○ボーイズ・トゥ・メン~壮大なるカラオケ・ショウ:涙のトラック

[2008/05/17]

○Boyz II Men: Tears Of My Tracks ~ Money That’s What They Need

(ライヴの内容について書かれています。これからライヴをごらんになる方は、ご注意ください)
【壮大なるカラオケ・ショウ~ボーイズ・トゥ・メン:涙のトラック】
カラオケカラオケ
4人組日本人Jポップ・コーラス・グループがトラック(カラオケ)で前座として4曲やったときから、ステージは楽器もなくスカスカでどうなることかと思ったが・・・。ボーイズたちがでてきても、なんとまさかのカラオケ(トラック)・ショウ。武道館のフル・ショウでカラオケ・ショウは前代未聞だ。
アメリカの人気コーラス・グループ、ボーイズ・トゥ・メンの武道館公演。武道館6割くらいの入りか。2003年以降、マイケル・マッケーリーが正式脱退し3人組に。1994年の初来日以来、今回で11回目の公演。僕が前回見たのは2004年(6回目)だった。2005年4月、2005年11月、2007年1月とタイミングを逸して見ていない。カラオケということに度肝を抜かれたが、前回公演でもやっていたライヴ後にアーティストと会えて写真なども撮れる「バックステージ・パス」を、今回も売っていたという話にダブルで驚いた。前回は200名限定でそのバックステージの料金が7500円。今回はいくらだったんだろう。
さて、肝心のライヴだが、今回はカラオケのせいか、とにかく音が悪い。(本当はカラオケだから音が悪いということはない。要はミキサーが悪いのだろう) バスドラとベースの音がわんわん響いて、ヴォーカルも最初のうちはほとんど聴こえない。小さなクラブ系のところや、無料のショーケースだったらこれでもいいだろう。しかし、よりによって「世界の武道館」でこれはないだろう。こんなに音の悪い武道館は、30年くらい前のヴィレッジ・ピープルのライヴ以来かも。(笑)あのときも、気持ち悪くなってしまったなあ。(笑)
もちろん、このライヴで評価すべきところもある。多くの曲でビデオ映像を使い、ヴィジュアル的に見せていたこと。「ウォー」のビデオはよかった。(でも、「ウォーター・ランズ・ドライ」なんかは、4人が映っていて、今や3人組となった彼らがステージにいると、なんだかなあ、という気になる) 何曲かでしっかりとした振り付けをしていて、観客をエンタテインしていたこと。(テンプス曲の振り付けなど大変よろしい) 3人の歌声はしっかりして、歌は聞かせてくれたこと。よかったのは、選曲。新旧の彼らのヒットと、最新作でソウル・カヴァーをやっていたので、そのあたりをうまく盛り込んだこと。「アイル・メイク・ラヴ・トゥ・ユー」での定番バラのプレゼント。しかし、そんなプラス・ポイントもカラオケ(トラック)でやるというだけで、全部一挙にマイナスだ。こうなると、彼らは前回のライヴ評で危惧したようにもはや「オールディーズ・グループ」になってしまうのか。
しかし、驚くのはまだはやい。なんとこのカラオケ・ショウで「ワールド・ツアー」に出ているらしい。日本のプロモーターは武道館でカラオケでやると知っていたのだろうか。知っていたとすれば、随分となめられた話だ。残念なのが、彼ら3人がちゃんと歌っていて、そこそこのパフォーマンスをがんばってみせている点。これでバンドや、コーラス、ダンサーなどがつけば悪くはない。アメリカ側のマネージメントが金儲けしか目がないのだろうか。ほんと、才能ある連中なのにもったいない。プライドはどこへ。No Pride, No Gain。日本のプロモーターもしっかりしてください。手抜きのカラオケだったら、ギャラ半額、チケットも半額とか。
(註) 小見出しのTears Of My Tracks は、「トラック(カラオケ)でやってるライヴに悲しみの涙」というニュアンスです。Money (That’s What They Want)は、「彼らが欲しいものは金」という意味。どちらも彼らがこの日歌った作品からとってあります。
■ 今後のツアー予定
2008年5月16日(金) 日本武道館
5月18日(日) 福岡サンパレス
5月19日(月) 長崎ブリックホール 大ホール
5月21日(水) 神戸国際会館こくさいホール
5月24日(土) 大阪国際会議場 メインホール
■ 来日履歴
1)1994年11月 武道館他
2)1997年12月 武道館他
3)1998年11月 『モータウン40』イヴェント 東京ドーム
–)2000年11月 プロモーション来日
4)2001年01月 武道館他
5)2003年01月 武道館他
6)2004年06月 国際フォーラム、渋谷公会堂他
7)2005年04月 東京ベイNKホール
8)2005年11月 大阪ブルーノート
–) 2006年10月 プロモーションで来日。ヴェルファーレでショーケース
9)2007年01月 渋谷公会堂他
10)2007年07月 イヴェント出演 幕張メッセ
11)2008年05月 武道館他
(他に漏れているものがありましたら、お知らせください= soul_searchin_the_session@yahoo.co.jp )
■ 過去記事
2003/02/06 (Thu)
Boyz II Men: War is not the answer
http://www.soulsearchin.com//soul-diary/archive/200302/diary20030206.html
2003年2月5日水曜・日本武道館~『少年から大人への条件』
http://www.soulsearchin.com/entertainment/music/live/boyz20030205.html
2004/07/10 (Sat)
Boyz II Men Live At Kokusai Forum A: So Many Soundtrack To Everybody’s Life
http://www.soulsearchin.com//soul-diary/archive/200407/diary20040710-1.html
2004/07/11 (Sun)
Boys II Men Live At Kokusai Forum A: A Road To Las Vegas
http://www.soulsearchin.com//soul-diary/archive/200407/diary20040711.html
(前回ソウル・サーチャーが見たときのライヴ評。)
■ メンバー
BOYZ II MEN:Wanya Morris、Shawn Stockman、Nathan Morris
[Sing to tracks]
■ セットリスト ボーイズ・トゥ・メン(トラック・ショウ)武道館
Setlist: Boyz II Men @ Budoukan, May 16, 2008
[ ] indicates original artist
Show started 19:30
00.    Video /
01.    Intro / Thank You (snippet)
02.    Motownphilly
03.    Muzak
04.    On Bended Knee
05.    Perfect Love Song
06.    Four Seasons Of Loneliness

07.    Tracks Of My Tears [Smokey Robinson & Miracles]
08.    Just My Imagination [Temptations]
09.    Mercy Mercy Me [Marvin Gaye]
10.    War [Edwin Starr]
11.    Money (That’s What I Want) [Barrett Strong]
12.    It’s The Same Old Song [Four Tops]
13.    Reach Out I’ll Be There [Four Tops]

14.    Please Don’t Go
15.    Uhh Ahh
16.    Here I Come
17.    Water Runs Dry
18.    Color Of Love
19.    I’ll Make Love To You
20.    A Song For Mama
21.    Pass You By
22.    It’s So Hard To Say Goodbye [G.C.Cameron]
23.    End Of The Road
Enc. Motownphilly
Show ended 21:06
(2008年5月16日金曜、武道館=ボーイズ・トゥ・メン・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Boyz II Men
2008-81