□ グラミー賞今年の「ワン・モーメント」

□ グラミー賞今年の「ワン・モーメント」
【Grammy 54th: The One Moment In Time】
恒例。
毎年恒例グラミー賞を見て、その中でここぞという瞬間をピックアップしているが、今年は正直、ここぞというのがあまりなかった。個人的には唯一ジェニファー・ハドソンが歌った「アイ・ウィル・オールウェイズ・ラヴ・ユー」が印象に残ったくらい。これが今年の「ワン・モーメント・イン・タイム」。ほかにライヴは、ブルース・スプリングスティーン、ビーチ・ボーイズ、リアーナ、ポール・マッカートニーなど。
今年のグラミーを総括すれば、アデルのショーということになる。
主要3部門がひとつのレコードで独占されたのは、古くは1981年クリストファー・クロス、1992年ナタリー・コールの『アンフォーゲッタブル』、2003年ノラ・ジョーンズ『ドント・ノウ・ホワイ』、2007年ディキシー・チックス以来のこと。まさに快挙だ。
もうひとつ目立たないがおもしろい記録。今年、現役アーティスト、アリソン・クラウスが「ベスト・ブルーグラス・アルバム」で生涯通算28個目のグラミーを獲得。これはクインシー・ジョーンズを超えたという。
+++
今年の予想ではR&B部門で3つも完全にはずしたのが、痛い。(笑)
「ベストR&Bパフォーマンス」。レデシーかマーシャだと思ったが、コリーンへ。意外だが、まあ、取ってみれば、そうかあ、とも思う。
「ベスト・トラディショナルR&B」は、この5つの候補では一番トラディショナルっぽくないシー・ローには驚いた。これは絶対当てられない。
「ベストR&Bソング」も、シーローに。つまり、シーローに流れが来ていた。僕はここもレデシーかマーシャだと思っていたので、完全にはずれ。最近には珍しくこのR&B部門で大幅にはずした。来年はがんばろう。(笑)
唯一「ベストR&Bアルバム」だけ、妥当なクリス・ブラウン。
そうそう、クリス・ブラウンのパフォーマンス、よかった。あの中でたぶん、髪の毛を結わいていたのがケント・モリだと思う。マスクをしていたので、わかりにくかったが。
AWARD>Grammy>54th

This entry was posted in アワード関連. Bookmark the permalink.

One Response to □ グラミー賞今年の「ワン・モーメント」

  1. SECRET: 0
    PASS:
    独占映像は、見ていて、途中からヘッドホーンでの拝聴に変えた。
    TVを見るのには、 今の僕には、辛い人です(泣)
    今夜のbig specialの方が自分的には、楽しいです!
    27時半からホイットの追悼ミニ特集をやると
    リクエストは、無難に
    ★オールウェイズ・ラブ・ユー★をした。
    ホイットの主演映画 ボディ・ガードの
    いろんな場面が頭をよぎります。
    あんな感じのlove storyだったら、こんな亡くなり方をしないで、済んだのに~ (泣)
    また1人
    大切な歌い手が
    消えてしまいましたね…
    ご冥福を★★★★★★★★★★★★★★
    仙台のPAPADAYO-N