NO.592
2004/03/26 (Fri)
Johnny Bristol Dies At 65: A Winner or Loser? Valuable One
ジョニー・ブリストル65歳で死去

モータウンでソングライター、プロデューサーとして活躍したジョニー・ブリストルが(2004年3月)21日(日曜)朝、デトロイト近郊の自宅で死去した。65歳だった。

ジョニー・ブリストルは1939年2月3日ノース・キャロライナ州モーガントンの生まれ。デトロイトに本拠を移し、1960年頃から「ジョニー&ジャッキー」というデュオとして活動を始めた。ジャッキーはジャッキー・ビーヴァーズのことで、彼らは軍隊時代に知り合った。ジョニーは一度目の結婚・離婚の後にモータウン創始者ベリー・ゴーディーの姪アイリス・ゴーディーと結婚。名実ともに「モータウン・ファミリー」の一員になった。

ジョニー&ジャッキーは、1961年「サムデイ・ウィル・ビー・トゥゲザー」を録音、ハーヴィー・フークワが持っていたトライ・ファイからリリースされたが、ヒットはしなかった。しかし、この曲は69年、ダイアナ・ロス&スプリームスが最後のシングルとしてリリースし、大ヒットとなる。

ジョニーとハーヴィー・フークワhttp://www.soulsearchin.com/soulsearchin/2.htmlとは、パートナーとして、ジュニア・ウォーカー&オールスターズの「ホワット・ダズ・イット・テイク」などを書いたり、プロデュースした。他にてがけたアーティストは、ダイアナ・ロス&スプリームス、グラディス・ナイト&ピップスなど多数。

ジョニー・ブリストル自身は主としてモータウンのソングライターとして活躍していたが、74年、モータウンを離れMGMに移籍、ここで「ハング・イン・ゼア・ベイビー」を大ヒットさせ注目のシンガーとなった。この曲は80年にアルトン・マクレーンとデュエットでリメイクされ再びヒットした。

++++++++++++++++++++++++++++

勝ち組。

「ハング・オン・イン・ゼア・ベイビー」がヒットし始めた時、いかにもロスアンジェルスのソウルという感じだった。第一印象は、バリー・ホワイト風のサウンドというものだった。74年のことだ。このアルバムが出たときだったか、彼がかつてモータウンで様々なヒットにかかわっていたことを知った。そんな中でダイアナ・ロス&スプリームスの最後のヒット「サムデイ・ウィル・ビー・トゥゲザー」が彼のプロデュース曲だということがわかる。この曲がものすごく好きだったので、モータウンのレコードをいろいろひっくり返した。

1974年頃というのは、元モータウン・アーティストにとっては大きな転機となった年である。それは、1972年にモータウン自体がデトロイトから本拠をロスアンジェルスに一挙に移すからである。ある者はデトロイトを離れず、ある者はモータウンについてロスに引っ越した。その引越しのことを会社は、ミュージシャンやスタッフたちに直前までほとんど知らせていなかった、という。そのあたりのちょっとした悲劇は、5月に公開されるドキュメンタリー映画『永遠のモータウン(Standing In The Shadows Of Motown)』にも登場する。

ジョニー・ブリストルはこの映画には登場してこないが、彼はロスに移って、ある意味モータウン時代以上に成功した珍しい「勝ち組」になった。しかし、今回の死去に際し、デトロイト近郊の自宅にいたということがわかった。すでに引退し、ロスから再びデトロイトに戻っていたのだろう。モータウン自体の華やかさから比べれば、ジョニーが残したヒットによって、彼自身が果たして「勝ち組」になったのか、今となってはわからない。ジョニーの死去は、いまだビルボード誌(音楽業界誌)が報じていない。あまり注目されているとは言えない。人生において「勝ち組」とは一体なんなのだろう。ひょっとすると、ジョニーも「モータウンの影にいた男」の一人なのかもしれない。

しかし、彼が勝ち組ではないとしても、もちろん負け組でないことも確かだ。あれだけいい曲を出したのだから。それだけで充分価値ある人生だったと言える。そう、言ってみれば、価値組ということだ。価値組の人生は、悪くない。

++++++++



Ex-Motown producer, writer, singer Johnny Bristol dies

Monday, March 22, 2004

ASSOCIATED PRESS

BRIGHTON TOWNSHIP -- Former Motown records producer, writer and singer Johnny Bristol, who worked with Michael Jackson, Diana Ross, Stevie Wonder and Marvin Gaye, has died. He was 65.

Bristol died Sunday morning at his Livingston County home, about 40 miles west of Detroit. He apparently died of natural causes, state police said, and results of an autopsy Monday were not immediately available.

Born in Morgantown, N.C., he recorded "Someday We'll be Together" with singing partner Jackie Beavers in 1961. Bristol later sang background vocals on the Supremes' 1969 hit version of the song.

Bristol also produced or wrote for Smokey Robinson, Martha Reeves, the Four Tops and Junior Walker. He left Motown in 1973 and recorded albums with MGM and Atlantic in the 1970s.

"He was my best friend. He was a great guy. He was an honorable guy," said Billy Wilson, president of the Motown Alumni Association.

Bristol married and divorced Iris Gordy, niece of Motown founder Berry Gordy. He is survived by son Johnny Bristol Jr. of Battle Creek and daughters Karla Gordy Bristol of Atlanta and Shanna Mueller of Wayne County's Canton Township.

The Swanson Funeral Home in Detroit said funeral arrangements were incomplete Monday afternoon. Wilson said Bristol would be buried next to his father in Morgantown.





+++++++++++++++++++++++++++++++++

ENT>OBITUARY>Bristol, Johnny
Diary Archives by MASAHARU YOSHIOKA
|Return|