January 21, 2006

Wilson Pickett Dies At 64

ウイルソン・ピケット死去

シャウト。

独特のシャウト唱法で知られるR&Bシンガー、ウィルソン・ピケットが去る(2006年)1月19日アメリカ東部ヴァージニア州レストンという街の病院で死去した。64歳だった。代表曲は「イン・ザ・ミッドナイト・アワー」(65年)、「634-5789(ソウルズヴィルUSA)」(66年)、「ランド・オブ・1000ダンセス(邦題、ダンス天国)」(66年)など。この一年ほど体調を崩していたという。現在はヴァージニア州アッシュバーンに在住。ニックネームは「ウィックド・ピケット」(邪悪な、いたずらな、わんぱくな・ピケット)。

アレサ・フランクリンは「同じデトロイト育ちの仲間として、ウィルソン・ピケットは、あらゆる時代において最高のシンガーのひとりでした。ひじょうに残念です。しばらく前に彼と直接話ができてよかったです」とコメントした。

DVD最近の彼が動く映像としては2002年発表の映画『オンリー・ザ・ストロング・サヴァイヴ(邦題、ソウル・サヴァイヴァー)』での出演がある。同映画をプロデュースしたロジャー・フリードマンは、「ピケットは、まさにジェームス・ブラウンに対するアトランティックからの回答だった」とコメント。

フリードマンは先週、ピケットと話した。それによると、「健康問題は、彼はそれほど気にしているようではなく、カンバックすることを考えていた」という。

ウィルソン・ピケットは、1941年3月18日アラバマ州プラットヴィル生まれ。デトロイトに移り住み、ゴスペルグループ、ファルコンズに在籍。ここには、のちに「ノック・オン・ウッド」などの大ヒットを放つエディー・フロイド、あるいはサー・マック・ライスなどが在籍。ファルコンズは「アイ・ファウンド・ラヴ」(62年)のヒットを放ち、ピケットはその後独立。63年、ダブルLからだした「イフ・ユー・ニード・ミー」が小ヒット。その後65年、アトランティックのプロデューサー、ジェリー・ウェクスラーに見出され、彼とともに南部スタックスのスタジオへ行き、レコーディング。移籍第一弾「イン・ザ・ミッドナイト・アワー」が大ヒットし、以後次々とヒットを放つようになった。

以後、「634-5789(ソウルズヴィルUSA)」、「ランド・オブ・1000ダンセス(邦題、ダンス天国)」、「ムスタング・サリー」、「ファンキー・ブロードウェイ」、「エンジン・エンジン・ナンバーナイン」などヒット多数。1991年、ロックンロール・ホール・オブ・フェイム入り。2002年、ソウルミュージックのドキュメンタリー映画『オンリー・ザ・ストロング・サヴァイヴ』に登場した。

激しくシャウトし、ステージ処狭しと派手に動き、観客を圧倒するパフォーマンスが持ち味。またかなり自由奔放なキャラクターが、時に話題を提供した。91年には恐喝などの容疑で逮捕されたり、また飲酒運転で捕まったこともある。ピケットは、「もし自分が歌手でなければ、何をしていたかわからない。だが神様が(自分に)歌う才能を」と振り返る。映画『ソウル・サヴァイヴァー』の中では、自分の6000ドルのスーツや、シャツに1000ドルを払ってもいいなどと話している。

日本には74年、コンサートで来ている。

ENT>OBITUARY>Pickett, Wilson / March 18, 1941 -- January 19, 2006