★ワンダラーズ&ジミー・クール・ジュニア

★Wanderers (Han-derers) & Jimmy Cool Jr. Live @ Street Cafe

【ワンダラーズ&ジミー・クール・ジュニア】
小1男の子
昼過ぎに4月に再オープンした三軒茶屋のソウルバー、ストリート・カフェの長野さんからメールがきた。今日ワンダラーズの小規模編成のハンダラーズのライヴをやるので、ぜひ来てください、この前の小1の勇也も何曲かやります、とのこと。しかもこの小1勇也くん、今日はギターを弾きながら歌うという。
この日のハンダラーズは、ギター2、ベース、パーカッション、ヴォーカル隊は4人。ごきげんなロックン・ロールとソウルのヒットを手馴れた調子で次々と披露。来月は銀座ケントスに出演だそうで。ケントスにはどんぴしゃだ。
そして中盤、小1勇也君登場。ギターは、子供用のミニ・ギター。いきなり、「ムスタング・サリー」かい。ほんと、いっちょうまえ。驚く。次々とやるのだが、詳しくはセットリストを。すべての曲を、耳で覚えるという。歌詞もギターのフレーズも。MCとのからみトークも、ほとんどからまず(笑)、ひたすらギターと歌。もちろん、歌とか、発音、音程などはずれてしまうところもあるのだが、やはり、こうした曲を6歳の子がやっている「絵」だけで、こちらとしては驚かされる。勇也君の後、(笑)MCのケンさんも「やりにくいよ~(苦笑)」。
長野さんによると、彼もこの勇也君がギターを弾くことはこの日の午後リハになるまで知らずに、そこでスモーキーの「ユーヴ・リリー・ガット・ア・ホールド・オン・ミー」のイントロのギターのリフを弾いて聴かせたら、すぐにそのフレーズを真似て弾いて、驚いて僕にメールしてきた、という。
勇也君、芸名ができた。「ジミー・クール・ジュニア(Jimmy Cool Jr.)」だ。これはクールズ・ファンでミュージシャンのお父さんが「ジミー・クール」で、その息子さんだから、ジュニアというわけ。それにしても将来どうなっていくのだろうか。

勇也君6歳
April 12, 2008
James Fujiki & Friends @ Street Cafe
http://blog.soulsearchin.com/archives/2008_04_12.html
■ メンバー (ハンダラーズ)
和田ジョージ(ヴォーカル、ギター) 後藤ナオキ(ヴォーカル、ギター) 清水ケン(ヴォーカルMC)沼地K一郎(ヴォーカル) サブ(パーカッション)
鈴木勇也(ジミー・クール・ジュニア)(ヴォーカル、ギター)
■セットリスト ワンダラーズ
Setlist : Han Derers(Half of Wanderers)
Show started 22:12
01. Poison Ivy [Coasters]
02. Charlie Brown [Coasters]
03. Happy Birthday
04. 16 Candles [Crests]
05. Fools Fall In Love [Drifters]
06. Come Go With Me [Dell-Vikings]
07. My Girl [Temptations]
~~Yuya on stage
08. Mustang Sally [Wilson Pickett]
09. Try A Little Tenderness [Otis Redding]
10. バースデイ (クールス)
11. Stand By Me [Ben E.King]
12. Sweet Soul Music ~ 涙のベイビー・コール(クールス)
13. Slow Down [Larry Williams]
14. You’ve Really Got A Hold On Me [Smokey & The Miracles]
~~Yuya off stage
15. Wonderful World [Sam Cooke]
Enc. Shake A Tail Feather [Five Du-Tones]
Show ended 23:10
(2008年6月29日日曜、三軒茶屋ストリート・カフェ=ハンダラーズ・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Wanderers (Handerers)
This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.