☆○ マイケル・ジャクソン・トリビュート・ライヴ~出演者徐々に決まる

☆○ マイケル・ジャクソン・トリビュート・ライヴ~出演者徐々に決まる
【Michael Jackson Tribute Live】
ゲスト。
来る2011年10月8日にイギリス・ウェールズ・カーディフで行われる「マイケル・フォーエヴァー~トリビュート・コンサート」への出演ゲストが続々と決まっている。現在までのところ、スモーキー・ロビンソン、クリスティーナ・アギレラ、3T、クレイグ・デイヴィッド、レオナ・ルイス、シー・ロー・グリーンなどが決定。エイリアン・アント・ファームというグループは、マイケルの「スムース・クリミナル」をカヴァーしたことで出演する。その他、アレキサンドラ・バーク、ピクシー・ロット、JLSなども。まだ若干増えるような気配だ。サイーダ・ギャレットにもオファーが来ているが、まだ考慮中とのこと。また、音楽ディレクターを『バッド・ツアー』から『ヒストリー・ツアー』までヴォーカリストの一人として参加してきたケヴィン・ドーシーが務める予定と発表されている。また、マイケルの子供たち、パリス、プリンス、ブランケットらも参加する。
チケットは抽選で購買できる。2011年8月21日24時(ロンドン時間=日本時間25日午前9時)まで、このライヴ専用サイトに名前、メールアドレス、欲しい金額のチケット、その枚数などを登録すると、順に当選した場合、メールが来て、購入できるようになる。チケットの一番安いものは55ポンド、高いものは240ポンド。現在1ポンドは約126円~127円。6930円から30240円程度。
専用サイトは、こちら。
http://home.michaelforevertribute.com/artists.html
この中からTickets というところに進む。
ちなみに、先週、一度この出演者としてロック・グループ、キスの名前が発表されたが、キスのジーン・シモンズはかつてマイケルに対して中傷発言をしていたため、ファンから大反発され、結局、出演はキャンセルされた。
今回のイヴェントは、マイケルの母親キャサリンが認めているもので、ジャッキー、ティト、マーロン、ラトーヤが参加。しかし、ジャーメインとランディーは不参加。また、マイケルの遺産を管理しているマイケル・ジャクソン・エステートは関係していない。
しかし、先週エステート側はこのイヴェント主催者に、いくつかの質問書を送った。エステート側が疑問視しているのは、今回のチケット購入に寄付が強要されているのではないか、という点や「発表されたアーティストの50%以上が出演した場合、チケットは払い戻さない」という点。たとえば、今回クリスティーナ・アギレラ目当てでチケットを買ったファンが、彼女が何らかの理由で出演できなくなっても、彼女一人のキャンセルだと、チケットは払い戻さない、ということになるのではないか、という疑問だ。主催者側は、寄付の有無でチケットの入手優先度合いは変わらないとしている。
開催まではまだまだ紆余曲折がありそうだ。
MICHAEL JACKSON>Tribute Concert

This entry was posted in マイケル・ジャクソン関連. Bookmark the permalink.

Comments are closed.