NO.642
2004/05/13 (Thu)
John Whitehead Shot Dead
ジョン・ホワイトヘッド(マクファーデン&ホワイトヘッドの片割れ)殺害される

フィラデルフィアのデュオで、ソングライター、プロデューサーとしても多数のヒットを持つマクファーデン&ホワイトヘッドのジョン・ホワイトヘッドが去る5月11日夕方、フィラデルフィアの自宅前で銃を持った複数の暴漢に撃たれ死亡した。55歳だった。ホワイトヘッドと同じ現場にいた甥のオーメッド・ジャクソン(20)も撃たれたが命に別状はない模様。銃声はかなりの数したという。男たちはオーメッドを狙っていたのではないかとの観測もある。犯人は捕まっていない。ホワイトヘッドは、4年前、自宅に強盗が押し入り、ジョンの兄弟ケヴィンを縛り上げ、宝石や現金が奪われていた。

娘のドーン・ホワイトヘッド(33)は、「なぜ父に彼らはこんなことをするの。昨日、話したばかりなのに」と呆然とした。音楽パートナーであるジーン・マクファーデンはこのニュースを聞き、ダラス・ストリートの自宅前の現場に急行、やはり立ちすくんだという。

12日に警察が記者会見したところによると、単なる物取りではなく、おそらく犯人と甥の間になんらかのトラブルがあったものと見られている。状況から犯人たちはジャクソンを狙い撃ちしたらしい。そのあおりでホワイトヘッドが死亡した。

++++++++++++++++++++++++++++

フィラデルフィアのトップ・プロデューサー、デュオ。

ジョン・ホワイトヘッドは、1947年7月10日フィラデルフィア生まれ。小学校時代の友人ジーン・マクファーデンとともにヴォーカル・グループを結成。エプシロンズという名で活躍している60年代中期にオーティス・レディングに認められ、彼のツアーに参加。オーティスの67年12月10日の飛行機事故による急死を受け、地元で活躍するようになり、同地のプロデューサー、ギャンブル&ハフに認められ、彼らのレコード会社に入社する。

グループ名をトーク・オブ・ザ・タウンと変えシングルをリリースするがヒットにはいたらなかった。その後、雑用などをしていたが、曲作りを覚え、初めて書いた作品が「バック・スタバーズ」で、72年これをオージェイズが歌い大ヒットになった。以後、二人のコンビで多数の作品を書き、プロデュースもし、フィラデルフィアのホットなプロデューサー・チームとなった。

オージェイズだけでなく、ハロルド・メルヴィン&ブルーノーツ、テディー・ペンダグラス、イントゥルーダーズなどに多数のヒットを提供。その後、自らマクファーデン&ホワイトヘッドとして79年再デビュー。この時だした「エイント・ノー・ストッピン・アス・ナウ」が大ヒットし、彼らはアーティストとしてもブレイクした。この曲はその後もサンプリング、カヴァーなどもされ、ダンスクラシックとなっている。

ジョンは1983年ソロアルバムを一枚だすが、思ったほどの成功は収めなかった。最近でもジーンとともに、時折ライヴ・パフォーマンスなどを見せていたという。

++++++++++++++++++++++++++++

衝撃。

ブルーノートで、レイラ・ハザウェイとフランク・マッコムのライヴをひじょうに楽しんで帰ってきて、その感想文でも書こうとコンピューターを立ち上げたら、とんでもないニュースが飛び込んできた。ジョン・ホワイトヘッド死去のニュースだ。このところ、本当に訃報が多いが、これにはまいった。しかも、暴漢に襲われての死亡だ。状況からすると巻き添え的に殺された感が強い。

ご存知の方も多いだろうが、僕が「ソウル・サーチン」という言葉を教わったのが、このジョン・ホワイトヘッドからである。88年3月、ニューヨークで彼に会い、インタヴューし、その中で彼は自身のソウル・サーチンの物語を語ってくれた。あの時の彼の表情や、雰囲気は今でも思い起こすことができる。彼と会わなければ、僕の著作『ソウル・サーチン』も生まれていない。そして、僕がThe Soul Searcherと名乗ることもなかった。その意味で、僕にとってはジョン・ホワイトヘッドこそ、ソウル・サーチンのオリジネイターなのである。88年以来再会できていなかったが、絶対にまた会ってゆっくり話をしたいと思っていた人物のひとりである。このニュースを聞いて、本当に残念でならない。

彼は快活で、明るい、笑いが絶えない人物だった。今回の事件に関して彼を知る人物がみなジョンのことを「いい奴で、おもしろい奴だった」というコメントをしているが、本当にその通りだった。しかも、彼の話がなんといってもおもしろい。見事な語り部だった。インタヴュー・テープをただそのまま起こせば、それだけで充分なストーリーになっていた。

あのインタヴューは僕がてがけたインタヴューの中でも3本の指に入るいいものだった。彼がオーティス・レディングに弟子入りしていたことなども初めて知った。「バック・スタバーズ」の誕生秘話もおもしろかった。彼らが裏方から表舞台にでて「エイント・ノー・ストッピン・アス・ナウ」をやっとの思いで録音することができたという話。そして、大ヒットがたくさんでて、ジョンが脱税で刑務所に入ってしまうという話。彼がどん底にいたときに手を差し伸べてくれた友人。そこで体験した彼自身のソウル・サーチン。たった一時間のインタヴューで僕はエンタテインメントの映画一本分を見たような満足感を得た。彼以後も多数の人にインタヴューをしているが、彼ほど話をおもしろおかしく、しかもときに悲しく、メリハリをつけ、起承転結をうまく話す人物を知らない。

Rest In Peace, John Whitehead!


『ソウル・サーチン』
http://www.soulsearchin.com/soulsearchin/index.html


ENT>OBITUARY>Whitehead, John


++++++++++++++++++++++++++++


http://www.philly.com/mld/philly/

Posted on Wed, May. 12, 2004



MICHAEL PEREZ / Inquirer

Dawn Whitehead, 33-year-old daughter of John Whitehead, is consoled in front of her father's Philadelphia home after his death. "Who would want to kill him?" she asked. "We need our father."




Music notable Whitehead slain

By Ira Porter and Frederick Cusick

Inquirer Staff Writers


Philadelphia music legend John Whitehead, who was best known for the hit "Ain't No Stoppin' Us Now" he recorded with Gene McFadden, was gunned down yesterday afternoon behind his house in West Oak Lane.

Whitehead, 55, was killed around 5:30 p.m. while working on one of his vehicles behind his two-story rowhouse in the 1900 block of Dallas Street, police said. Whitehead and a younger man were repairing a white sport-utility vehicle when two men approached them and opened fire with 9mm pistols.

Police said the gunmen fired numerous shots before running away.

Whitehead's younger companion, identified as Ohmed Johnson, was taken to Albert Einstein Medical Center, where he was being treated last night. Police officials said he was in critical condition.

"I was outside when I heard the shots, but then I ran in," said a young neighborhood girl who asked not to be identified. "It was 12 of them, back to back."

Homicide officials last night were unclear about the motive for the shooting or whether Whitehead had been the intended target. Robbery did not appear to be a motive, according to police.

As family members and friends gathered at the house that Whitehead shared with his girlfriend, Eleanor, police were also checking a Jeep Cherokee 50 feet away that had a bullet hole in its windshield.

Whitehead's oldest daughter, Dawn, 33, came out of the house carrying a picture of her father.

"Why did they do this to my dad?" she asked.

"I just talked to him yesterday," she said. "He was a fun person. Who would want to kill him?"

Hugging her little sister, Dawn Whitehead said: "We need our father."

Whitehead and his songwriting, production and performing partner, McFadden, achieved fame in the late 1970s as part of the Philadelphia Sound associated with Leon Huff, Kenny Gamble, and their Philadelphia International Records.

Their "Ain't No Stoppin' Us Now" hit No. 1 on the R&B charts in 1979 and peaked at No. 13 on the pop list. The song also served as an unofficial anthem for the Phillies as they won the World Series in 1980 and the Eagles as they reached the Super Bowl in 1981.

The two cut their own album, McFadden & Whitehead, in 1979 and made singles for various companies in the early '80s. Their recording of "I Heard It in a Love Song" was a top 30 R&B hit in 1980.

As writers and producers, they were responsible for such classics as "Back Stabbers" for the O'Jays and "Bad Luck" and "Wake Up Everybody" for Harold Melvin and the Blue Notes.

Although Whitehead tried a solo career later in the '80s, after serving a short prison sentence for tax evasion, the two partners would occasionally perform together for special occasions. Both still worked at songwriting and production.

McFadden was one of dozens of friends and relatives who came to the Whitehead house as news of the killing spread. With tears in his eyes, he said he couldn't talk.

Jackie Hardin, a childhood friend of Whitehead's, said: "I don't see how anyone could do this."

She said Whitehead, called "Toodles" by his friends, "was my best friend in the world. He was the most fun person in the world. I talked to him yesterday and he was in good spirits."


Posted on Wed, May. 12, 2004

Music notable Whitehead slain


Whitehead not targeted in shooting, police theorize

By Thomas J. Gibbons Jr.

INQUIRER STAFF WRITER


Music legend John Whitehead probably was not the target of gunmen late Tuesday afternoon who shot and killed him and wounded his nephew behind Whitehead's West Oak Lane home, police said today.

"We do believe that the second male may have been the intended target," said Capt. Richard Ross.

Police have identified the nephew as Ohmed Jackson, 20, who was admitted to Albert Einstein Medical Center in stable conditon with gunshot wounds of the buttocks.

Police are seeking two young gunmen, both of whom brazenly opened fire in the driveway as Whitehead and Jackson worked on an SUV. Whitehead was pronounced dead at the scene at 5:34 p.m. of a bullet wound of the neck.

Speaking at a press conference just before noon today at Police Headquarters, Ross said more than 10 shots were fired from two different caliber handguns.

"There's nothing that leads us to believe it was random at all," Ross said.

"There may have been some dispute or some altercation that took place some time ago. We haven't firmed that up just yet. But that's the direction we are proceeding in," he added.

Ross said detectives have yet to pin down "the nature or the scope of the arument."

Police are hoping someone in the neighborhood may have seen the gunmen, who were not wearing ski masks or anything else to hide their identities. Ross said it may have been a planned hit.

"I get the impression that they knew where he [Jackson] was. They just came up there and started shooting, obviously without any regard for anyone else who may have been around," Ross said.

+++++

ENT>OBITUARY>Whitehead, John
Diary Archives by MASAHARU YOSHIOKA
|Return|