◎ ケイリブ・ジェームスのロック・バンド、フェイト・ライヴ

◎ ケイリブ・ジェームスのロック・バンド、フェイト・ライヴ
【Kaleb James’s Phate Live Report】
多彩。
われらがソウル・サーチャーズのケイリブ・ジェームスは実に多彩な男だ。「ソウル・サーチン」のホストバンド、ソウル・サーチャーズを率いるときは、実にそのアーティストを研究し、さまざまなアレンジで独特のアプローチを見せる。それはソウルであれ、ジャズであれ、フュージョンであれ、R&Bであれ、同じだ。日本人シンガーのバックをやるときは、そのアーティストの楽曲を研究する。
彼の自身のバンドでのリハーサルは、ノンストップ。ほとんど歌詞は覚えていて、曲の構成、進行、アレンジなども覚えている。その場でちょっとしたアイデアを思いつき、変更をしても、バンドメンバーはそれについていくために、メモをするが、ケイリブはほとんどメモをしない。抜群の記憶力があるのか、天才なのかもしれない。
吉岡正晴のソウル・サーチン
そんな彼がロックをやるバンドがフェイト。その久々のライヴ。これもケイリブとギターのディッキーが中心となったユニットだが、彼らのもうひとつのグループ、ニューヨーク・ミニットはファンク、ソウル、R&Bばかりをやるユニットで、このフェイトはロックをやるバンドと色分けがされている。
セットリストの曲名の後ろにオリジナル・アーティストの名前をいれたが、これらのロック・グループの名前を見ると、このフェイトが目指すところがおぼろげにわかるだろう。
僕が気に入ったのは、クラプトンの「リヴァー・オブ・ティアーズ」で、これはアル・グリーンの「ゴッド・ブレス・アワ・ラヴ」的な南部ソウルの味わいがあるバラードだった。おそらく、クラプトンが南部ソウルをやろうと思ってやった曲なのだろう。同じくクラプトン曲で、サユリーを迎えて歌った「ワンダフル・トゥナイト」も印象に残った。ニルヴァーナは大胆なアレンジだ。
ちょうど、ケイリブに関する記事が載ったのでご紹介。
Musician Kaleb James makes it happen
By Chris Betros
Japan Today Web Site:
ARTS & CULTURE NOV. 04, 2011 – 11:36PM JST
http://www.japantoday.com/category/arts-culture/view/musician-kaleb-james-makes-it-happen
カマサミ・コングさん主催の『メットポッド』の映画コメンテイターとしておなじみのクリス・ビートロスさんがインタヴューして記事にまとめたもの。
ケイリブ・ジェームスのホームページ
http://www.kalebjames.com/
(ほとんど更新されないので、最新情報はあまりない(苦笑))
ケイリブは、2011年12月13日(火曜)、14日(水曜)に行われる「マイケル・ジャクソン・トリビュート・ライヴ」の日本人シンガーのバンドの音楽ディレクターを担当する。
フェイトはこの10月からベース奏者に、元アトランティック・スターのクリフ・アーチャーが正式加入した。
■ ケイリブの今後のライヴ
2012年1月6日(木)、中目黒・楽屋(らくや)、アコースティック・ライヴ
2012年2月3日(金)、目黒・ブルース・アレイ、バンドでのライヴ
Kaleb’s W.T.F. Bunch
(Key/Vo)Kaleb James (G)マサ小浜 (B)日野JINO賢二 (Ds)Jay Stixx (Sax)Andy Wulf and more
■ フェイト・ウェッブ
http://www.phate.jp/
■ 関連過去記事 (フェイト関連のみ)(ケイリブはほかに「ソウル・サーチン」のハウスバンド、ソウル・サーチャーズの音楽ディレクター、ニューヨーク・ミニット、そのた多くのセッションに参加。
June 22, 2006
Phate Live At Thumbs Up: Love Them or Like Them?
http://blog.soulsearchin.com/archives/001090.html
July 23, 2005
Phate: New Acts of R&A, Stands For Rhythm & Alternative
http://www.soulsearchin.com//soul-diary/archive/200507/2005_07_23.html
September 17, 2005
Kaleb James’s Own Group Phate
http://www.soulsearchin.com//soul-diary/archive/200509/2005_09_17.html
2008年11月04日(火)
ケイリブ・ジェームス&フレンズ・ライヴ・アット・マルターノ
http://ameblo.jp/soulsearchin/day-20081104.html
このとき、サユリーはケイリブとボニー・レイットの「ユー」を一緒に歌い、ほかにオリジナル曲を披露していた。
■フェイト・メンバー
ケイリブ・ジェームス(キーボード、ヴォーカル) Kaleb James
ディッキー・フクダ(ギター)Dicky Fukuda
クリフ・アーチャー(ベース) Cliff Archer
アーミン・武士・リンツビヒラ (ドラムス)  Armin T. Linzbichler
シンイチ・クサマ 草間信一(キーボード)Kusama Shinichi (サポートメンバー)
ゲスト・サユリー Sayulee
==セットリスト
Setlist : Phate, November 2, 2011 at Crocodile, Shibuya
Show started 20:39
01. Grey Street (Dave Matthews Band)
02. Drive (Incubus)
03. Smells Like Teen Spirit (Nirvana)
04. River Of Tears (Eric Clapton)
05. Iris (Goo Goo Dolls)
06. Wonderful Tonight (Eric Clapton) (+Sayulee)
07. The Game Of Love (Santana) (+Sayulee)
08. Something’s Missing (John Mayer)
09. Sometimes (Phate original)
10. Shake Me Like A Monkey (Dave Matthews Band)
Enc. Sunday Morning (Maroon 5)
Show ended 22:01
(2011年11月3日木曜、渋谷クロコダイル、サユリー・ライヴ、フェイト・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Sayulee
ENT>MUSIC>LIVE>Phate

This entry was posted in ライヴ評・レポート. Bookmark the permalink.

Comments are closed.