★ナイル・ロジャーズ、ミュージカル『ダブル・タイム』に挑戦

★ナイル・ロジャーズ、ミュージカル『ダブル・タイム』に挑戦
【Nile Rodgers Concentrate On Musical “Double Time”】
チャレンジ。
シックのナイル・ロジャーズが現在、ミュージカル『ダブル・タイム』の製作に集中している。これはここ数年構想を得て、いよいよ実現に向けてステップを歩んでいるもの。ほぼ台本と楽曲は出来上がり、あとは詳細を煮詰め、ブロードウェイにかけられるような資金を集め、キャスティングする段階まで来ている。その第一歩として、2011年5月14日午後1時半からアラバマ州モンゴメリーのアラバマ・シェークスピア・フェスティヴァル(会場名も同名)で朗読公開される。
『ダブル・タイム』の脚本を書いているのは、これまでにもいくつかミュージカル台本をてがけているジョン・ウォルチ。音楽をナイル・ロジャーズが担当する。
アラバマ・シェークスピア・フェスティヴァルは毎年5月に同会場で3日間にわたって行われる演劇、ミュージカルなどのイヴェント。新劇の南部作家フェスティヴァルの一環で5月13日から15日まで行われる。
『ダブル・タイム』は、最初の黒人ブロードウェイ・パフォーマーとしてスーパースターとなったアラバマ出身のレオナード・ハーパーの人生と時代を描く音楽コメディーを書こうとする白人の脚本家の物語。白人が黒人を描こうとするがゆえにさまざまな葛藤と、問題が生まれる。誰も、この作家を手助けしようとしないが、最終的にハーパーがその作家に手を差し伸べる。そうした紆余曲折を脚本の中にストーリーとして描いているという。
南部作家プロジェクトは1991年に南部出身の作家を育成する目的で設立された。
この『ダブル・タイム』用の楽曲「スタート・アゲインStart Again」が次のサイトで試聴できる。
http://www.reverbnation.com/doubletimethemusical
アラバマ・シェークスピア・フェスティヴァル
www.southernwritersproject.net
★ ナイル・ロジャーズ、5月29日再来日
ナイル・ロジャーズが2011年5月29日再来日し、東京ブルーノートで1夜(2ステージ)だけのライヴを行う。ナイルによれば、もしチケットがすぐ売れきれたりしたら、もう一日追加するかもしれない、と言う。これは前日、マカオでライヴがあり、本来だったらそのままニューヨークに戻る予定だったが、東京は通り道でもあるので、どうせなら、東京に立ち寄って一日だけライヴをしていこうという話が持ち上がって実現したもの。バンドは翌日帰国するが、ナイルはしばらく残り、仙台などに行き、同地のストリート・ミュージシャンとジャム・セッションをしたい意向を持っている。29日はもともとレデシーのライヴの予定が入っていたが、震災のために、来日をキャンセルして、日程が空いていた。
http://www.bluenote.co.jp/jp/whatsnew/#002301
ジャム・セッション会員予約受付開始日:2011年4月26日火曜から
一般予約受付開始日:4月29日金曜から
電話番号03-5485-0088 (午前11時~午後11時、日曜・休日~午後9時)

エヴリバディ・ダンス!
エヴリバディ・ダンス!
posted with amazlet at 11.04.25
オムニバス ナイル・ロジャース シック
ワーナーミュージック・ジャパン (2011-04-06)
売り上げランキング: 1385

ENT>MUSIC>ARTIST>Rodgers, Nile

This entry was posted in アーティスト関連. Bookmark the permalink.

Comments are closed.