●アンドリュー・ラヴ(メンフィス・ホーンズ)、70歳で死去~裏方の匠

●アンドリュー・ラヴ(メンフィス・ホーンズ)、70歳で死去~裏方の匠
【Andrew Love (Memphis Horns) Dies At 70】
訃報。
メンフィス・サウンドの要でもある「メンフィス・ホーンズ」のメンバーでサックス奏者のアンドリュー・ラヴが、2012年4月12日、メンフィスの自宅で死去した。70歳だった。2002年頃からアルツハイマー病を患っており、合併症での死去。アンドリューらは、オーティス・レディングのヒットの数々、エディー・フロイドの「ノック・オン・ウッド」、サム&デイヴの「ホールド・オン・アイム・カミング」など一連のヒットなどで印象的なホーン・セクションを聴かせている。
評伝。
アンドリュー・ラヴは、1941年11月21日テネシー州メンフィス生まれ。地元の高校、オクラホマの大学を経て、1965年までにスタックスのハウス・バンドの一員に。盟友、ウェイン・ジャクソンとは1962年頃知り合っている。ウェインとアンドリューは個人的にも大変親しくなり、徐々に一緒に仕事をすることも多くなっていく。
この頃、ウェインはすでにスタックスの最初のハウス・バンド、マーキーズで活動、一方、アンドリューは学校の休みのときなど、父親が持つ教会のバンドでサックスをプレイしたり、後に、ウィリー・ミッチェルのハイ・レコードなど、多くのメンフィスでのレコーディング・セッションに参加した。
スタックスのシンガー・アーティスト、ルーファス・トーマス、サム&デイヴ、アイザック・ヘイズなど多数のレコーディングにつきあうだけでなく、同じくメンフィスのハイ・レコードのアーティスト、アル・グリーン、アン・ピーブルズなどの作品でも参加。
1967年のモンタレー・フェスティヴァルには、彼らもオーティスらのバックとして参加している。
実質的なスタックスのハウス・バンドだった彼らは、スタックスからは専属になって欲しいと言われたが、フリーランスで活動することを選択。
1969年に同じくスタックス・レコードのハウス・バンドだったマーキーズのメンバー、ウェイン・ジャクソン(1941年11月24日メンフィス生まれ。トランペット。白人)らとメンフィス・ホーンズを結成。当初はウェイン・ジャクソン、アンドリュー・ラヴ、ルイス・コリンズ、ジャック・ヘイル、エド・ローガン、ジェームス・ミッチェルら。セッションによって若干他のメンバーが入ったりもする。
また、その他ここを訪れるソウル・アーティスト、アリーサ・フランクリン、ウィルソン・ピケットなどだけでなく、ポップ・アーティストにもホーン・セクションの音を提供した。ニール・ダイアモンド、ドゥービー・ブラザーズ、U2、ダスティー・スプリングフィールドなどもここに来てメンフィス・ホーンズを録音している。また、スティング、ピーター・ゲイブリエルなども彼らを起用している。
代表曲には、エルヴィス・プレスリーの「サスピシャス・マインド」、ニール・ダイアモンドの「スイート・キャロライン」、アル・グリーンの「レッツ・ステイ・トゥゲザー」、ダスティー・スプリングフィールドの「ソン・オブ・ア・プリチャーマン」など多数。
1970年代には「メンフィス・ホーンズ」名義でアルバムを発表するようになり、それらは『メンフィス・ホーンズ』など9枚を数える。
徐々にメンバーが減り、現在はアンドリューとウェインの二人になっていた。
メンフィス・ホーンズは、83枚のゴールド、プラチナム・レコードで、52曲のナンバーワン・レコードでプレイしている、という。
2008年、メンフィス・ホーンズはミュージシャンズ・ホール・オブ・フェイムに選ばれた。
また今年(2012年)2月、メンフィス・ホーンズの二人はグラミー賞「ライフ・タイム・アチーヴメント賞」を受賞。これをインストゥルメンタル・グループで受賞するのは、ファンク・ブラザーズについで二組目だ。どちらも1960年代のソウル・ミュージックの歴史において重要なサイドメンたちと言える。
アンドリュー・ラヴは、ツアーなどから2000年に引退していたが、ときどき、レコーディングの仕事は引き受けていた、という。ニール・ヤング、トニー・ジョー・ホワイトら親しいアーティストのものは、レコーディングにつきあっていたようだ。
裏方。
彼らのレコーディングはシンプルで、スタジオに入り、リズム・トラックを聞くと、すぐにトランペット、サックスのリフを考え、まず1回録音、さらに同じものをもう一度録音(ダブル)、そして別のトロンボーンなどが必要であれば付け加えて録音ということで大体3回くらいでレコーディングは終了していたという。ホーンのリフは、ほとんどすべて彼らが考えていた。
彼らはまさに裏方だが、そのプロフェッショナリズムは音楽業界で一目置かれていた。グラミーの「生涯功労賞」が与えられたのも、もちろんそうしたことを反映してのもの。
独特のホーン・セクションは、メンフィス・ソウルを世界に知らしめる大きな原動力となった。
■ 昨日の「ソウル・サーチン」では、そのご紹介をしました。期間限定公開ポッドキャスト。
http://soundcloud.com/soul_searcher_2/01ss20120415
++++
告別式は2012年4月20日現地時間午後5時から、Mt. Nebo Baptist Church, 555 Vance, Memphis, TNで行なわれる。4月21日午前11時から同地で葬儀。
+++++
OBITUARY>Love, Andrew (November 21, 1941 – April 12, 2012, 70 year-old)

This entry was posted in 訃報関連. Bookmark the permalink.

One Response to ●アンドリュー・ラヴ(メンフィス・ホーンズ)、70歳で死去~裏方の匠

  1. ニモ says:

    SECRET: 0
    PASS:
    アル・グリーンの『レッツ・ステイ・トゥギャザ-』に参加していたんですね。
    大好きな曲ですが、全く知りませんでした。
    なかなか世に知られることのない人たちを亡くなった時だけでも紹介していきたいと『ソウルブレンズ』で仰っていましたね。
    そんな吉岡さんのお話が大好きです。
    これからもイロイロな話を聞かせてください。