◎シック・ナイル・ロジャーズ、バーナード・エドワーズの命日にライヴ~12月年末カウントダウンに再

◎シック・ナイル・ロジャーズ、バーナード・エドワーズの命日にライヴ~12月年末カウントダウンに再来日を発表
【Nile Rodgers : Live On Bernard’s Passing Day】
命日初日。
ファーストが押したということで、ちょっと遅れてまずナイル・ロジャーズが楽屋から一人ででてきて、観客のファンとあいさつをしながら、少しずつステージに。ファンから握手を求められたりして、なかなかステージまでいけない。そして、やっとステージにたどり着くと、楽屋出口で待機していたミュージシャンたちが、全員白のスーツに身を包み、ニューオーリーンズ風鼓笛隊のごとく、列を成して音を出しながら、ステージに向かう。いよいよシックのライヴの始まりだ。
ベースとドラム、その他の楽器が一気に音を出すと、もう1曲目にもかかわらず、そして初日もかかわらず満席の観客は総立ち。パーティーが始まった。
昨年の2度の来日を含め、通算13回目の来日。なんと前回は4月18日が最終日だったが、今回は初日が4月18日。4月18日は、もちろん、盟友親友バーナード・エドワーズの命日だ。
昨年は癌の手術をしてから初めてのライヴ・ツアーで、周囲も心配したが、今年は元気いっぱいの様子。冒頭でファンにあいさつをしながらステージにあがるだけでなく、ライヴ終了後も、逆サイド(入って奥側)からファンにもみくちゃにされながら、一人一人と話をしながら、楽屋までゆっくりと戻っていく。大サーヴィスぶりだ。
そして、楽屋に戻り、一息つくと、すぐに上の階でサイン会。ファンとのふれあいが本当に好きなんだな、と思う。
オリジナル。
ナイルが観客に尋ねる。「今日、初めてシックを見る人?」 すると何人かが手を上げた。1割もいないのではないか。まあ、恥ずかしくて手を上げなかったのかもしれないが、それでも、3割も「初めてのシック(ハジシク)」はいない様子。それだけリピーターが多いということだ。そして、続けて言った。「みなさんはごぞんじないかもしれませんが、今日ここで僕たちがプレイしている曲はすべて僕が、あるいは僕とパートナーのバーナードで、書いた曲なのです。僕たちはカヴァー・バンドじゃないんです。オリジナル・プレイヤーがプレイしています」
ヒット曲メドレーはとにかく盛り上がる。
この日ちょっとしたハプニングがあった。12曲目の「オープン・アップ」が終わった後、ラルフが歌う「レッツ・ダンス」に行くところで、フォラミとキムの女性シンガーが着替えて戻ってくるはずだったが、着るものにトラブルがあり、なかなか帰ってこなかった。そこで、ナイルやミュージシャンたちが遊びで適当にジャムセッションを始めた。
すると、2曲ほどほんのリフを弾いた後、ナイルがアース・ウィンド&ファイアーの「サン・ゴッデス(太陽の女神)」を弾き始めた。するとキーボードのリッチ・ヒルトンがそれをサポート、けっこうプレイした後、今度はサックスのビル・ホロマンが「ファンタジー」のメロディーを弾き出し、これまたけっこうプレイした。いわば、セットリストにはない「おまけ」だったのだが、けっこう受けた。
ライヴ・アンコールのところでナイルは言った。「今日、やった曲は僕たちが書いた曲だが、アース・ウィンド&ファイアーの曲は例外だ」と言ってまたまた受けていた。
彼らのライヴを見ていると、彼らの大ヒット曲「ウィ・アー・ファミリー」を地で行くように感じる。つまり、バンド・メンバーも、オーディエンスも、そして、ブルーノートのお店のスタッフも、シックの関係者もみな、ひとつのファミリーという感じがしてくる。みんな仲良く難しいこと考えずに、音楽を楽しもう、パーティーだ、って感じで、その「ファミリー」っぽさに、とても心温まる感じがする。きっと、それは、ナイル・ロジャーズ本人の「ウィ・アー・ファミリー」のスピリットがメンバーにも、そしてオーディエンスにもスタッフにも伝わっていくからなのだろう。
大発表。
ナイルのMCのなかで、大ニュースが発表された。今年の年末から年始にかけて、カウントダウンを含め約一週間再度来日するという。詳細は後日発表されるが、いずれにせよ、ブルーノートの今年のカウントダウンはシックになるということだ。
◎ ライヴは土曜日まで、ブルーノート東京
http://www.bluenote.co.jp/jp/artist/nile-rodgers/
■ 過去ナイル・ロジャーズ関連記事
ナイル・ロジャーズ、1日だけのブルーノート・ライヴ
2011年05月31日(火)
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10907507216.html
(前回来日記事)
ナイル・ロジャーズ、万感の思いを込めて15周年ライヴ・スタート
2011年04月14日(木)
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10860777137.html
(前々回来日記事)
ナイル・ロジャーズ来日記念特集~過去ナイル関連記事
2011年04月15日(金)
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10861031113.html
(過去記事一覧)
■ ナイル・ロジャーズ 『エヴリバディ・ダンス』最新ベスト・ヒット集(ライナーノーツ・吉岡正晴) 
シックとしての大ヒット曲すべて、さらにプロデュース楽曲などを2枚組みに網羅。もし最初に買うのであれば、完全お勧め盤。

エヴリバディ・ダンス!
エヴリバディ・ダンス!
posted with amazlet at 12.04.19
オムニバス ナイル・ロジャース シック
ワーナーミュージック・ジャパン (2011-04-06)
売り上げランキング: 7623

■ メンバー
Nile Rodgers(g,vo)
ナイル・ロジャーズ(ギター、ヴォーカル)
Kimberly Davis(vo)
キンバリー・デイヴィス(ヴォーカル)
Folami(vo)
フォラミ(ヴォーカル)
Bill Holloman(sax)
ビル・ホロマン(サックス)
Steve Jankowski(tp)
スティーヴ・ヤンコウスキ(トランペット)
Rich Hilton(key)
リッチ・ヒルトン(キーボード)
Selan Lerner(key)
セラン・リーナー(キーボード)
Jerry Barnes(b)
ジェリー・バーンズ(ベース)
Ralph Roll(ds)
ラルフ・ロール(ドラムス)
■ セットリスト ナイル・ロジャーズ、2012年4月18日水曜、ブルーノート東京
Setlist: Nile Rodgers, April 18, 2012
Nile appeared 21:48
show started 21:52
01. Intro (as the band walked through the crowd)
02. Hangin’
03. Everybody Dance
04. Dance, Dance, Dance (Yowsah, Yowsah, Yowsah)
05. I Want Your Love (Kim) (A riff of I Want To Take You Higher)
06. I’m Coming Out
07. Upside Down
08. He’s The Greatest Dance
09. We’re Family
10. Soup For One – Lady (Here Me Tonight) – Soup For One
11. Like A Virgin
12. Open Up
00. while waiting for Folami and Kim, they jammed Stella By Starlight – Giant Steps – Sun Goddess – Fantasy
13. Let’s Dance (Ralph)
14. Lost In Music (new, this year) (Folami)
15. Notorious (new, this year)
16. Thinking Of You
17. Chic Cheer
18. My Forbidden Lover – a riff of Beyonce’s Crazy In Love
19. Le Freak
00. Before encore, while introducing members, Ralph sings Biggie’s “One More Chance”, “Juicy”
20. Goodtimes – Rapper’s Delight – Goodtimes
21. Hangin’(as the band walked through the crowd)
Show ended 23:33
Nile left crowd 23:43
(2012年4月18日水曜、東京ブルーノート、ナイル・ロジャーズ・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Rodgers, Nile
2012-

This entry was posted in ライヴ評・レポート. Bookmark the permalink.

Comments are closed.