■# 「ワン・モンキー・ドント・ストップ・ノー・ショー」の意味

■# 「ワン・モンキー・ドント・ストップ・ノー・ショー」の意味
【The Meaning Of “One Monkey Don’t Stop No Show”】
意味。
昨日の『ソウル・ブレンズ』でハニー・コーンの「ワン・モンキー・ドント・ストップ・ノー・ショー」がかかった。1972年、女性トリオ、ハニー・コーンの大ヒットだ。前々からこの曲のタイトルの意味がわからなかったので、DJマーヴィンに「これってどういう意味?」と尋ねた。すると、マーヴィンも「ねえ、よくわかんないよ」との答え。これには僕もびっくり。
マーヴィンの解説では、直訳的には「一匹のサルは、ショーを止めない」だから、「ショー・マスト・ゴー・オン(ショーはいずれにせよ、続いていく)」といった意味だと言う。ちなみに、Don’t と No と二重否定になっているが、これはブラック独特の言い回しで、二重否定されていても、文章全体は否定の意味になる。Ain’t No Mountain~(~の山はない)などと同じ。One Monkey Don’t (Any) Stop Show「サルが一匹くらいいなくても、ショーは止まらない」という意味だ。
マーヴィンにこのフレーズは当時流行っていたフレーズなのかときくと、「いや、きいたことはない。別に流行っていたわけではないと思う」という。ただ「この曲は、何かメッセージがあるような気がする」とも。「でも、そのあたりがよくわからない、吉岡さんに聞こうと思った(笑)」と言われても、僕がわかるわけないじゃない。ブラザーのマーヴィンがわからないものを…。(笑) 
しかし、そこで、このハニー・コーンは、ホットワックス/インヴィクタス・レコードからでてきたアーティストだということ。そのホットワックス/インヴィクタスは、デトロイトのモータウン・レコードにいて数々のヒット曲を送り出した超強力ソングライター・チーム、ホランド・ドジャー・ホランドがベリー・ゴーディーと喧嘩別れしてモータウンを辞め、自力で設立したレコード会社だ、ということをマーヴィンに説明した。
するとマーヴィンが「ああ、じゃあ、このワン・モンキーは(モータウン社長の)ベリー・ゴーディーのことじゃない?」と推理を働かせた。つまり、「ベリーがいなくても、この業界は続いていくよ」「ベリーなしでも、僕らはやっていけるよ」というメッセージだというのだ。
ハニー・コーンのヴァージョンはこちら。
http://youtu.be/RgL4HZAy3wk

この映像を見てもわかるが、これを書いたのは同じホットワックス/インヴィクタス所属のR&Bグループ、100プルーフのリーダー的存在のジェネラル・ジョンソン。
歌詞を読むと「一匹のサルはショーを止めることはできない。もしあなたが私の愛を必要としないなら、別れましょう」「成功で頭が一杯になったのかしら。でも、オバカさん、その成功の源は私だってわからないの? かつてと違うあなたなら、もう私の人生から出て行って。あなたのことは好きだけど、あなたなしでやっていけるわ。ショーは続かなければならないから」といった意味。
曲を書いたのはホランド・ドジャー・ホランドではないが、確かに彼らの意を汲んで、こういう歌詞になったということは十分に考えられる。「一匹のサルがベリー・ゴーディー」というわけだ。ベリーとホランドたちは、印税などお金のことでもめた。自分たちが正当な報酬を得ていないと思い、結局、モータウンを辞めた。訴訟にもなったので、相当意見が対立していた。ベリーに頭にきて、「お前なんかいなくたって、俺たちはやっていけるぞ」という意味を含めて、この曲を出して、ヒットさせたとしたら、これはこれでおもしろい。
■ 「ワン・モンキー…」を含むデビュー作『ソウルフル・タペストリー』

ソウルフル・タペストリー
ハニー・コーン
ブルース・インターアクションズ (1996-09-25)
売り上げランキング: 282809

調査。
さらに、この「ワン・モンキー」について調べると、いろいろと出てきた。やはり、このフレーズはブラックの間でよく使われていたフレーズらしく、ハニー・コーンのヴァージョンも、元々黒人シンガー、ビッグ・メイベルが録音していた曲を元にして作ったものだという。
ビッグ・メイベルのものはこれ。1954年に録音されたが、ヒットには至っていない。
Big Maybelle: One Monkey Don’t Stop The Show
http://youtu.be/zSyE8IecKjQ

この歌詞を読むと、ハニー・コーンのものと大筋のストーリーは似ている。
ほかにも、ジョー・テックスのまったく別の曲もある。
ジョー・テックス One Monkey Don’t Stop No Show
http://youtu.be/SeXp2ACRn4g

ジョー・テックスは典型的なジェームス・ブラウン・フォロワー。ミスター・ブラウンを真似た歌唱で一時期人気を集めた。ミスター・ブラウンからは、「お前、いつまで俺のモノマネしてるんだ」とカツをいれられたとか、いれられなかったとか。
このほかにもあるのだが、極めつけはこれ。4人組だったグッディー・モブ。ここから、シンガーのシーロー・グリーンが独立し、3人組になった。ジャケットでは、シーローの座るべき椅子に小さなモンキーが座っている。「サルが一匹くらいいなくなっても、ショーは止まらない、ショーは続くよ」ということをはっきり言っている。
One Monkey Don’t Stop No Show / Goodie Mob

One Monkey Don't Stop No Show
One Monkey Don’t Stop No Show
posted with amazlet at 12.03.04
Goodie Mob
Koch Records (2004-06-29)
売り上げランキング: 281422

というわけで、このタイトルを持った曲はほかにもロック・グループなどにもあった。
ちょっとした話から、なかなかおもしろいことがわかって、楽しいひとときでした。
++++
(資料)
HONEY CONE
“One Monkey Don’t Stop No Show”
(Written by Gregg Perry and General Johnson)
The show must go on
Oh, one monkey
Don’t stop no show
If you don’t want my love
You’re free to go
(You can go, you can go, you can go)
Life is a play
We play different parts
But to be a star in love
You’ve got to feel it in your heart
You’ve been acting to strange
You don’t love me with soul
Well, there’s lots of other guys
Who’d love to play your role
If you don’t wanna be my leading man
Get out of my life and let me live again
(You can go, you can go, you can go)
Oh, the show must go on
Hey, one monkey
Don’t stop no show
If you don’t want my love
You’re free to go
(You can go, you can go, you can go)
I said one monkey
Don’t stop no show
If you really need our love
You’d better let it show
(Let it show, let it show, let it show)
Once we had a love
You couldn’t live without
The greatest love that heaven
Has ever put out
Success has gone to your head
You wanna be free, yeah
Fool, don’t you realize
Your backbone is me
If you no longer like your part
Get out of my life before you ruin my heart
(You can go, you can go, you can go)
Oh, the show must go on
I love you
But I can do without you
Arriba, arriba
You can go
There’s the door
You can go, you can go
The show must go on
Hey, one monkey
Don’t stop no show
If you don’t want my love
You’re free to go
(You can go, you can go, you can go)
I said one monkey
Don’t stop no show
++++
ビッグ・メイベルの歌詞
“One Monkey Don’t Stop No Show”
Big Maybelle, 1954
My baby jumped up this morning
And sat on the side of the bed
He said I’m leaving you baby
And this is just what I said
I said I can’t make you stay if you want to go
But it’s high time baby that you should know
One monkey don’t stop no show
One monkey don’t stop no show
So if you still want to go, go ahead
And I meant every word I said
My baby thought I was jiving
And he went right out the door
He left me about three in the morning
Hmm, I got me a man at four
Some women cry when their men leave ‘em drylongso
But I found out something long time ago
One monkey don’t stop no show
One monkey don’t stop no show
So if he gets too big for his pants
Get a spring brand new one and give him a chance
I used to be chicken-hearted
And cry when he’d walk out the door
‘Cause I was just young and simple
Ha! Ain’t like that no more
‘Cause I had a hard way to go ‘fore I learned the score
But I’m here to tell you and I should know
One monkey don’t stop no show
One monkey don’t stop no show
I let him do anything he choose
‘Cause there’s a million men who can fill his shoes
One monkey don’t stop no show
One monkey don’t stop no show
One monkey don’t stop no show
And you can tell them I told you so
SONG>One Monkey Don’t Stop No Show
RADIO>Soul Blends

This entry was posted in 名曲物語. Bookmark the permalink.

One Response to ■# 「ワン・モンキー・ドント・ストップ・ノー・ショー」の意味

  1. SECRET: 0
    PASS:
    昨日ジャストでラジオ聞いてました。
    二重否定のくだりとか(笑)
    お二人のやり取りが非常に楽しかったです。