○シーラE・ライヴ

○Sheila E. & Friends Live At Blue Note

【シーラE・ライヴ】
プリンス。
やはり、シーラEは、プリンスの曲をやると、抜群に映える。前回のライヴが、女性メンバーばかりのC.O.E.D(コード)だったので、2曲目に「ゲット・オン・ザ・ボート」をやられたのにはまいった。(笑) 確かにコードは、実験的ではあり、シーラEのミュージシャンとしての立ち位置などもいいのだが、やはり体は、プリンスをやるシーラEを欲している。反応は正直なのだ。(笑) 「ゲット・オン・ザ・ボート」はしばらく前からやっているそうだが、シーラ曰く「もう、まるで私の曲みたいに感じてるわ」とのこと。
すっかりドラマーになったシーラ、そのほかのミュージシャンとの自由なジャムもお手の物。彼女の大ヒット「ラヴ・ビザール」では、途中に「スーパースティション」のフレーズをちりばめたり、ピアノ、ギター、ベースなどにソロ・パートを与えたりして、自由度の高いジャジーなアレンジを見せる。最後は、この曲をスローにして終えた。
確実でいつも抜群ののりを見せるベースは、レイモンド・マッキンリー。しばらく前に、アン・ヴォーグ、ラサーン・パターソンでも来日していた。シーラはメンバー紹介の時に、「25年来の友人」とレイモンドを評した。また、ケネス・クラウチもシェリル・リン、ラサーン・パターソンで来日。このあたりのメンバーはまちがいない人選だ。
「今日のシーラEのスペシャル・ドリンク、飲んでいる人、いるかしら? あ、いたわ。では~」といってその人のところに行き、乾杯し、ドラム・スティックをプレゼントした! もうひとり、そのドリンクをオーダーしていた人を発見したら、わざわざステージのドラムスのところに行き、スティックを取ってから、その人のもとへ。大サーヴィスだ。
ライヴが終わったら、ブレンダ・ヴォーンに声をかけられた。最初からいたらしい。ブレンダはもちろんオークランドつながりで、シーラやレイモンドたちとお友達。なんと、ブレンダから大ニュースが。9月の東京ジャズで、海外から来るとあるソウル・シンガーとデュエットすることになったそうだ。東京ジャズのラインアップは一部発表されているがそのシンガーはまだ、公表されていない。
下記セットリストは、レイモンドの手助けを得て作った。Thanks, Raymond!
次回彼に会うのは、来月ビルボードにやってくるココ(元SWV)、ニッキ(元ブラウンストーン)、シャニースの3人でのショーだそうだ。

■ シーラEといえば、ファースト『グラマラス・ライフ』(1984年)

The Glamorous Life
The Glamorous Life

posted with amazlet at 08.05.05
Sheila E.
Warner Bros. (1987-07-16)
売り上げランキング: 35078
■シーラE・ソウル・サーチン過去記事
August 11, 2006
Sheila E’s New Band: C.O.E.D Debut
http://blog.soulsearchin.com/archives/001193.html
(前回来日ライヴ評)
2004/04/10 (Sat)
Sheila E Live @ Duo: Heartbeat From Ancient Times
http://www.soulsearchin.com//entertainment/music/live/diary20040410.html
2004/04/11 (Sun)
Sheila E Live: “River God” Makes Her Tears
http://www.soulsearchin.com//entertainment/music/live/diary20040411.html
(前々回来日ライヴ評)
■ メンバー
シーラ・E.(ドラムス、パーカッション、ヴォーカル)Sheila E.(ds,per,vo)
ウェズリ-・クエ-ヴ(リード・ヴォーカル)Wesley Quave(lead vo)
ケネス・クラウチ(キーボード)Kenneth Crouch(key)
ジャスティン・アヴェリー(キーボード・ヴォーカル)Justin Avery(key, vo)
ティム・スチュワート(ギター)Tim Stewart(g)
レイモンド・マッキンリー(ベース)Raymond McKinley(b)
■ セットリスト シーラE&フレンズ
Setlist : Sheila E. & Friends @ Blue Note, Tokyo, May 4th, 2008
(Special thanks to Raymond McKinley for complete setlist)
Show started 21:07
01. Intro
02. Victory
03. Get On The Boat [Prince]
>Introducing Band
04. Yellow Cello
05. Oliver’s House
06. A Love Bizarre ~ A riff of “Superstition”
07. This Little Light Of Mine (I’m Gonna Let It Shine)
08. Hand Sonic (Improvisation using electric percussion)
09. You Haven’t Done Nothing (Justin)[Stevie Wonder]
10. Closer
11. Latin Song (Odorimasho)
12. Waters Of Life
Enc. The Glamorous Life
Show ended 22:42
(2008年5月4日日曜、東京ブルーノート=シーラE&フレンズ・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Sheila E. & Friends
2008-73
This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.