NO.527
2004/01/30 (Fri)
Piano Live Three Days: Day One: A Night With Saya
クリーン。

映画「ミスティック・リヴァー」から始まり、イーストウッドの『ブルーズ・ピアノ』、さらにデューク・エリントンの「メランコリア」、ノラ・ジョーンズの「アイ・ドント・ミス・ユー・アット・オール」、そして、ジャズピアノ40枚組セットと、いやにピアノづいている今週ですが、なんと今日から3日間、ピアノライヴが続きます。ピアノライヴ、3デイズ! サヤ、妹尾武、深町純だ。みなそれぞれスタイルが違うからおもしろい。

まず、デイ・ワンは、約半年振りのサヤ。今回は大阪出身の魚谷のぶまさ(ベース)、加納樹麻(ドラムス)とのトリオ。会場は東京勝どきにあるトリトンスクエア内の第一生命ホール。初めて来たが、実にきれいな収容人数約800の会場だ。天井が非常に高く、音が異様にライヴ。かなり反響があった。アンコールを含め全14曲、1時間42分。

やはり全体的にはオリジナルの作品がいいメロディーを持っていて、印象が強い。3曲目に新曲「ブルーム」を披露したが、これがなかなかよかった。

ちょっと気が付いたこと。グルーヴ感のある「マホガニー」さらに、「イントゥ・ザ・スカイ」が一番最後の部分にでたが、これをもう少し前のほうに持ってきたらどうだろうか。メロディーがきれいな曲が多いので、どうしても、じっくり落ち着いて聴いてしまい、彼女のグルーヴ感のあるピアノを忘れてしまう。そして、オリジナル曲のメロディーが美しいものが多いので、ひとつまちがえると安易なイージー・リスニングになってしまう危険性がある。ここは、やはり元ネヴィル・ブラザースのバンドの一員としてのソウルあるところを見せて欲しい。どうまちがっても、リチャード・クレイダーマンにはなって欲しくないと思った。なるとしたら、ジョー・サンプルの方向に行って欲しい。

ビル・エヴァンスで知られる「アワ・デライト」がフォービートでかなりジャズっぽい雰囲気だったが、ジャズ風は唯一この曲だけ。この路線もう1曲くらいあってもいいかもしれない。

今回のライヴの印象は、全体的にきれいで、クリーンという感じだった。

今回のツアーでは、ライヴ後にCDが飛ぶように売れるという。おそらく、まだCDを持ってない人で、なんらかのきっかけでライヴに来て、とても心地よかったので、彼女のCDを買おうと思った人が多いようだ。ということは、彼女の音楽はたくさん露出すればするほど売れる可能性が高い、ということでもある。ライヴ終了後、サイン会をすると告知したところ、少なくとも40人が列を作ってサヤのサインをもらうのを待っていた。

ふと通路を見ると、本日演奏された曲目がしっかり張り出されていた。お客様にフレンドリーです。

セットリスト

show started 19.26

1. 花のワルツ (チャイコフスキー)
2. カム・トゥゲザー (ビートルズ)
3. ブルーム (オリジナル=新曲)
4. アワ・デライト (ビル・エヴァンスなど)
5. 別れの曲 (ショパン)
6. ジャスト・ザ・トゥ・オブ・アス (グローヴァー・ワシントン/ビル・ウィザース)
7. オーヴァー・ザ・レインボウ (ジュディー・ガーランド)
8. アイ・ウィッシュ (スティーヴィー・ワンダー)
9. エタニティ (オリジナル=『ビューティフル・デイ』から)
10. マホガニーのテーマ (ダイアナ・ロス)
11. イントゥ・ザ・スカイ (オリジナル=『ビューティフル・デイ』から)
12. チキン (ジェームス・ブラウン)

アンコール

13. ダンス・ユア・ハート (オリジナル=『ダンス・ユア・ハート』から)
14. ウィッシング・ウェル (オリジナル=『ビューティフル・デイ』から)

show ended 21.08


(2004年1月29日木曜=東京・勝どき第一生命ホール=サヤ・ライヴ)

ENT>MUSIC>LIVE>Saya


Diary Archives by MASAHARU YOSHIOKA
|Return|