◎ トクズ・ラウンジ~マイルスとヒップホップな夜

◎トクズ・ラウンジ~マイルスとヒップホップな夜
【Toku’s Lounge: Jazz And More~ Miles Meets Hip Hop】
ヒップホップ。
5月26日はジャズ・ジャイアント、マイルス・デイヴィスの命日。本当は5月25日の深夜にやりたかったのだが、メンバーのスケジュールなどのために、一日早くマイルス・トリビュート。
若手ミュージシャンたちが月1回深夜に集まり、自由気ままにジャム・セッションを繰り広げる「トクズ・ラウンジ」。ジャズ・ミュージシャン/トランペット/フルーゲルホーン奏者、トクが主催する西麻布深夜の大人のためのエンターテインメントだ。
毎年5月末のこの時期は、マイルスの命日にあわせて、全曲マイルスしばりでジャム・セッション。
マイルス楽曲に力があるのか、マイルス楽曲ゆえにミュージシャンが「火事場のバカ力」を出すのか、いつになく熱いセッションが繰り広げられる。まさに「音の洪水」「音のシャワー」を存分に浴びることができる。
この日、驚いたのはセカンドセットに日本を代表するラッパーたちが飛び入りしたこと。ジーブラとトクは前々から仲良く、コラボレーションもしているが、この日は彼が友人のラッパー仲間を引き連れて、ステージにあがった。参加したのは、スポンテニアのタランチュラ、デフテックのマイクロ、テリヤキボーイズのワイズら。マイルス・デイヴィス楽曲とラップが実にはまる。ジャズ・ミュージシャン、トクとラッパーたちの融合は、素晴らしい。前回はヴォイス・パーカッションとのコラボを見せたが、シンガー、ミュージシャンだけでなく、ラッパーまでも飛び入り歓迎なのだから、トクの懐は広い。
吉岡正晴のソウル・サーチン吉岡正晴のソウル・サーチン
■ 過去関連記事
2011年03月22日(火)
深夜のジャム・セッション~軽音部、トクズ・ラウンジ・スペシャル
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10837098296.html
2010年10月28日(木)
ミッドナイト・カンヴァー・セッション 「トクズ・ラウンジ」
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10689147109.html
2010年09月16日(木)
トクズ・ラウンジ
http://ameblo.jp/soulsearchin/day-20100916.html
(過去記事一覧も)
■メンバー(順不同)
TOKU
石渡じゅん ドラムス
ジン JIN
荻原亮 ギター
後藤克臣 ベース
ジョーセイ キーボード
タカヤ キーボード
タカ ヴォーカル&トランペット
グレース・マヤ ヴォーカル
モリヤミユキ サックス
マツモト (パーカッション)
ナガ(パーカッション)
イッセイ (パーカッション)
ジーブラZeebra (ラップ)
タランチュラ (スポンテニア)(ラップ)
マイクロ(デフテック) (ヴォーカル・ラップ)
ワイズ(テリヤキボーイズ)(ラップ)
■セットリスト トクズ・ラウンジ、2011年5月24日深夜、西麻布トクズ・ラウンジ
Setlist : Toku’s Lounge
1st set
Show started 12:45
01. Stella by Starlights
02. Footprints
03. All Blues
04. My Funny Valentine
05. Fever (Grace Maya)
06. 81
show ended 2:15
2nd set
show started 3:01
01. Milestone
02. Doo Bop Song (Zeebra, Micro, Tarantula, Wize)
03. One Phone Call
Show ended 4:02
(2011年5月24日火曜深夜、西麻布トクズ・ラウンジ、ジャム・セッション)
ENT>MUSIC>LIVE>Toku’s Lounge
2011-69

This entry was posted in ライヴ評・レポート. Bookmark the permalink.

Comments are closed.