●(速報)エタ・ジェームス73歳で死去

●(速報)エタ・ジェームス73歳で死去
【Queen Of Blues: Etta James Dies At 73】
訃報。
「ブルーズの女王」と呼ばれたブルーズ・シンガー、R&Bシンガー、エタ・ジェームスが長い闘病生活の末、2012年1月20日、ロスアンジェルスの病院で家族らに看取られ、死去した。73歳。白血病、血液感染症を発症し、12月には末期状態になっていることが報道されていた。
ジミー・キャスターに始まり、ジョニー・オーティスからエタ・ジェームスまで、今週はまるで「ソウル・ミュージックが死んだ週」の様相を呈している。あいつぐソウル・ミュージシャン訃報のまとめをブログに。
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-11140980319.html
ここにジョニー・オーティスの評伝を書いたがそこに、エタの名前も。その矢先のエタ・ジェームスの訃報だ。
エタ・ジェームスは1938年1月25日ロスアンジェルス生まれ。父親が白人の有名なハスラー、ビリヤード・プレイヤーのミネソタ・ファッツだったとされる。黒人としては肌の色が薄かったために、さらに差別を受け苦労。ブルーズ・シンガーとしてシカゴのチェス・レコードでヒットを出す。
ジャニス・ジョプリンは無名時代、エタにあこがれエタのようになりたくて、彼女の元を訪れたが、「もっと魂を込めてソウルを歌わないとだめ」と言われ失意に。その数年後、彼女がデビュー後、再会するとエタは「ソウルを知ったわね」と言ったという。
しかし、エタ自身は、多くのプレッシャーからヘロイン中毒などで苦労。エタの人生は波乱万丈、ソウルサーチンの連続だった。彼女の人生と所属していたチェス・レコードの栄枯盛衰を描いたのが『キャデラック・レコード』でここではビヨンセがエタ役を演じた。この流れもあり2009年1月オバマ大統領就任のパーティーでビヨンセがエタの代表曲「アット・ラスト」を歌った。
日本には1992年8月一度だけ来日。インタヴューした。あのときのことは忘れない。
ご冥福をお祈りしたい。
すでに全米の主要メディアも一斉に報道。
http://www.chicagotribune.com/news/sns-ap-us-obit-etta-james,0,3158505.story
http://www.essence.com/2011/12/17/legendary-singer-etta-james-dies-at-age-73/
http://www.youtube.com/watch?v=EsBrsQe0Vmo

■ エタ・ジェームス アット・ラスト
http://youtu.be/ADDigK8LwyE

■ アイド・ラーザー・ゴー・ブラインド
http://youtu.be/YApNirMC9gM

■ オール・アイ・クド・ドゥ・ワズ・クライ
http://youtu.be/0_i-AI61PEo

■ エタのアルバム。「アット・ラスト」収録

グレイテスト・アメリカン・ソングブック
グレイテスト・アメリカン・ソングブック

posted with amazlet at 12.01.21
エタ・ジェイムス
BMG JAPAN Inc. (2009-08-26)
売り上げランキング: 82908

■ 最新作 『ドリーマー』

Dreamer
Dreamer

posted with amazlet at 12.01.25
Etta James
Verve Forecast (2011-11-08)
売り上げランキング: 8642

■エタ・ジェームス自伝 デイヴィッド・リッツ/エタ・ジェームス著 (英語)

Rage To Survive: The Etta James Story
Rage To Survive: The Etta James Story

posted with amazlet at 12.01.21
David Ritz Etta James
DaCapo Press
売り上げランキング: 353269

OBITUARY>James, Etta (January 25, 1938 – January 20, 2012, 73-year old)

This entry was posted in 訃報関連. Bookmark the permalink.

One Response to ●(速報)エタ・ジェームス73歳で死去

  1. says:

    SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして
    いつもブログを拝見させていただいています
    「Don't go to strangers」をよく聴いていまして
    そこでエタジェームスさんを知りました
    今回の記事で他の曲も聴いてみたいと思いました
    いいきっかけになりました
    情報提供ありがとうございました
    偉大なアーティストが残念なことですが
    記録は残りますから…
    これからも吉岡さんのブログ楽しみにしています♪