○フィリップ・ウー、自身の歴史を総括するライヴ、誕生日に~ツアー秘話、レコーディング秘話なども披

○フィリップ・ウー、自身の歴史を総括するライヴ、誕生日に~ツアー秘話、レコーディング秘話なども披露
【Philip Woo Celebrates 40th Anniversary Of Music Industry: Gig For History Of Philip Woo】
総括。
ファンキーなキーボード奏者、フィリップ・ウーがこれまでの自身のキャリアを振り返る「フィリップ・ウー・ルーツ・ストーリー」と題したライヴを、今年の誕生日(6月29日)に行う。
フィリップは、「ソウル・サーチン」でも大活躍しているが、最近では久保田利伸、エグザイルなどのライヴやレコーディングでも活躍。ソウルフルなキーボード奏者として日本の音楽界でも引っ張りだこ。5月にブルーノートで行われたチャリティー・ライヴは大盛況となった。
そんな彼のキャリアは、彼が10代の頃、地元シアトルにやってきたロイ・エヤーズのステージに上げられたことから始まった。音楽に興味を持ち始めてから40周年ということで、今回はフィリップが子供の頃影響を受けた楽曲から、アメリカの音楽業界でバックミュージシャンとして活動をするようになり、そのバックを務めたアーティスト作品を振り返るというもの。
フィリップによれば、8歳の頃聞いたビートルズの「マネー」(オリジナルはモータウンのバレット・ストロング)、アニマルズの「ドント・レット・ミー・ビー・ミスアンダースタンド」、フィリップ13歳のときにプレイしたというダニー・ハザウェイの「ゲットー」などを皮切りに、「アシュフォード&シンプソン・セクション」(「ユー・アー・オール・アイ・ニード・トゥ・ゲット・バイ」「アイム・エヴリ・ウーマン」など)、パティー・ラベル、フィリス・ハイマン、LTD(ジェフリー・オズボーン)、グローヴァー・ワシントン・ジュニア、シンディー・ロウパーなどまで多数の曲を演奏する。
今回特筆に価するのが、これまで決して自身のライヴでは演奏しなかったメイズの楽曲を演奏する点。長くメイズに在籍してきたフィリップは、日本でも「メイズのフィリップ・ウー」として知られているが、「どうしても、メイズのグルーヴ、音は出せないのでやれなかった。だけど、今回は40周年ということで特別にやることにした」という。彼が今、考えているのが、「ジョイ&ペイン」「ビフォー・アイ・レット・ゴー」などの、フィリップ自身のソロ・プレイが大々的にフィーチャーされている楽曲だ。
そして、そうしたアーティストたちとのライヴ・ツアー秘話、レコーディング秘話などもたっぷり聞かせてくれるそうだ。
いずれにせよ、前月のブルーノートでのライヴも素晴らしかったが、今回のライヴも選曲と話がかなりよさそうで、フィリップ・ファンは必見だ。
+++++
フィリップ・ウーは、今週末アップされるメットポッドでこのライヴについて話すほか、ブルース・アレイのホームページでプロモ・ヴィデオを近くアップする。
+++++
ライヴ詳細
Philip Woo “Roots Story”
~音楽活動40周年記念&Birthday Live!~
日時 2011年6月29日(水)開演19時半~(2回、入れ替えなし)
会場 目黒ブルース・アレイhttp://www.bluesalley.co.jp/
住所  〒153-0063 東京都目黒区目黒1-3-14 電話番号03-5496-4381
ホテルウィング・インターナショナル目黒B1F
予約ページ http://www.bluesalley.co.jp/schedule/live.html
(ここで6月29日のところへ)
予約専用電話 03-5740-6041【電話予約受付時間】月~土午後12時~20時
公演当日のお問合せ 03-5496-4381(店頭)
チケット代 前売券 テーブル席(指定)\4,500当日券は\500UP(各税込)このほかにテーブルチャージ(525円)がかかります
メンバー:
(Pf/HAMMOND B-3/Fender Rhodes/Key)Philip Woo (G)マサ小浜
(Ds)Jay Stixx (Vo)Brenda Vaughn、Ashton Moore (B)Cliff Archer
■ フィリップ・ウー本人のページ
http://blog.goo.ne.jp/philipwoo/
■ フィリップ・ウー関連過去記事 (このほかに「ソウル・サーチン」イヴェントのライヴ評などが膨大な量あります)
2011年05月14日(土)
ドクター・フィリップ・ウー~ブルーノートをファンキー・ジョイントに(パート1)
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10890040428.html
先月行われた2時間超のブルーノート東京におけるライヴの模様
(2010年)
2010年08月05日(木)
フィリップ・ウー&フレンズ・ライヴ(パート1): 東京ナンバーワン・ソウルフル・ナイト 
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10610344511.html
2010年08月06日(金)
フィリップ・ウー&フレンズ・ライヴ(パート2): ケーブルテレビを無料で見る方法
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10610466616.html
(2009年)
2009年10月10日(土)
フィリップ・ウー、メイズについて語る
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10361274843.html
2009年09月12日(土)
フィリップ・ウー・ライヴ: フィリップとブレンダのマイケル
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10340423746.html
(『ソウル・サーチン』は、日本で一番フィリップ・ウーの記事が読めるウェッブサイトです)
May 02, 2009
フィリップ・ウー・ライヴ(パート1)~東京1ソウルなバンド
http://ameblo.jp/soulsearchin/day-20090502.html
(ブルース・アレイ・ライヴ評)
May 05, 2009
フィリップはハモンド・オルガンが大好き
http://ameblo.jp/soulsearchin/day-20090505.html
(ブルース・アレイ・ライヴ評)
(2008年)
March 07, 2008
フィリップ・ウー・ライヴ
http://ameblo.jp/soulsearchin/day-20080307.html
March 29, 2008
フィリップ・ウー&ブレンダ・ヴォーン@コットン・クラブ
テーマ:ブログ
http://ameblo.jp/soulsearchin/day-20080329.html
October 11, 2008
フィリップ・ウー・セッション
http://ameblo.jp/soulsearchin/day-20081011.html
(2007年以前)
November 10, 2007
Philip Woo With Maxyan: Philip Dedicates Show To His Father
http://ameblo.jp/soulsearchin/day-20071110.html
October 02, 2007
Philip Woo Live At Blues Alley
【フィリップ・ウー・ライヴ】
http://ameblo.jp/soulsearchin/day-20071002.html
June 06, 2007
Philip Woo: A Tribute To Billy Preston Live
【フィリップ・ウー、ビリー・プレストンへ捧げる】
http://ameblo.jp/soulsearchin/day-20070606.html
June 04, 2007
Philip Woo Promotes His Own Gig
http://ameblo.jp/soulsearchin/day-20070604.html
May 24, 2007
Philip Woo’s Billy Preston Tribute Again; Jino’s Funky Gig Will Be On Next Week
http://ameblo.jp/soulsearchin/day-20070524.html
May 23, 2007
Philip & Hank, Yuri Kamino : Mind To Mind Communication
http://ameblo.jp/soulsearchin/day-20070523.html
April 04, 2007
Philip Woo: Tribute To Billy Preston (Part 1)
http://ameblo.jp/soulsearchin/day-20070404.html
April 05, 2007
Philip Woo: Tribute To Billy Preston (Part 2)
http://ameblo.jp/soulsearchin/day-20070405.html
February 16, 2007
Philip Woo & Friends @ Cha Cha House
http://blog.soulsearchin.com/archives/2007_02_16.html
(ここにさらにフィリップ関連過去記事一覧があります)
ENT>ANNOUNCEMENT>Woo, Philip
ARTIST>Woo, Philip
+++++
.

This entry was posted in 告知関連. Bookmark the permalink.

Comments are closed.