▼セリーヌ・ディオン・ライヴ

▼Celine Dion Live At Tokyo Dome: Confidences Sparks On The Stage

(若干ネタばれになります。これからごらんになるかたは、ご注意ください)
【セリーヌ・ディオン・ライヴ】
自信。
東京ドームで2日、9年ぶりのセリーヌのライヴ。前回同様ステージをアリーナの中央に持ってきて、東西南北どちらに向けても歌う。舞台下からのせりあがりが上がったり、下がったりしてミュージシャンやシンガーたちを動かす。ほぼ正方形のステージの上にはテレビモニター数台とスクリーン。最近多くの大規模ライヴがそうであるように、映像と音楽のリンクが次々と押し寄せ、見る側を飽きさせない。
ナンバーワン・ディーヴァとしての自信をもった堂々とした歌いっぷり。特に熱唱系は、「どうよ、どうなの」という思い切り押して押して聴かせるところが徹底している。そして5万人が彼女1人を凝視する。5万人に凝視されているという感覚はどんなものなのだろう。
プログラムは大きく4つのセクションに分けられる。最初が「ロック」、続いて「パッション」、さらに「ファッショニスタ」、最後が「ソウル」だ。(下記セットリスト参照)そのたびごとにセリーヌは衣装を変える。大変よく練られた構成、演出だ。通常のバンドのほかに10人程度のダンサーがところ狭しと踊る。音数が多い曲の場合(ちょっとロック調の曲など)は、さすがにドームだけに音がワンワンして厳しいものがあったが、シンプルなバラードものは、セリーヌの声が東京ドーム中に響き渡る感じで圧巻だった。ヒット曲も多数あり、2時間弱のライヴは概ね好意的に見られることだろう。
「ア・ワールド・トゥ・ビリーヴ・イン」では伊藤由奈がでてきて、セリーヌと一緒に歌ったが堂々としていて感心した。きっと、彼女にとってはこの5万人の前で歌ったことがまたまた大きな自信になるだろう。すでに大いなる自信を持ち、それを存分に見せつけたセリーヌ。そして、このコラボによってこれから大いなる自信を持つであろう伊藤由奈。東京ドームのステージの上で、伊藤由奈はセリーヌから「自信」というバトンを受け継いだかもしれない。新旧の「自信」がスパークした瞬間だ。
個人的には、「ソウル」のシーンでいくつかソウル・ヒットがメドレー形式で歌われたのだが(下記セットリストで22から24)、どれもぜんぜんソウルっぽくなくておもしろかった。
■ コンプリート・ベスト
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00127ISN6/soulsearchiho-22/ref=nosim/
■セットリスト
Setlist : Celine Dion @ Tokyo Dome, March 8, 2008
“Taking Chances” Tour Setlist
show started around 19:20
“ROCK”
01. Open Video
02. I Drove All Night [Cyndi Lauper]
03. I Got The Music In Me [Kiki Dee]
04. The Power Of Love
05. Taking Chances
06. It’s All Coming Back To Me
07. Because You Loved Me
08. To Love You More
“PASSION”
09. Musical Spanish Segue
10. Eyes On Me
11. All By Myself [Eric Carmen]
“FASHIONISTA”
12. Musical Intro (Remix)
13. I’m Alive
14. Shadow Of Love (New)
15. Fade Away (New)
16. I’m Your Angel (duet with male singer)
17. Alone
18. Pour Que Tu M’aimes Encore
19. A World To Believe In (duet with Ito Yuna)
20. Tribute to Queen section: We Will Rock You
21. Show Must Go On
“SOUL”
22. Band Jams Medley : Sex Machine – Soul Man – Lady Marmalade – Sir Duke – Respect -
23. I Got The Feelin’ [James Brown]
24. It’s A Man’s Man’s Man’s World [James Brown]
25. That’s Just The Woman In Me
26. Love Can Move Mountains
27. River Deep Mountain High [Ike & Tina Turner]
Encore. My Heart Will Go On
Show ended 21:02
(2008年3月8日土曜、東京ドーム=セリーヌ・ディオン・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Dion, Celine
2008-34
This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.