○ボビー・ウーマック、来日~17年ぶり4度目~サム・クック直系ソウル・シンガー

○ボビー・ウーマック、来日~17年ぶり4度目~サム・クック直系ソウル・シンガー
【Bobby Womack’s Live In Japan, First In 17 Years】
17年ぶり。
「ラスト・ソウル・マン」として知られるヴェテランR&Bシンガー、ボビー・ウーマックが約17年ぶりに来日した。(ライヴ評は明日以降のブログでご紹介します) 2月22日(水)、23日(木)、東京・六本木のビルボードライブでライヴを行う。両日、ファースト・セカンドともに満員御礼となっている。
ボビー・ウーマックの初来日は1987年9月、五反田ユーポートなど、以後1991年6月、1995年3月と来ており、今回の来日はおよそ17年ぶり4度目となる。初来日からちょうど25周年でもある。
ボビーは1944年(昭和19年=申年さるどし)3月4日オハイオ州生まれ。現在67歳。伝説のソウル・シンガー、サム・クックに師事し、ゴスペルからソウルの世界に足を踏み入れた。
ウーマック兄弟は次の通り。
フレンドリー・セカンド(長男・1941年生まれ)
カーティス・ウーマック(次男・1943年生まれ)
ボビー・ウーマック(3男・1944年生まれ)
ハリー・ウーマック(4男・1946年生まれ、1974年3月7日死去)
セシル・ウーマック(5男・1947年9月25日生まれ)
セシルは、サム・クックの娘リンダ・クックと結婚し、子供をもうけている。今回のバックコーラスでリンダの子供たちが来日しているようだ。セシルとリンダは、二人で「ウーマック&ウーマック」のアーティスト名でレコードを出し、ヒットも出している。
キーボード奏者フィリップ・ウーは、彼ら、ウーマック&ウーマックの最初の何枚かのアルバムでキーボードをプレイしており、当時のレコーディングのことをよく覚えている。1983年~1985年頃のことだ。その頃、セシルとリンダはまだ2-3歳だったベイビーをスタジオに連れてきていて、その子供たちがやんちゃだったことを覚えている、という。フィリップの記憶ではその時点で3人子供がいたという。その子供たちも、いまや、20代後半から30代になっているわけだ。現在は4人の娘、3人の男の子供がいて一家総勢で9人で歌っているらしい。
セシルとリンダは、アフリカに旅をしたときに、ルーツに目覚め、ウーマック姓を「ゼカリヤス」姓に変えた。
+++
直系。
ボビー・ウーマックは、熱いソウル・ヴォーカルを聴かせるサム・クック直系のソウル・シンガーで、自らを「ラスト・ソウル・マン(最後のソウル・マン)」と呼ぶ。ちなみに初来日のときのドラマーは当時まだ無名だった日本人ドラマー、沼澤尚(ぬまざわ・たかし)だった。ボビーのバック・バンドのドラマーが日本人らしいということで話題になり、その後彼は日本に戻り売れっ子ドラマーとなった。
ボビーはソングライターとしてもジョージ・ベンソンで有名になった「ブリージン」、ウィルソン・ピケットの「アイム・イン・ラヴ」、その他自身のヒットの多くを書いている。特にアルバム『ポエット』および『ポエット2』はウーマックの傑作としていまだに根強い人気を誇る。
ボビー・ウーマックは、サム・クック→オーティス・レディングの流れを汲むソウル・シンガーだ。
■ ボビー・ウーマック関連記事
前回来日時インタヴュー記事
ボビー・ウーマック、インタヴュー『僕たちの地震』(1995年5月記)
http://www.soulsearchin.com/entertainment/music/interview/womack19950501.html
2008年10月08日(水)
ボビー・ウーマック、ベストはリミックス入り
http://ameblo.jp/soulsearchin/day-20081008.html
■ ソウル・サーチン、第5章「ウーマック・ウーマック」でサム・クック~ボビー・ウーマックらについて書いてあります

ソウルサーチン R&Bの心を求めて
吉岡 正晴
音楽之友社
売り上げランキング: 847675

■ ラスト・ソウル・マン ベスト・オブ・ボビー・ウーマック

ラスト・ソウル・マン ベスト・オブ・ボビー・ウーマック
ボビー・ウーマック
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M) (2008-10-08)
売り上げランキング: 195204

■Poet I & II アナログ2枚が1枚のCDに

Poet I & II
Poet I & II
posted with amazlet at 11.10.06
Bobby Womack
Abkco (2009-02-17)
売り上げランキング: 8587

■ ボビーの師匠、サム・クックのベスト

ハーレム・スクエアー・クラブ 1963
サム・クック
BMG JAPAN (2006-01-25)
売り上げランキング: 106295

■ トータス松本、サム・クックの『トゥイスティン…』アルバムを全曲カヴァー

TWISTIN’ THE NIGHT AWAY(仮)
TWISTIN’ THE NIGHT AWAY(仮)
posted with amazlet at 11.12.08
トータス松本
ワーナーミュージック・ジャパン (2012-02-08)
売り上げランキング: 994

+++
■ ボビー・ウーマック・セットリスト
2012年2月22日水曜、セカンド、ビルボードライブ
show started 21:42
01. Intro
02. Across 110th Street
03. Nobody Wants You When You’re Down & Out
04. Harry Hippie
05. Daylight
06. I Wish He Didn’t Trust Me So Much
07. That’s The Way I Feel About Cha
08. Woman’s Gotta Have It
09. (You’re Welcome) Stop On By
10. A Change Is Gonna Come
11. Looking For A Love – Everybody Say Yeah
12. If You Think You’re Lonely Now
13. Jesus Be A Fence
14. Love Has Finally Come At Last
15. I Can Understand It – a riff of Land Of 1000 Dances – a riff of I Wanna Take You Higher
16. (No Matter How High I Get) I’ll Still Be Lookin’ Up To You
Show ended 23:08
■ メンバー
ボビー・ウーマック/ BOBBY WOMACK(Vocals)
リサ・フレージャー / LISA FRAZIER (Vocals)
リサ・コールター/LISA COULTER(Vocals)
ゼックチャグーラ・ゼッカリヤーズ/ZEKKUJCHAGULA ZEKKARIYAS(Background Vocals)
コーリ・ジェイコブス/CORI JACOBS(Keyboards)
サンドラ・マニング/SUNDRA MANNING(Keyboards)
チャールズ・グリーン/CHARLES GREEN(Saxophone)
ブライアン・マンツ/BRIAN MANTZ(Trumpet)
エルムエリト・ナヴァロ/Ermuelito Navarro(Trombone)
ウッドワード・アプラナルプ/WOODWARD APLANALP(Guitar)
エルバート・アレン・ジュニア/ELBERT ALLEN JR(Bass)
アーノルド・ラムゼイ/ARNOLD RAMSEY(Drums)
(2012年2月22日水曜、六本木・ビルボードライブ、ボビー・ウーマック・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Womack, Bobby
ANNOUNCEMENT>Womack, Bobby

This entry was posted in アーティスト関連. Bookmark the permalink.

2 Responses to ○ボビー・ウーマック、来日~17年ぶり4度目~サム・クック直系ソウル・シンガー

  1. n_morishima says:

    SECRET: 0
    PASS:
    のZEKKUJCHAGULA ZEKKARIYASってセシルとリンダの子供の一人なんでしょうか?

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >n_morishimaさん
    はい、そうだと思います。