◎三浦大知ライヴ~その進化と飛躍

◎三浦大知ライヴ~その進化と飛躍
【Miura Daichi Live: Evolution & Significant Leap Forward】
飛躍。
スクリーンに映し出される映像からして、マイケル・ジャクソンを彷彿とさせるものだった。オープニング、ステージ奥からのライトに照らされる三浦大知のシルエットが映る。瞬間そのシルエットが動くと、それだけで観客の9割を占める女性ファンの悲鳴が。そしてスクリーンがパーンと落ちるとダンサー6人とともに三浦大知の姿があった。
8月からスタートしたツアーはこれで8本目。本数を重ねるごとにどんどんと充実してきているようだ。会場は1階がスタンディングで超満員。2階以降の座席も満員で、3200人以上の観客が集まった。
切れのいいダンスと甘い歌声。まさに日本が誇る21世紀の歌とダンスのスター。このダンスの切れのよさは、日本のマイケル・ジャクソンという評判も大げさではない。特に前半、6人の男性ダンサーとのコラボレーションは圧巻。
本人もこのダンサー・チームにはことのほか自信があるようで、「他のどこにも負けません」と胸を張る。このダンスは、実に切れがあって見ていても楽しい。きっと、それ以上にやっている彼らも楽しいだろう。
下記セットリスト13の「ダンス・ナンバー」では既存曲にあわせて踊りを見せたが、その3曲目はミュージックソウルチャイルドの「ララバイ」。そして続いて三浦大知の「ララバイ」というわけで、「ララバイ」つながりにしているところがにくい。
基本はトラックとDJにあわせたパフォーマンスだったが、中盤ギターの上條頌と二人だけで、スティーヴィー・ワンダーの「リボン・イン・ザ・スカイ」を歌ったりしてじっくりと聴かせた。
意外だったのは、彼がけっこうしゃべるなあ、ということだった。アンコールは予定では4曲だったが、この日はツアー・ファイナルということで、観客の拍手も鳴り止まず、再度「シャウト・イット」をダブル・アンコールで応えた。
また、彼の通算3枚目のアルバム『D.M.』が2011年11月にリリースされ、今回のライヴでもその中からの楽曲が披露された。アルバムは、予約がアマゾンで1位になるなど、早くも注目が集まっている。歌と踊りだけでなく、最近は作詞作曲、ギターまでプレイするようになった。マルチだ。
歌に踊りに、ステージのショーアップにと、すべてが着実に進化している三浦大知。さらなる飛躍を期待したい。次のステップは生バンドでのライヴだ。
■ D.M 最新作3作目

【Amazonイベント券付き】D.M.(DVD付)【初回限定スリーヴ仕様,初回限定映像特典有,初回限定封入特典リリースイベント参加券付き】
【Amazonイベント券付き】D.M.(DVD付)【初回限定スリーヴ仕様,初回限定映像特典有,初回限定封入特典リリースイベント参加券付き】

posted with amazlet at 11.10.12
三浦大知
SONIC GROOVE (2011-11-30)
売り上げランキング: 1

■ 過去関連記事
2009年12月30日(水)
マイケル・ジャクソン~三浦大知~アル・マッケイ・オールスターズ
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10422528611.html
February 07, 2006
Miura Daichi: Rock The House
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200602/2006_02_07.html
2004/11/22 (Mon)
Watch Out For Daichi: Miura Daichi Live At O-West
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200411/diary20041122.html
■ オフィシャル
http://avexnet.or.jp/daichi/index.html
■追加公演急遽決まる
そして、この日が本来ならツアー・ファイナルだったが、人気沸騰ということで、急遽追加公演が決まった。2011年11月13日(日)東京ドーム・シティー・ホール(旧JCBホール) 16時開場、17時開演。一般発売日、2011年10月22日
一般発売日:2011年10月22日(土)
プレイガイド
ぴあ|0570-02-9999 (Pコード:152-870)
ローソン|0570-084-003 (Lコード:75799)
イープラス|http://eplus.jp (パソコン・携帯共通)
一般問合せ先:ディスクガレージ 03-5436-9600
料金:1階スタンディング(整理番号付き)/ バルコニー指定席 各5,250円(税込)
ご入場時、別途ドリンク代が必要となります。
4歳未満入場不可、4歳以上チケット必要です。
■ DVD

DAICHI MIURA LIVE TOUR 2010~GRAVITY~ [DVD]
DAICHI MIURA LIVE TOUR 2010~GRAVITY~ [DVD]

posted with amazlet at 11.10.12
SONIC GROOVE (2011-05-25)
売り上げランキング: 645

■ メンバー
三浦大知(歌、ダンス)
大自然(DJ)
上條頌(ギター)
アキヒロ(ダンサー)
セカイ (ダンサー)
ヨシキ (ダンサー)
プリ (ダンサー)
ノッポ (ダンサー)
ショータ (ダンサー)
ミナミ (女性ダンサー)
■セットリスト 東京ドーム・シティー・ホール、2011年10月11日
show started 17:14
00. Intro [Video]
01. Drama
02. Hypnotized
03. Who’s The Man
04. 熱帯夜
05. Delete My Memories
06. Damn
07. Your Love
08. Run Way
09. The Answer
10. Ribbon In The Sky [Stevie Wonder] (with Sho Kamijo on guitar)
11. After The Rain
12. You & Me
13. Dance Number: a) Migel—“To The Moon”, b) Art VS Science—“Hollywood”, c) Musicsoulchild—“Lullaby”
14. Lullaby
15. Shine
16. 別れのベル
Enc. Inside Your Head
Enc.Turn Off The Light
Enc. Shout It
Enc. Touch Me
Enc. Shout It
(2011年10月10日月曜・祝、東京ドーム・シティー・ホール、三浦大知ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Miura, Daichi
2011-

This entry was posted in ライヴ評・レポート. Bookmark the permalink.

5 Responses to ◎三浦大知ライヴ~その進化と飛躍

  1. akiakkie says:

    SECRET: 0
    PASS:
    初めてコメントさせていただきます。
    三浦大知くんのファンです。
    3階バルコニー席までびっしり埋まった会場の
    眺めに思わず感激して泣いてしまいました。
    今回OSSHYさんと共に参加されたと伺っております。(OSSHYさんブログ情報)
    吉岡さんから、和製マイケルジャクソンという
    呼び名も大袈裟ではないというお言葉を頂けて
    ファンの一人として嬉しく思います。
    大知くんと同年代の息子を持つ私のような
    40代後半の女性まで虜にしてしまう大知くんの
    パフォーマンスは、幼い頃からの音楽やダンス
    にかける情熱と努力の結晶だと思います。
    それにプラス謙虚で素直な人柄が惹かれる要因になっています。
    一度知ってしまったら応援せずにはいられない
    存在です。
    生バンド&バックダンサーのライヴを実現させて
    欲しいという願いが近い将来叶う事を信じて
    これからも熱く応援していきたいです。
    先日の参加DJは、DJ大自然さんです。
    また、ダンサーのお一人はセカイさんです。
    ファンの皆さんが気になりツイートされて
    おりましたので、失礼ながら書き込ませて
    いただきました。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >akiakkieさん
    DJ名、ダンサー名、情報ありがとうございます。さっそく修正いたしました。

  3. akiakkie says:

    SECRET: 0
    PASS:
    >soul searcherさん
    早速のご対応に感謝致します。
    ありがとうございました。

  4. はる says:

    SECRET: 0
    PASS:
    Inside your head です…
    細かくてスミマセンm(__)m

  5. はく says:

    SECRET: 0
    PASS:
    私はZepp東京行って10月10日行きましたがたった数ヶ月で進化していてびっくりしました(^-^)v