ソウル・サーチン
Live(ライヴ評)
2004年/2004
開催日 アーティスト タイトル
2004/09/30 カウント・ベイシー・オーケストラ 『老若男女』
2004/09/22 TKY(T:トク、K:日野賢二、Y:小沼ようすけ) 『大火事』
2004/09/17 SFKUaNK!! 『スファンク』
2004/09/16 ミッシェル・カミロ 『大爆発』
2004/09/14 カサンドラ・ウィルソン 『水墨画』
2004/09/11 ザ・ルーツ 『集中』
2004/09/10 AI(アイ) 『マチガイナイ』
2004/09/05 アース・ウインド&ファイアー 『大雨』
2004/09/04 アース・ウインド&ファイアー 『百戦錬磨』
2004/08/29 クルセイダーズ 『マウント・フジ・ジャズ・フェスティヴァル』
2004/08/29 リー・リトナー・オールスターズ 『マウント・フジ・ジャズ・フェスティヴァル』
2004/08/26 ジョナサン・グリア&ヴォイセス・オブ・ジューダ 『ハレルヤ』
2004/08/25 セルジオ・メンデス 『ブラジル』
2004/08/21 タオ(TAO) 『サムライ』
2004/08/17 チューチョ・ヴァルデス、イラケレ 『底力』
2004/08/15 木下航志 『対峙』
2004/08/14 木下航志 『第一回』
2004/08/10 オリト 『宿題』
2004/08/03 敦賀明子 『夢』
2004/07/31 ハーレム・ナイト、ロニー・ヤングブラッド、ミッツィー・ベリー、オマー・A・エドワーズ 『伝統』
2004/07/30 レディー・キム 『握手』
2004/07/24 プレイ・ウィズアウト・ワーズ 『シルエット』
2004/07/16 プレイ・ウィズアウト・ワーズ 『三重眼』
2004/07/11 ボーイズ・トゥ・メン 『Boyz II Men: Side B Review』
2004/07/10 ボーイズ・トゥ・メン 『Boyz II Men: Side A Review』
2004/07/09 ブレンダ・ラッセル 『ソングライター』
2004/07/07 クワマン・ウィズ・スリー・ビックリーズ 『派手』
2004/07/06 ヤンチェン・ラモ、渡辺貞夫 『邂逅(かいこう)』
2004/07/02 東京60ワッツ 『昇天』
2004/06/28 鈴木雅之 『チケット』
2004/06/27 深町純、(ユウエン、和田あきら) 『大海阿故郷』
2004/06/26 アイ 『一番』
2004/06/22 スティーヴィー・ワンダー 『スピーチ』
2004/06/09 オルガン・サミット、ジミー・マグリフ、ルーベン・ウィルソン、ジョーイ・デフランセスコ 『生生粋粋』
2004/06/05 ナチュラリー7 『進化論』
2004/06/04 杉本篤彦バンド 『道』
2004/06/01 メアリーJブライジ 『ドラマ』
2004/05/31 ジェームス藤木&リスペクト・オール・フィーチャリング・イクミ 『美学』
2004/05/30 奥山みなこ 『コンサルタント』
2004/05/29 クリス・ボッティー 『言葉力』
2004/05/28 マッコイ・タイナー・トリオ 『額装』
2004/05/27 N.E.R.D. 『ロック』
2004/05/26 ビッグボーイ・オブ・アウトキャスト 『誤算』
2004/05/24 ジャネット・ジャクソン 『甲斐』
2004/05/23 ミッシー・エリオット、メアリーJブライジetc. 『長丁場』
2004/05/22 深町純 『誕生日』
2004/05/21 ミッシー・エリオット 『超短』
2004/05/20 シャラマー、JT.テイラー、シック 『プレイバック』
2004/05/19 ハーヴィー・メイソン・トリオ、デイヴ・グルーシン 『録音風景』
2004/05/16 妹尾武 『緊張』
2004/05/14 レイラ・ハザウェイ・ライヴ、フランク・マッコム 『軌跡』
2004/05/11 レイラ・ハザウェイ・ライヴ、フランク・マッコム 『適材適所』
2004/05/07 ジョー・サンプル 『ニューオーリンズ』
2004/05/05 ジョー・サンプル 『一期一会』
2004/04/29 ゴスペル・イズ 『迫力』
2004/04/28 TOKU(トク) 『二日酔い』
2004/04/27 アル・ジャロウ 『ウォームアップ』
2004/04/23 Soul Searchin' Talking, James, Kaleb 『感謝』
2004/04/21 佐藤道弘、佐藤通芳、田辺頌山、吉見征樹 『グルーヴ感』
2004/04/20 テリー・キャリア 『吟遊詩人』
2004/04/19 フランク・マッコム 『勉強』
2004/04/17 フランク・マッコム 『ダニー』
2004/04/16 フランク・マッコム 『つづれ織』
2004/04/13 ダイアナ・キング 『ポップ』
2004/04/11 シーラE(前日からの続き) 『底力』
2004/04/10 シーラE 『鼓動』
2004/04/09 サヤ 『チキン』
2004/04/08 エル・ネグロ&ロビー・バンド、デイヴ・ヴァレンティーン 『火花』
2004/04/03 ソウライヴ 『新次元』
2004/04/01 ルーベン・スタッダード 『正統派』
2004/03/31 パパ・グロウズ・ファンク 『アクシデント』
2004/03/30 ミシェル・カミロ 『振幅』
2004/03/25 ノディーシャ 『握手会』
2004/03/20 シャンティ 『オーラ』
2004/03/19 マイク・スターン 『ロングデイ』
2004/03/13 ロビー・デュプリー 『カヴァー』
2004/03/12 ジャムセッション 『ジャムセッション』
2004/03/11 ロイ・エアーズ、ボビー・ハンフリー 『黒さ』
2004/03/10 デイヴィッド・ボウイ 『演技者』
2004/03/09 アーニー・ディフランコ 『研究』
2004/03/06 リタ・クーリッジ 『メインテナンス』
2004/03/04 ジョディー・ワトリー 『決意』
2004/03/03 アイズレー・ブラザース 『内緒』
2004/03/02 アイズレー・ブラザース 『継続』
2004/02/26 スウィートボックス 『前向き』
2004/02/25 ダイアン・リーヴス 『雫(しずく)』
2004/02/23 キング・ブリット,ザ・コズミック・ラウンジ,イバナ・サンティーリ 『クラブ』
2004/02/22 ルーツ・ミュージック・トーク・イヴェントVOL.11 『継続』
2004/02/20 アル・ディメオラ 『蜃気楼』
2004/02/18 杉本篤彦、土井孝幸 『接近』
2004/02/14 宇多田ヒカル 『誇り』
2004/02/13 ケイシー&ジョジョ 『暑熱厚』
2004/02/12 ブラック・アイド・ピーズ 『ハッピー』
2004/02/09 フィリップ&ハンク 『ファンク』
2004/02/05 ハンク・ジョーンズ・トリオ 『上品』
2004/02/04 ボビー・マクファーリン 『魔術師』
2004/02/01 深町純 『凝縮』
2004/01/31 妹尾武 『贅沢』
2004/01/30 サヤ 『クリーン』
2004/01/27 ジョン・トロペイ・バンド 『緊張感』
2004/01/26 哥沢新年会 『冗長』
2004/01/22 タワー・オブ・パワー 『シャンパーン』
2004/01/21 タワー・オブ・パワー 『沸点』
2004/01/20 ノラ・ジョーンズ 『不変普遍』
2004/01/17 ソイソウル 『猛獣使い』
2004/01/08 スティーヴィー・ワンダー 『最長』
2004/01/07 スティーヴィー・ワンダー 『土台』

2003年/2003
開催日 アーティスト タイトル
2003/12/31 スティーヴィー・ワンダー 『引き出し』
2003/12/30 スティーヴィー・ワンダー 『幻』
2003/12/29 スティーヴィー・ワンダー 『2日目のセットリスト』
2003/12/29 スティーヴィー・ワンダー 『余韻』
2003/12/28 スティーヴィー・ワンダー 『神秘』
2003/12/23 ジェームス・ブラウン, マイケル・ジャクソン 『王』
2003/12/21 ゴスペラーズ 『遠恋』
2003/12/13 ジョー 『性魂』
2003/12/11 ジョー・サンプル 『引き算』
2003/12/10 テイク6 『麻薬』
2003/12/05 マリーナ・ショウ 『自由自在』
2003/12/04 ルーツ 『ルーツ』
2003/12/03 タトゥ=t.A.T.u 『ハイプ』
2003/12/02 上原ひろみ 『コネクト』
2003/12/01 上原ひろみ 『歓喜』
2003/11/30 深町純(円道一成ゲスト) 『クロスロード』
2003/11/22 レタス、ミッシェル・ウンデゲオチ 『ヴェクトル』
2003/11/14 マンハッタン・トランスファー 『8歳』
2003/11/11 ミスティーク 『記憶』
2003/11/10 ジェームス藤木&リスペクト・オール 『恫喝』
2003/11/10 ワンダラーズ 『恫喝』
2003/11/08 山下洋輔 『カタチ』
2003/11/04 ボビー・コールドウェル 『ランデヴー』
2003/10/31 ケイリブ・ジェームス、エボニー・フェイ 『ことわざ』
2003/10/30 アーマッド・ジャマル 『集中』
2003/10/29 アーマッド・ジャマル 『宝石』
2003/10/28 リアル・ブラッド 『阪神が負けた夜に』
2003/10/27 アシャンティ 『ライヴとマイムの間に』
2003/10/23 クレイグ・デイヴィッド 『レッドゾーンを超えたライヴ』
2003/10/21 クープ 『クープ』
2003/10/16 ロニー・リストン・スミス 『宇宙のオーラ』
2003/10/11 シャカ・カーン 『唯一無比の声』
2003/10/10 クルセイダーズ 『再会の演出』
2003/10/09 クルセイダーズ 『ウォーリッツァーの初体験』
2003/10/04 ジェームス・ブラウン 『"A"の叫びが始める物語』
2003/10/03 ジェームス・ブラウン 『神様』
2003/10/01 ピーボ・ブライソン 『赤い薔薇を配る観客の僕』
2003/09/22 ジュン&アキオ 『サプライズ』
2003/09/19 リズ・ライト 『月』
2003/09/17 ノディーシャ 『再結成』
2003/09/12 アイ 『階段の頂上にあるもの』
2003/09/10 リアル・ブラッド 『満月の夜がもたらすもの』
2003/08/20 ロイ・エアーズ 『舞』
2003/08/17 マーカス・ミラー、レイラ・ハザウェイ、テイク6 『レガシーの影』
2003/08/13 マキシ・プリースト、シャギー 『視点』
2003/08/08 サヤ 『チキン』
2003/08/06 キップ・ハンラハンズ・コンジュア 『魔術師』
2003/08/06 ニュー・エディション 『全身全霊』
2003/08/05 ニュー・エディション 『保守本流』
2003/07/31 クリスタル・ケイ 『クリスタル』
2003/07/31 フェミ・クティ&ザ・ポジティヴ・フォース 『ダイヤモンド』
2003/07/23 ネオ・ドット・ジェイピイ 『苛斂誅求』
2003/07/22 アルドワン、ジョイス 『熱厚暑』
2003/07/19 ザ・ガッツ 『魂汗涙』
2003/07/17 ピーチェス&ハーブ 『イヴェント』
2003/07/16 ケリー・クラークソン 『恵』
2003/07/03 ラリー・カールトン 『共有』
2003/07/09 モナーク・レーベル3組 『最年少』
2003/07/06 マライア・キャリー 『カラフル』
2003/07/07 マッコイ・タイナー・トリオ 『シガー』
2003/07/05 ゴスペラーズ 『そよ風』
2003/05/09 マッスル・ミュージカル 『筋肉、その無限の可能性』
2003/02/14 レイラ・ハザウエイ 『裸足のディーヴァ』
2003/02/10 ナッシング・バット・ザ・ファンク 『リアル・ミュージックの逆襲』
2003/02/05 ボーイズ・トゥ・メン 『少年から大人への条件』

2002年/2002
開催日 アーティスト タイトル
2002/11/15 プリンス 『孤高のファンク詩人』
2002/10/03 インディア・アリー 『トラヴェラーズ・クロッシング』
2002/09/07 ノラ・ジョーンズ 『ヴェイカントな夜』
2002/08/22 クーリーズ・ホット・ボックス・F・アンジェラ・ジョンソン 『奇声とラップ』
2002/06/18 ミッシェル・ンデゲオチェロ 『人を目覚めさせる鳥』
2002/05/28 ナタリー・コール 『心の変遷、ここに』
2002/05/15 テイク6 『鎧をまとい始めたネイキッド・メディア』
2002/04/09 ジョー・サンプル 『宇宙のように大きな背中』
2002/03/22 ジェームス・ブラウン 『動から静への瞬間移動』
2002/03/13 メアリー・J・ブライジ 『抑圧からの解放』
2002/01/21 チャーリー・ハンター 『手品師の鉄則』
2002/01/17 ジャネット・ジャクソン 『ジャネットのマジック』
2002/01/13 レイ・グッドマン&ブラウン 『一本のタオルでつながるふたりの絆』

2001年/2001
開催日 アーティスト タイトル
2001/07/27 ドロシー・ムーア 『ホーム・ゴーイングの涙』
2001/04/10 トゥーツ・シールマンス 『熱く美しき138歳のハグ』

2000年/2000
開催日 アーティスト タイトル
2000/10/19 ミシェル・カミロ&トマティート 『火花のシャワー』

1999年以前/-1999
開催日 アーティスト タイトル
1999/06/08 ジョー・サンプル&レイラ・ハザウエイ 『魔術師の指』
1994/11/28 タック&パティー 『感動のリサイクル・マシン』
ライヴ評 吉岡 正晴
|Home|
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト