☆ベン・シドラン&ジョージ・フェイム・ライヴ

☆Ben Sidran & Georgie Fame Live : Two Cool Dudes Are Too Cool

【ベン・シドラン&ジョージ・フェイム・ライヴ】
かけあい。
これまであまりジョージ・フェイム、ベン・シドランの音楽に触れる機会はなかったのだが、今回『ソウル・ブレンズ』にゲストでやってきたことをきっかけにCDを聴き、ライヴに行き、ものすごく気に入った。僕がふだん聴いているブラック・ミュージックとは一味もふた味も違うが、そのルーツに黒いもの、昔のリズム&ブルーズがあるのはよくわかる。また、ジャズをベースにしていて、特に1960年代のリアル・ミュージックをやっているところがたまらなく素敵だ。
ベンも、ジョージも、ともに60歳を超えるが(2人とも1943年生まれ)実に小粋な男(The Dude)たち。日本風に言えば、「ちょい悪」か。2人のモノローグ(語り・セリフ)のやりとりなども、もっと英語がわかればより理解できるであろう、楽しいものだった。一言で言えば、ニューヨークのイースト・ヴィレッジのカフェあたりで聴く、ジャズ・ライヴ・プラス・ポエトリー・リーディング会のような雰囲気を醸し出す。まさにコットン・クラブが、ヴィレッジのカフェに変身だ。
観客は、リアルタイムで聴いていたファンから、比較的若い層まで幅広い。ドラムス、アコースティック・ベース、ピアノと歌(ベン・シドラン)、キーボード(オルガン)と歌(ジョージ・フェイム)、サックスの編成。
どれもテンポの小気味良い作品が中心で、語りと歌のバランスが抜群。イントロなどのセリフは、ベンとジョージでその場でアドリブでやっているという。ベンに「まさにジャズですね」と言うと、「その通り、ジャズ、トーク・ジャズ、トーキング・ジャズといったところだ」と答えた。
ジョージ・フェイムのオルガン、ベン・シドランのピアノ、そして2人の掛け合いは最高だ。「ジョージ、君が最後に日本に来たのはいつだ?」 「一緒に来たのはいつだ?」「1993年、もう15年前だな」そんなやりとりから、レイ・チャールズの「イット・シュドヴ・ビーン・ミー」へ。 
ジョージ・フェイムは、イギリスでは初期のブルー・アイド・ソウルのアーティストとして一世をふうびした。彼の大ヒット「イエー・イエー」は、もともとラテン系のモンゴ・サンタマリアが1963年にアルバム『ウォーターメロン・マン』で録音し、その後1964年、フェイムらが録音、全英1位に。最近ではマット・ビアンコもカヴァーしていることから、新しいファンでもなじみ深い。そして彼らのサウンドはまさにモッズ・サウンド。
7曲目の「ジャンピン・ウィズ・シンフォニー・シド」の「シンフォニー・シド」は、1940年代から長い間ニューヨークのラジオシーンで活躍した有名なジャズDJ。レスター・ヤングが書いた曲。といった解説をしながら、ライヴは進行した。
ところで2人ともレイ・チャールズが大好きということがわかった。レイの作品が3曲も歌われた。(下記セットリスト参照)
また、ファースト、セカンドで微妙にやる曲が変わる。そのときの気分で、変えているようだ。なにせジャズ・マンたちだから。初日のセットリストではファーストとセカンドで同じ曲は2曲しかなかったという。これはマニアは両セット聴きたくなるにちがいない。
■ ベン・シドラン & ジョージィ・フェイム "トゥギャザー・アゲイン"
Ben Sidran(p,vo), Georgie Fame(org, vo), Jeff Hamann(b), Bob Malach(sax), Leo Sidran(ds)
■ライヴは、3月20日(木曜)までコットン・クラブ。
■セットリスト ベン・シドラン&ジョージ・フェイム
Setlist : Ben Sidran & Georgie Fame @ Cotton Club, March 18,2008
(For setlist, special thanks to Ms.Sasaki Kanako @ Cotton Club)
Show started 19:30
01. Folio
02. Turn To The Music
>(Georgie came on the stage)
03. It Should Have Been Me [Ray Charles]
04. Yeh Yeh (including a riff of “What’d I Say”, “Watermelon Man”)
05. Girl Talk
06. But Not For Me [Gershwin, Chet Baker]
07. Jumpin’ With Symphony Sid [covered by Van Morrison, Joe Jackson]
08. Mitsubishi Boy
09. I Had A Dream
10. I Wanna Know or I Want To Know [Eddie Cochran, Ray Charles]
11. Georgia On My Mind [Ray Charles]
12. End Theme
Enc. (Medley) Life’s A Lesson – On The Cool Side (Ben only)
Show ended 20:22
(2008年3月18日火曜、丸の内コットン・クラブ=ベン・シドラン&ジョージ・フェイム・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Sidran, Ben / Fame, George
2008-41
This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.