●洋楽DJ,音楽評論家・八木誠さん、死去

●洋楽DJ,音楽評論家・八木誠さん、死去
【Yagi Makoto Dies At 65】
訃報
洋楽DJであり音楽評論家として数多くの作品を日本の洋楽シーンに紹介してきた八木誠さんが、2011年6月5日(日)死去した。65歳だった。
八木さんは、1945年(昭和20年)10月3日神奈川県生まれ。1960年代後期から海外のポップスをラジオや雑誌などで紹介、洋楽DJとして、また洋楽の音楽評論家として多くの足跡を残した。特にTBSラジオでの『ホリデイ・イン・ポップス』(日曜午後)、あるいは、『パック・イン・ミュージック』、FM東京などで活躍した。ラジオDJとしては、関西方面のラジオ局だそうだが、まもなく東京でレギュラーを持つようになった。曲のイントロに乗せた軽快なDJスタイルが、当時斬新だった。
1986年1月から文化放送で「オール・ジャパン・トップ20」~「全国ポピュラー・ベスト10」という洋楽チャート番組がスタート。これは2006年4月まで続いた。
ライナーノーツや、音楽誌への執筆も多数。
2009年2月に小学館から『洋楽ヒットチャート大事典』というヒット曲にまつわる書籍を上梓。そのお披露目パーティーを同年4月、六本木のローリング・ストーン・カフェで行った。このときの登場が公の姿としては最後のものとなったらしい。
ただし、その後、同年6月4日深夜に東京FMの『デイブレイク』に出演して元気な声を聴かせている。
■洋楽ヒットチャート大事典
$吉岡正晴のソウル・サーチン-八木誠本

洋楽ヒットチャート大事典
洋楽ヒットチャート大事典

posted with amazlet at 11.06.09
八木 誠
小学館
売り上げランキング: 25128

+++++
八木さん色。
2011年6月7日の夜11時くらいに、越谷さんから電話をいただき、八木さんの訃報を知った。
八木さんと初めてお会いしたのが、ムゲンだったか、他の場所だったか、正確には覚えていない。ジョージか、六本木のベニルイだったか。あるいは、銀座コアビルか渋谷ヤマハで行われていたDJショーだったか。ただ「ソウル・オン」誌の集いが赤坂ムゲンで行われたときは、行った記憶がある。
僕がものすごくよく覚えているのが、TBSラジオの『ホリデイ・イン・ポップス』と『パック・イン・ミュージック』で軽快なDJをされていた八木さんだ。しかし、調べると『パック』は1969年4月から1970年3月までのわずか1年だけだった。ということは、そのとき、きっと毎週聴いていたのかもしれない。どちらも声優の若山弦蔵さんとのコンビだった。そして、その後に始まる『ホリデイ』では、洋楽チャートを紹介していた。これは、のちに『ポップス・ベスト10』に独立する、というか、引き継がれたと記憶する。『パック』時代には、洋楽曲の邦題を付けることなどもやっていた。ホセ・フェリシアーノの「雨のささやき(rain)」など、八木さんが付けたという。当時は、FEN以外は、AMラジオ局の洋楽チャート番組がほとんどすべてのような感じだったので、毎週かじりついて聴いていた。そして、そうしたチャート番組は1972年10月ラジオ関東でスタートする湯川れい子さんの『アメリカン・トップ40』につながっていく。
八木さんが、好きなタイプの洋楽というのはあるもので、八木さんと言えば、僕にはグラス・ルーツ、スリー・ドッグナイト、ハミルトン・ジョー・フランク&レイノルズなどのダンヒル・サウンド、CCR、キンクス、そしてスタックス、モータウンなどのソウルものという印象がある。八木さんがヒットさせたと言っても過言ではない洋楽ヒットも多数ある。ショッキング・ブルーの「ヴィーナス」とか、クリスティーの「イエロー・リヴァー」とか、メアリー・ホプキン、ボビー・シャーマンあたりも八木さん色が僕には強い。
僕からすれば大先輩なのに、いつも気軽に声をかけていただいた。ただ、最近はコンサートなどでお会いすることもほとんどなかった。
八木さんが目黒に住んでらっしゃった頃、何度か目黒のマンションにおじゃましたことがある。僕は五反田なので、とてもうちから近かった。最近は埼玉のほうに住んでおられたので、年賀状の行き来くらいになってしまった。
ご冥福をお祈りしたい。
+++++
大阪在住の音楽評論家、上柴とおるさんが、八木さんとの思い出を書かれている。
八木誠さんの思い出。。。
2011年6月8日(水) 3時39分更新 – 追悼。。。
http://www.clinck.co.jp/merurido/_friends/00012/msg_dtl.php?ky=00012-1307470506
(訂正)八木さんの死去日を6月4日とお伝えしていましたが、正しくは5日とのこと。越谷さんからご連絡をいただきましたので、訂正してお詫びいたします。
OBITUARY>Yagi, Makoto>October 3, 1945 – June 5, 2011, 65 Years-old

This entry was posted in 訃報関連. Bookmark the permalink.

2 Responses to ●洋楽DJ,音楽評論家・八木誠さん、死去

  1. 下町のキャバリエ says:

    SECRET: 0
    PASS:
    八木誠さんの訃報に強いショックを受けています。 洋楽に深くハマッていった頃、私に素晴らしいPOPSを教えてくれたDJの皆さんの中でも、八木誠さんは別格の存在でした。
    『ホリディ・イン・ポップス』(当初は、山室直子さんとのコンビでスタートしました)、『パック・イン・ミュージック』と八木誠さんの番組は全てフォローしていたものでした。
    50代半ばの今まで夢中で音楽を追い続けて来られた事、そしてこれからも聴き続けていく事、その原点に八木誠さんが居ます。正に私の『音楽の恩人』です。 八木さん、本当にありがとうございました。
    ご冥福をお祈り致します。

  2. サザン・ウィンズKT says:

    SECRET: 0
    PASS:
    10代の頃、洋楽が好きになったきっかけは、ヤギチャンのラジオ番組でした。それからアメリカンポップス(特にグラスルーツやスリードッグナイト)が大好きになりました。そして、ソウルミュージックを教えて頂いたのも、ヤギチャンでした。それからずっと変わらず洋楽ファンソウルファンです・・・ファンにも、いつも優しく、暖かく接してくださった八木ちゃんが、今でも忘れられません。どうぞ、安らかに・・・ご冥福をお祈りします・・・