NO701
2004/07/07 (Wed)
Kuwaman With Three Bicrees Are Fun Fun Fun
派手。

いやいやいや。まあ、楽しい楽しい。以前一度ライヴを見たが、あのスリー・ディグリーズを下敷きにした女性3人組、その名もスリー・ビックリーズが、あのクワマンこと桑野信義氏に率いられ、CDデビュー。そのお披露目ライヴがあった。まあ、一言で言えば、お笑いソウル・グループか。前回見た時は、カラオケテープだったと思うが今回はフルバンドをバックに登場。いきなりランクアップ! だ。

振り付けやら、化粧やら、衣装やら、節々のセリフやらで、チェリー、ヴァニラ、ハブの3人とクワマンさんはとにかく笑わせてくれる。しかも今回は、ドラムス、ギター、ベース、キーボードに4人のホーンセクションという8人のバックバンド体制。これにスリー・ビックリーズ3人とクワマンで計12人がオンステージだから、派手派手。

オリジナル以外は、タヴァレス・ヴァージョンの「モア・ザン・ア・ウーマン」、スリー・ディグリーズの「にがい涙」(日本語盤)、マーヴィンの「ホワッツ・ゴーイン・オン」、マリリン・マックー&ビリー・ディヴィス・ジュニアの「星空の二人」など。特に、「星空の二人」での、クワマンの声は、ビリー・ディヴィス系の声になっていて、あっているように思えた。「星空の二人」、英語なまりの日本語ヴァージョンでもいいかもしれません。

途中の寸劇というか、コントなんかも、場慣れしてるだけあって、お手の物。トークと歌と踊りと、コントで、1時間20分楽しめます。(笑) 忘年会とかに彼ら呼んだら、絶対受けますね。(笑) お笑いの合間に歌あり・・・。そんなことはないか・・・。(笑) 

CDはインディから7月7日に発売されたもので、タイトルは『恋のモーレツラッパ吹き』。今後も、7月はかなりのライヴの予定がはいっています。詳しい予定などは下記で。

http://www.japanmusic.jp/em/k3b

ライヴが終った後、メンバーが客席にでてきた。ヴァニラちゃんに聞いた。「それ(顔を3人とも昔のラッツのように黒く塗っている)って、やっぱり靴墨なの?」 「いやあ、ちがうんですよ。さすがに靴墨だと、お肌に悪くて。今ではドーランを何度か塗ったりするんです」 な〜〜るほど。あと彼女は、ソロとしてもジャズなんか歌ってるんですね。へええ、やはりいろいろやってるんだ。伊達にお笑いだけじゃないんですね。(笑)

http://www.art-makoto.co.jp/hitomi/

趣味で始めたグループがCDまで出して、しかもデビュー・ライヴまでやっちゃうんだから、たいしたもんだ。それにしても、みんな派手派手です。

(2004年7月6日火曜、赤坂Bフラット=クワマン・ウィズ・スリー・ビックリーズ)

ENT>MUSIC>LIVE>Kuwaman With Three Bicrees

Diary Archives by MASAHARU YOSHIOKA
|Return|