◎ニューヨーク・ミニット・ライヴ

◎ニューヨーク・ミニット・ライヴ
【New York Minute Live】
ライヴ。
「ソウル・サーチン」でも大活躍のわれらがケイリブ・ジェームスの別ユニット、「ニューヨーク・ミニット」の2011年2月以来約7ヶ月ぶりのライヴ。3連休前ということもあってか、ほぼ満員。
これは、ケイリブとギターのカウボーイことディッキーが中心となったソウル・ファンク・バンド。今回は6人バンド編成。会場が彼らにとって初めての渋谷Jポップカフェ。
相変わらず、踊らせるファンク・バンドで、実にグルーヴ感が素晴らしい。2セットでバラードは、「エンド・オブ・ザ・ロード」、ゆったり系が「ザッツ・ザ・ウェイ・ラヴ・ゴーズ」くらいであとはすべて踊れる曲ばかり。ドラムス、ベース、ギター、キーボードらが醸し出すバンドサウンドが実に決まる。
日本でこれだけ正統派ファンク、ソウルができるバンドがいるってことがなかなかすごいことだと思う。ただ気をつけなければならないのが、ただのカヴァー・バンドになること。ディスコのハコバンド的な雰囲気にならないよう、しっかりとグループの個性を打ち出したいところ。まあ、いつでも何かしらオリジナリティーのあるアレンジを付け加え、自分を出すことに余念がないケイリブのことだから、間違いないのだが。
しかし、タイムの「ジャングル・ラヴ」を生演奏で聴けるなんてところが、こういうバンドの魅了だ。
今回器用にサックスとヴォーカルをこなしていた人物にどこかで会ったことあるなあ、と思ったら、なんと銀座のNBクラブで週一で歌っていたグレンだった。
ケイリブのジェームス・ブラウンのまねがけっこう似ていて、おもしろかった。芸達者だなあ。そして、MCにスムース・トークなカマサミ・コングがトークで盛り上げに一役かっていた。
いっそのことファースト、セカンド・セットともに、ノー・トーク、ノン・ストップで45分くらいやれたら、観客の熱気も大爆発すると思う。
ニューヨーク・ミニットは、2009年10月に初めてのライヴを行って以来、今回が通算8回目のライヴになる。次回以降、ブルース・アレイでやってもいいかもしれない。あるいは「ソウル・イヴェント」のゲスト・バンドとか。いろいろできるような気がする。
■ニューヨーク・ミニット・ライヴ履歴
01. 2009年10月15日(木)東京メインダイニング
02. 2009年11月26日(木)クロコダイル
03. 2010年1月22日(金) 東京メインダイニング
04. 2010年3月5日(金) 東京メインダイニング
05. 2010年5月7日(金) 東京メインダイニング
06. 2010年12月23日(祝・木)川崎ラチッタデラ(無料ライヴ)
07. 2011年2月10日(木) 東京メインダイニング
08. 2011年9月22日(木)渋谷・Jポップカフェ
■過去記事
2010年05月08日(土)
ニューヨーク・ミニット・ライヴ@シダックス・東京メインダイニング
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10528839092.html
2010年01月23日(土)
ニューヨーク・ミニット・ライヴ
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10440645707.html
■ ニューヨーク・ミニット・ウェッブ
http://www.newyorkminute.jp/index.html
■ メンバー
Kaleb James (Vocal / Keyboards)
The Cowboy (Dicky Fukuda)(guitar)
Lawrence Daniels (bass)
Jay-Stixx (Drums)
Glenn M. Ray (Vocal / Sax)
Anthony Johnson (keyboards)
■ セットリスト
Setlist : New York Minute @ J Pop Cafe, Shibuya, September 22,2011
[ ] denotes original artists
show started 19:39
01. Superstition [Stevie Wonder]
02. ~ What’s Going On [Marvin Gaye]
03. ~ Long Train Runnin [Doobie Brothers]
04. That’s The Way Love Goes [Janet Jackson]
05. The Groove Line [Heatwave]
06. ~ Word Up [Cameo]
07. ~Sex Machine [James Brown]
show ended 20:34
show started 21:08
00. MC: Kamasami Kong
01. My Prerogative [Bobby Brown]
02. ~ Single Life [Cameo]~ a riff of I Love Music [O’Jays]
03. End Of The Road [Boys II Men]
04. Shine On [George Duke]
05. Got To Be Enough [Con Funk Shun]
06. Jungle Love [Time]
Enc. Play That Funky Music [Wild Cherry] ~ a riff of Purple Haze [Jimi Hendrix]
Show ended 22:07
(2011年9月22日木曜、渋谷Jポップカフェ、ニューヨーク・ミニット・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>New York Minute
2011-

This entry was posted in ライヴ評・レポート. Bookmark the permalink.

Comments are closed.