そういえば、この前トクも誕生日ライヴをやっていたが、誕生日ライヴってはやってるんですか。(笑) 

この日はドラムス、パーカッション、ベース、ギター、キーボードにガッツ(ヴォーカルとギター)というバンド形態。あいかわらずいい声を聴かせ、またバンドもタイトでなかなかいい感じだ。時折挟み込まれるオリジナルも、何度か聞くようになって、口ずさめるほどになっている。

昨年、彼はバイクで全国ツアーに出たそうだ。そのときのこぼれ話などをしつつ、たくさんのソウルのカヴァーと自分のオリジナルを歌った。僕が個人的に圧巻だと思ったのは、「誕生日だから、大好きなカーティスの曲をたくさん歌いたいと思います」と言って歌ったカーティス3連発。「トリッピン・アウト」「ピープル・ゲット・レディー」「ムーヴ・オン・アップ」と来る1-2パンチには声も出ない。「ソウル・サーチン」でカーティスをやる時は、絶対にガッツに出てもらおう。

前回のブルースアレーのライヴでも歌っていたルーサー・ヴァージョンの「スーパースター」も聴き応えたっぷり。セカンド・セットのオープニングにボビー・ヘブの「サニー」が歌われた。

2003/08/16 (Sat)
Sunny: Bobby Hebb Sings About His Brother
「サニー」誕生秘話 
http://www.soulsearchin.com//soul-diary/archive/200308/diary20030816.html

アップテンポでなかなかいいアレンジだった。アンコールでは、「ホワッツ・ゴーイング・オン」に、シャンティさん、鈴木桃子さん、セノマケンさんがジョイン。こういう感じは、いつもいいと思う。セノマさんは初めて聴いたが、高い声の持ち主で、僕はちょっとデイヴィッド・ピーストンと言うシンガーを思い出した。それにしても、これだけの内容のライヴが出来るのだから、もっと観客動員したいですね。

さて、ファーストとセカンドの間に、シャンティに「今度、何かやるんですって」と声をかけられた。「ソウル・サーチン」の話をして、何かマーヴィン・ゲイの曲で歌える曲あるかと尋ねると、デュエット曲をいろいろやったことがある、という。「イフ・ディス・ワールド・ワー・マイン」とか「ユア・プレシャス・ラヴ」とか。そして、もう1曲特に好きな曲があるという。何かというとなんと「ピース・オブ・クレイ」とのお答え! す、すばらしい。

これは72年にレコーディングされながらずっと日の目を見なかった曲だが、95年発売の4枚組みボックスで初めて紹介され、その後96年の映画『フェノメノン』で使用された作品。しっとりとした作品で、ゴスペラーズの番組『ソウル・コネクション』の「ソウル・サヴァイヴァー~マーヴィン・ゲイの回」(2005年4月)でもかけたほど。

シャンティはその『フェノメノン』のサントラが大好きで、この曲もお気に入りだという。しばし、その曲の内容についての話をして、「歌詞は覚えてる? 例えば、ケイリブのピアノの伴奏があれば歌える?」というと「歌えると思う」との答え。わお! そして、4月1日にシャンティがきてくれることになりました。大好きな「ピース・オブ・クレイ」を生で聴けるなんて、夢にも思わなかった。これは楽しみだ。(ちょっとネタばれ気味ですが、ま、ほんの一部なので=苦笑)

+++++

シャンティとガッツは、近々ライヴを行う。鎌倉と横浜だが、場所・時間などは次の通り。

*シャンティ・アート・エクスヒビション オープニング・ナイト・ミニライヴ
シャンティ&ガッツ
2006年3月17日(金曜)19時開場、20時から2セット
場所 デイジー・カフェ(鎌倉・由比ガ浜) 神奈川県鎌倉市長谷2-8-11
電話 0467-23-9966

*シャンティー・アコースティック・ライヴ
シャンティ&ガッツほか
2006年3月23日(木曜) ファースト19時半、セカンド20時50分
場所 ヘイ・ジョー(横浜) 横浜市神奈川区鶴屋町 3-32-14 B1
電話 045-313-3631
チャージ 2500円(予約)、3000円(当日)

■ シャンティ・オフィシャル・ホームページ
http://www.snydersmarket.com/shanti.html
■ シャンティ関連記事

2004/03/20 (Sat)
Shanti Live At MoBius
http://www.soulsearchin.com//entertainment/music/live/diary20040320.html

2004/03/12 (Fri)
Is It Tuesday Night Music Club or Daikanyama Music Club? It's Freeform Jam Session
http://www.soulsearchin.com//entertainment/music/live/diary20040312.html

+++++

■ ガッツ・オフィシャル・ホームページ(新しくなりました)
http://gats.tv/

■ ガッツ関連記事

2003/06/27 (Fri)
GATS TKB SHOW Live At Shibuya Boxx
http://www.soulsearchin.com//soul-diary/archive/200306/diary20030627.html

2004/11/18 (Thu)
Spirit Of The Boogie Live At Blues Alley
http://www.soulsearchin.com//soul-diary/archive/200411/diary20041118.html

2004/11/24 (Wed)
GATS Soul Live At Motion Blue
http://www.soulsearchin.com//soul-diary/archive/200411/diary20041124.html

2005/03/04 (Fri)
Friends Joined Gats To Sing "What's Goin' On"
http://www.soulsearchin.com//soul-diary/archive/200503/diary20050304.html

July 12, 2005
Gats Live With The Funkiest Band In Tokyo
http://blog.soulsearchin.com/archives/2005_07_12.html

『車窓を奏でるメロディー』(3)
『その列車は、希望の灯火その列車の乗車券は、信念』
ガッツがもっとも得意とする「ピープル・ゲット・レディー」について
http://www.soulsearchin.com/periodical/l&g/l&g03.html

+++++

Setlist:
Gats Live At Meguro Blues Alley, March 15, 2006

1st set
show started 19:40
01. Jungle Boogie (Kool & The Gang)
02. いつまでも
03. Makings Of You (Curtis Mayfield)
04. What A Wonderful World (Louis Armstrong)
05. Superstar (Luther Vandross Version)
06. 上を向いて歩こう (Sakamoto Kyu)
show ended 20:40

2nd set
show started 21:15
01. Sunny (Bobby Hebb)
02. Spinning Wheel (Blood Sweat & Tears)
03. 交差点
04. Happy Birthday
05. Are You Happy?
06. Tripping Out (Curtis Mayfield)
07. People Get Ready (Curtis Mayfield)
08. Move On Up (Curtis Mayfield)
09. 笑顔のままでありがとう
Enc. What's Going On (Marvin Gaye)
Enc. Message
show ended 22:43

■メンバー
(G/Vo)GATS (B)小松秀行 (G)松田肇 (Key)高瀬順 (Per)竹本一匹 (Ds)ケニーモズレー

(2006年3月15日水曜、目黒ブルースアレー=ガッツ・ライヴ)

ENT>MUSIC>LIVE>Gats
2006-52