★深町純さん、最期の朝

★深町純さん、最期の朝
【The Last Morning Of Fukamachi Jun : A Letter From Mrs. Fukamachi Jun】
メール。
2010年11月22日急死したピアニスト、深町純さん。その奥様からご丁寧なメールをいただいた。そこには、純さんと奥様との最期の朝のやりとりが書かれていた。大変、胸を打たれたので、許可を得て、その一部をご紹介したい。
深町さんが急逝されて半年。奥様はなかなか深町さんに関する記事など、目を通せなかったが、メールを送られてきた前日に僕のブログを読んで、メールをくださった。
彼女は、僕の次の文章に打たれたそうだ。
~~ 彼は昨日の夜、「僕の人生は素晴らしい人生だった」と言えただろうか。言えたと僕は信じている。 ~~
奥様が読まれた記事全文はこちら↓。
2010年11月24日(水)
ピアニスト深町純氏急死
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10716152876.html
そして、奥様からのメール(一部)は次の通り。
~~~~~
余談ですが、心情的に、この半年近く純さんに関する記事など、なかなかネットにも目を通す事が出来なかったのですが、昨日、吉岡さんの11月に書かれたブログを読ませて頂きました。
純さんの最期に「僕の人生は素晴らしい人生だった」と彼は言えたと信じている…と書かれたのを読んだとき、思わず涙がこぼれました。
最期の朝、私が仕事に出かける時に、何かの話の流れで、
「音楽家で生涯生き切るなんて恵まれた生き方だね」と言いました。
「この音楽界の中で仕事をするには恵まれているとは思わないけど、
でも、もちろん僕は僕の音楽に誇りを持っているし、仕合せな人生を生きているよ、それは良い人生だと思う」と言いました。
そして「僕は音楽家だ」
そう言って、身体を起こし爪をバチバチと切りました。
その後、ピアノに向かったのが最期でした。
身体の調子が悪い自分が許せず、音楽家だ、僕は音楽をしなければいけないと、奮起して常に自分が在るべき場所に立ち向かった姿でした。
猫のように死に際も見せず、その生き様どおり、潔く旅立ちましたが、ピアノの下に真っ直ぐに倒れたその後ろ姿は、本当に立派な最期の生き様でした。
最期に、深町純は、「良い人生だった」素晴らしい人生だった、吉岡さんの信じているとおりに、彼がそう確信した事は事実です。
それだけを、吉岡さんにお伝えしたく、長々と心情を書きまして失礼しました。
吉岡さんにこのメールを書こうとおもったのは、深町純からのメッセージかも知れないと、そんな事を思いながら、送らせて頂きます。
ご報告まで。
~~~~~
↑メール、ここまで。
とても清々しい文章です。「猫のように死に際も見せず…」。深町さんは猫が大好きだった。よく「うちの猫は、(自分の)音楽を聴いてくれない」とこぼしていたのを思い出す。それにしても、もう半年以上経ったのか。
■ 過去関連記事
2010年11月25日(木)
ピアニスト 深町純さん急死 (パート2)~これまでに書いたもの一覧
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10716970858.html
2010年11月29日(月)
深町純キーボードパーティー第119回~主なきパーティー
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10720889599.html
OBITUARY>Fukamachi, Jun
ARTIST>Fukamachi, Jun

This entry was posted in アーティスト関連. Bookmark the permalink.

3 Responses to ★深町純さん、最期の朝

  1. SOUL SISTER says:

    SECRET: 0
    PASS:
    いつもブログを拝見して、大阪に来たミュージッシャンに『音楽評論家の方が、あなたの
    事を、このように書いて誉めていたわよ』と自分で感じたことも含めて訳して伝えています。彼らには、かなり反応が良くて。
    私の知り合い、KOOL& THE GANGの、チャールズ・スミス。ドラマティツクスのロン・バンクス& レニー・メイズ。ハイリズムで有名な、マーボン・ティニー・ホッジスが関西に来た時に一緒に演奏した、忌野清志郎さん、2日間ライブを見に行き、打ち上げにも参加しました。他にもいますが、私が会った人々が、亡くなる事が多くなりまして。彼らが記憶の中でしか対面出来なくなりました。写真をみたら、同時の事がうかびます。ざわめきも伝わってきますよ!すごく好きな音楽が、KOOL& THE GANGの『サマーマッドネス』。でも、ライブではかなり長い間聴いてなくて。メンバーに会ったら伝えているのですが。演奏してくれなくて。いつもアップテンポの音楽だけで終わります。長い文章になりまして、すいません。
    チャールズ・スミスが痩せた姿で、来日して、それが彼らを見た最後でした。ジョージ・ブラウンに『チャールズの具合が悪いのかな?』『病院から出て日本に来たんだよ!』最後に演奏する姿を見せに来日したのでした。今頃のシーズン、2006年に彼が亡くなり、DAZZ BANDで来日した、SKIP・MARTINと電話で話しをしていて二人で泣いた事がありました。それで『サマーマッドネス』が好きな曲になっています。KOOLの曲の中で、一番KOOLらしくて。
    音楽は永遠に残ります。思い出も残ります。
    まとまらなくて。
    ミュージッシャンは、レコードの中で永遠に存在するから、素晴らしいと思ってますよ!

  2. Gilles says:

    SECRET: 0
    PASS:
    何も書けませんでした。
    深町さんのファンなので何か書きたかったです。
    しかし、書いたらいけないように感じましたがコメントを書きました。

  3. R-38 says:

    SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして。
    もう半年も経つのですね・・。
    ブログの関連部分を目を真っ赤にしながら、
    読ませていただきました。
    以前、深町さんが西行の歌を好んでおられ、
    「願わくは花の下にて春死なむ・・・・」に
    憧れておられるようなことを、どこかで読みましたが
    実は少し私は違和感を持っておりました。結局それは、
    彼の場合、ピアノだったわけで、しかも、その日は
    なんと いい夫婦の日!ハンドルネームがcisum つまり、
    music を反対から書く程、ひねくれて音楽を愛して
    おられた彼らしい奥様への愛情を、たまたまの偶然
    とは思えない程、勝手に感じ入っておりました。
    本当に深町さんらしい最期だったと思います。
    遺作集のCDが出ることを期待しています。
    またお店に行きます。