Sara Vaughan: The Divine One

神。

サラ・ヴォーンの愛称は、「ザ・ディヴァイン・ワン」。神唯一の、とか、神の人、といった意味でしょうか。

今日の『ヤマノ・ミュージック・ジャム』は、サラ・ヴォーンを特集します。彼女が歌う「枯葉」なんか、まったく驚きです。1940年代から死去する90年まで、彼女はビリー・ホリディ、エラ・フィッツジェラルドなどと並んで、戦後のポピュラー・シーンでもっとも人気を得たシンガーです。

日本でも「ラヴァーズ・コンチェルト」なんかがポップに大ヒットし、人気が高いですね。じっくりご紹介しますので、お楽しみに。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Comments are closed.