◎ インコグニート、6ヶ月ぶりの来日

◎ インコグニート、6ヶ月ぶりの来日
【Incognito: First in Six Months】
再度。
今年の2月にやってきたばかりの人気グループ、インコグニートが2日間だけ東京ブルーノートでライヴを行った。
2月のときと少しメンバーが代わっていたが、基本的には、リーダー、ブルーイが指揮を執るだけあって、インコグニートのサウンド。今回は前回来日時にレコーディングした東日本大震災向けチャリティー・ソング「ラヴ・ウィル・ファインド・アウェイ」を最後にもってきて、盛り上げた。
初日には、最後の「ラヴ・ウィル…」で小沼ようすけがギターで入ったそうだ。
彼らのライヴを見ているといつも思うのが、日本でこのインコグやブラニュー・ヘヴィーズ的なグループってできないのか、ということ。彼らのように演奏もそこそこしっかりしていて、音楽的に地に足がついていて、それでエンタテインメント性もあるジャズ、ファンク・バンドというのは、日本では作れないのだろうか。いやあ、絶対作れると思う。
「リーチ・アウト」あたりでの、ホーン・セクション3人の振り付けっぷりも、いつ見てもおもしろい。絶対に3人であわず、リズム感もよくないが、どこかひょうきんな味わいがあって、憎めない。タワー・オブ・パワーのホーン・セクションの動きあたりを彷彿とさせる。
■ ベスト

オールウェイズ・ゼア:ベスト・オブ・インコグニート
インコグニート
ユニバーサル インターナショナル (2002-06-21)
売り上げランキング: 137262

■メンバー
ジャン・ポール“ブルーイ”モニック(ギター、ヴォーカル)Jean Paul “Bluey” Maunick(g,vo)
ヴァネッサ・ヘインズ(ヴォーカル)Vanessa Haynes(vo)
ロレイン・ケイト-プライス(ヴォーカル)Lorraine Cato-Price(vo)
モー・ブランディス(ヴォーカル)Mo Brandis(vo)
シッド・ゴウルド(トランペット)Sid Gauld(tp)
トレヴァー・マイアース(トロンボーン)Trevor Mires(tb)
ジェイミー・アンダーソン(サックス)Jamie Anderson(sax)
マット・クーパー(キーボード)Matt Cooper(key)
フランシス・ヒルトン(ベース)Francis Hilton(b)
ピート・レイ・ビギン(ドラムス)Pete Ray Biggin(ds)
■セットリスト
setlist: Incognito at Bluenote Tokyo, August 31, 2011
show started 21:44
01. Parisienne Girl
02. Roots
03. 1975
04. As
05. Always There
06. Nights Over Egypt
07. Expresso Madureira
08. Still A Friend Of Mine
09. Colibri
10. Reach Out
11. Everyday
12. Love Will Find A Way
CD One Love (Bob Marley & Wailers)
Show ended 23:08
(2011年8月31日水曜、ブルーノート東京、インコグニート・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Incognito

This entry was posted in ライヴ評・レポート. Bookmark the permalink.

2 Responses to ◎ インコグニート、6ヶ月ぶりの来日

  1. napo@M says:

    SECRET: 0
    PASS:
    3日に東京ジャズ(国際フォーラム)に行ってきました。
    生インコグニートは初でした。
    ブルーイのサイン入りCDを購入しました。
    日本の震災を本当に強く支援してくれているんですね。
    セットリストは個人的に聴いてない曲も多かったので、ブルーノートのライブの方が興味湧きました。
    実は今バンドをやっていて、アシッドジャズ、ソウル系をコピーしています。Incognito 、Brand New Heaviesなどやっています。
    グルーヴが課題でなかなか体に馴染んできません。
    ブラック系特有のあのグルーヴ感は、農耕民族の日本人ではなかなか難しいかもしれません。始めて期間も短いので、慣れもあるとは思いますが。
    楽しんでやっています。

  2. REOxxx says:

    SECRET: 0
    PASS:
    インコ愛してます!