#◎ ベティー・ライトと「アイ・ウォナ・セックス・ユー・アップ」

#◎ ベティー・ライトと「アイ・ウォナ・セックス・ユー・アップ」
【Betty Wright & “I Wanna Sex You Up”】
サンプリング。
先日のベティー・ライトのライヴで、彼女が「アイ・ウォナ・セックス・ユー・アップ」を歌い始めて、「なんでだろう」と思っていたら、同じ日にベティーのライヴを見ていた松尾潔さんから「あの曲の一部がベティーの曲を無断サンプリングしていて、最初クレジットがなかったから、訴訟して最終的には、曲の権利・作家印税の35%を手に入れたんですよ」と教えていただいた。さすが。
そこでいろいろ調べたら、けっこう、おもしろい話がでてきたので、それをご紹介したい。
「アイ・ウォナ・セックス・ユー・アップ」は、1991年のカラー・ミー・バッドの全米2位、全英1位の大ヒットだ。R&Bとダンス・チャートでは1位。全米では200万枚以上のセールスを記録した。元々映画『ニュー・ジャック・シティー』のために作られた曲で、映画でもいい場面で使われていたと記憶する。
僕はこの曲が大好きで、当時こればかりをカセットの片面に繰り返し繰り返しいれたテープを作って車の中で聞いていたほど。それこそ耳タコになるほど聞いていた。だが、そのときには、ここにベティーの「トゥナイト・イズ・ザ・ナイト」のベースラインが入っていたとはとんと気づかなかった。
カラー・ミー・バッド「アイ・ウォナ・セックス・ユー・アップ」
http://youtu.be/Ask_sedxu0o

調べてみると、この「アイ・ウォナ…」は、イントロにはラッパー、ダグ・E・フレッシュの「ラ・ディ・ダ・ディ」が、サンプリングされている。これは、”to the heart tick tock ya don’t stop” という部分だ。
そして、途中からベースラインがベティー・ライトの「トゥナイト・イズ・ザ・ナイト」を使っていた。それがこれ。
http://youtu.be/KTFuaK7IFyg

なんか、彼女が「アイ・ウォナ・セックス・ユー・アップ」をやる前に、いろいろとしゃべっていて、「盗まれた」とか言っていたのを思い出した。正確にはどう言っていたのか、はっきり覚えてないのだが。たぶん、あるとき、ラジオかなにかから「アイ・ウォナ・セックス・ユー・アップ」が流れてきたが、これは私の曲だ、「盗まれた」と思った、すぐに弁護士に相談したといった話だったと思う。
そして、彼女はこれと「トゥナイト・イズ・ザ・ナイト」をメドレーで歌ったのだ。
ライヴ評・セットリスト参照
2012年02月29日(水)
ベティー・ライト自身名義初来日ライヴ
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-11177929117.html
すると、これはそれだけでなく、この曲はコーラス・メロディーの部分はブラザース・ジョンソンの「ストロベリー・レター23」から取っているそうだ。
http://youtu.be/vbxUtFDKz8k

コーラスの「ウ~~ウ~~」というところが似ている。
いずれにせよ、ベティー・ライトはこのカラー・ミー・バッドの「アイ・ウォナ・セックス・ユー・アップ」を聴いて、自分の曲が使われていると知り、すぐに弁護士に連絡、訴訟を起こし、自分の取り分を獲得することに成功した、というわけだ。
ちなみに、このカラー・ミー・バッドの「アイ・ウォナ・セックス・ユー・アップ」をサンプリングした曲が、ルマー(Lemar)の「Tick Tock」のカーディナル・ビーツ・リミックス。
さて、もっとおもしろいのが、ベティー・ライトの「トゥナイト・イズ・ザ・ナイト」自体が、どうやらブッカーT&ザ・MGズの「タイム・イズ・ライト」のリフから拝借していたらしいのだ。
http://youtu.be/GUGsZgkjrco

たしかに聞き比べると雰囲気は似ている。
というわけで、このベティーが「アイ・ウォナ・セックス・ユー・アップ」のイントロを演奏し始めたとき、「ブッカーTみたい」と言ったあなたは、超するどい。
そして、松尾さんも、「~私も誰かに無断引用された~い(そして訴えたい!)」って。(笑)
ENT>MUSIC>LIVE>Wright, Betty
ENT>GREAT SONG STORY>I Wanna Sex You Up / Tonight Is The Night

This entry was posted in 名曲物語. Bookmark the permalink.

4 Responses to #◎ ベティー・ライトと「アイ・ウォナ・セックス・ユー・アップ」

  1. isummer says:

    SECRET: 0
    PASS:
    カラーミーバッドの「I wanna sex you up」が当時大好きだったので、今回のブログ非常に興味を持ちました。ソウルミュージックの懐の深さと連鎖を感じるエピソードですね。
    英語のネイティヴでもなくアメリカに住んでいるわけでもないのに、アメリカ文化特にブラックの文化に興味ある私にとって、やはりいまどきのヒップホップでぐっと来るのはサンプリングのセンス!
    ブラザーズジョンソンのくだりは気づかなかったなぁ。

  2. 上柴とおる♪ says:

    SECRET: 0
    PASS:
    吉岡さま♪ワタクシも大阪で鑑賞させてもらいましたが。。。当方のブログで参考にさせていただきました。ありがとうございました。
    http://www.clinck.co.jp/merurido/_friends/00012/msg_dtl.php?ky=00012-1330582730
    勝手にリンク貼りをしてしまいまして。。。すみません!

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >上柴とおる♪さん
    リンク、大変おもしろくブログ拝見いたしました。リンクなど、いつでも張っていただいてOKです。上柴さん、1952年生まれですか? ベティーより年上とは。
    僕が見たのは初日でしたが、東京2日目はアンコールもあったようです。2日目、3日目とアンコールありの、少し長尺になったようですね。うらやましいです。
    こちらでも、マライア・キャリーのフレーズいれてました。たぶん、自分はミニーやマライアより先に、あのハイトーン・ヴォイスやってたぞ、何オクターヴでるぞ、ってアピールしたかったのではないでしょうか。
    上柴さんのもうひとりの68年のアイドルっていうのが気になります。次のブログ楽しみにしております。

  4. 上柴とおる♪ says:

    SECRET: 0
    PASS:
    おおきにです♪また勉強させてもらいます~!ワタクシ、昭和27.2.27生まれですわ(還暦♪)
    そうですか、2日目のあれが大阪でもということのようですね。
    私も「ミニリパやマラキャリがなんぼのもんじゃい!」てなベティちゃんのあれを感じてます。私も実はそういうとこありますんで(苦笑)。
    あ、次のブログ、すでに更新しとりますんで♪よろしくです!
    http://www.clinck.co.jp/merurido/_friends/00012/msg_dtl.php?ky=00012-1330624345